タイトル

10月17日

このところ首回りをパタパタ掻いている王太郎。モフモフの毛をより分けてより分けて地肌を見てみると、3ヶ所ほど、小さなカサブタを確認。ノミや糞は見当たらないし、何だろう?もしやアレルギー??
王太郎のブリーダーさん、獣医さんに聞いてみたところ、「ストレスによるアレルギー」と判明。え?ストレスって…「もっとお母さん(カンザワのこと)に甘えたいのに、甘え足りないから」ですとぉ!?(ガ〜ン)
たしかに今年は、ばあやん(母)の他界、じいやん(父)の見守り介護で、カンザワも自分があと2人欲しいくらいのバタバタつづき。それでも実家で健気にお留守番をしているダイダイに比べたら、王太郎は年がら年中、カンザワのお膝でゴロゴロ甘えているではないか。なのに、もっと甘えたかったとは!?
この甘ったれ体質、ブリーダーさんの説では、ノルウェージャン男子の特徴とのこと。「その程度のカサブタなら、充分に甘えさせれば治る」と、獣医さんからもアドバイスいただき、今日から急きょ「王太郎、甘やかすぞ大作戦」がはじまった。
それにしても、これ以上、どうやって?…というのが本音だけど(苦笑)。

11月2日

じいやん(カンザワ父)の老人ホーム入所以来、実家でお留守番していたダイダイを、先週後半からカンザワの住むマンションに連れてきていた。台風の通過、カンザワの外出など諸事情が重なり、ダイダイを少しでも近くで見守りたくて。
とはいえ、規則では犬不可なので、管理組合の了解を得て、数日間だけ。繊細な王太郎との同居は無理と判断し、同じフロアにある(カンザワ自宅から12歩)じいやんの仕事場がダイダイの宿泊ルームに。過去にも両親の旅行中などに何度も泊まった部屋だ。
おかげでここ数日、ダイダイと過ごす時間も多かったが、ダイダイ本犬的には自宅(実家)と違って落ち着かないのか、カンザワが部屋を出ようとするたび、寂しそうにキュンキュンと鼻を鳴らすからツラい…。同じお留守番でも、実家で鼻を鳴らすことはないので、やはりダイダイの心身が安定するのは、住み慣れた実家なのかも。
5泊6日のお泊まり期間を終え、日中、ダイダイを連れて実家へ。「ダイダイちゃんが帰ってきたー!」とご近所さんからも大歓迎を受け、ダイダイもハイテンションでジャンプ&地面コロコロ♪
「ダイダイちゃんは番犬体質。使命感をもってお留守番してるはず」と獣医さんからも言われた。ひとりぼっちで可哀想…などと、人間の勝手な感情で移動させるのは、ダイダイ的には大きなお世話?
ダイダイの生活拠点問題、今後も模索はつづく…。

11月12日

ダイダイと散歩して実家近くまで戻ってきたら、ノーリードのコーギー犬がヨロヨロ近づいてきて、犬見知りのダイダイと激しいバトルになった。な、何なの、このコーギー?
近くで心配そうにしていた中学生と思しき男子ふたりも、どこの犬か分からないと首を傾げている。
興奮したダイダイを家に入れたものの、コーギーのことも気になり外に出てみたら、先ほどの男子たちが走って呼びに来た。
「犬がヨダレ垂らして、道で倒れちゃいました~!」
ええ~っ?(こりゃ知らん顔できないぞ)
保健所やダイダイかかりつけの動物病院に電話してみても、日曜日でお休み。仕方なく道端で様子を見ることに。
近所に住んでいるという男子のひとりが、家からレタスを、カンザワもダイダイ用のフードを持ってきて与えたら、コーギー犬、むっくり起き上がってガツガツ。良かった、元気だ。ヨダレは空腹のせいだったのね(一瞬、狂犬病かと思った…汗)。
ご近所さんも出てきて、コーギーを囲み、みんなでお喋りしていたら、一旦、通り過ぎていった自転車が戻ってきて、乗っていた女性が「いたーー!」。顔面蒼白で愛犬を探していた飼い主さんだった。めでたしめでたし!!
コーギーくんは14歳のお爺さん。朝から何も食べずに、お庭で日向ぼっこしているうちにヨチヨチ脱走して迷子になったらしい。時間帯によっては交通量も多い舗道、昼間の明るいうちで良かった、夜だったら危なかったねと、一同、胸をなでおろした。
それにしても、第一発見者の男子たち、お手柄でした。中学のサッカー部で休日の練習帰りだったとか。自宅でもワンコを飼ってるそうだ。やっぱりね。コーギーくんへの接し方が優しくて甲斐甲斐しくて、オバサン(カンザワ)感動しました。犬好き男子、カッコイイぞ!
そして、すっかり元気になったコーギー爺も、よく見たら若々しいイケメンだった。もう脱走しないでね。笑。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。