カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

パブロフの猫

カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

ロシアの生物学者・パブロフ博士の「パブロフの犬」をご存知でしょうか?犬に餌を与える前にベルを鳴らしていたら、やがてベルを鳴らしただけで、犬が唾液を垂らすようになったという、あの有名な心理学実験。当おき研にも、そんなパブロフの犬ならぬ、猫が在籍しております。

ことのはじまりは「無限ピーマン」でした。

昨年来、巷で流行の簡単オカズ。細切りピーマン、ツナ缶、スープの素を和え…(以下略)…という時短レシピです。

無限ピーマンを作る際、ツナ缶を少しだけ、猫の王太郎にお味見させていたら、やがてツナ缶を開くと、「呼んだ?」と台所に顔を出すように。そして今やツナ缶パッカン前、ピーマンを手にするだけで、お目目キラキラさせながら登場するパブロフくん状態。ちなみにツナはオイル漬けが好み。ノンオイルは猫またぎです。

(ペピイカタログ2018年秋冬号掲載)

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。