タイトル

6月26日
洗面所で用事を済ませ、リビングに戻ったら、ベランダのアミ戸…それもかなり上のほうにセミのように留まって、王太郎が外を見ていた(ホンの1~2分前まで床に寝そべって、まったりしていたのに)。
やっ、やめれ~!アミ戸が破ける~!!

記事1

記事2

7月4日
最近、王太郎のトイレまわりに微妙な湿り気を感じるときがある。
トイレ中の姿勢を観察したところ、なんとマサカの…
立ちション!?
以前はお行儀よくしゃがんでいたのに、去勢手術後1年過ぎて、なぜかオス化が進行中~? そんなこんなをここ数日、考えていたら、明け方、台所のガスコンロに飛び乗った王太郎がジョロジョロジョロジョロ~…
夢でした。ほっ。。。

7月11日
いつもダイダイを可愛がってくださる、実家のご近所のフジタさん(もちろんダイダイもフジタさんLOVE)が、ご自宅で採れた枝豆をくださった。
早速、茹でたてを家族でいただく。甘~い!美味し~い!お味見させたら、ダイダイも大喜び。ハイテンションで部屋中を跳びまわっては、テーブルに戻ってオネダリ(大好きなフジタさん作でオイシサMAX?)。
次にお会いしたらお礼を言わないとね。

記事3

記事4

7月12日
ダイダイと散歩中に出会うご近所さんは、季節によって顔ぶれが変わる。この時季は夕暮れどきがウォーキングタイムのタニモトさんとお会いする確率高し。
そんな予想通り、本日、タニモトさんと今年初遭遇!ダイダイ大喜びで転げるようにタニモトさんの元へ。2人と1匹でひさびさの再会を喜んでいたら、いつもダイダイが吠えてしまう別のご近所さんが通りかかり、不思議そうに言った。
「あら、珍しい。今日は吠えてないね?」
「そうよ、ダイダイちゃんは吠えないわよ。だって私と仲良しなんだもん」と嬉しそうにタニモトさん。「ダイダイちゃんが子犬の頃、はじめて会った日だって、遠ぉ~くから一目散に私に向かって走ってきて、コロッとお腹を出してくれたのよ♪」
「ふ~ん…」と別のご近所さん、興味なさそうに去って行った。
その間もずっと尻尾をグルグル、笑顔でうっとりタニモトさんを見上げていたダイダイ(人によって態度を変えたらダメじゃないか!笑)。

 

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
'14年生まれ。
すくすく
成長中。

ダイダイ

コッカプー/♀
’08年真夏生まれ。体重5.8kg。
イバりん坊でビビりん坊。
通称「ダイぽん」。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。