タイトル

7月23日

昭和レトロデザインのCDラジオを買った。チューニングやボリューム調節の丸いつまみが特徴的。それをくるくる回していたら…
やはり見ていたか、「マネッコ大王」の異名を持つ王太郎。その出っ張ったつまみに興味津々。カンザワをマネして、くるくるしたいのか、オテテでチョイチョイとチョッカイが止まらない。スピーカーに貼られた布地を破くのではないかとヒヤヒヤ…。
こんなときは、あのお助けアイテム。王太郎の苦手な歯磨きペーストです。CDラジオ脇に1本置き、しつこく触りはじめたら、チューブの蓋を開け、匂いを嗅がせれば、マネッコ大王、一発で退散(笑)。
ひと部屋に1本…いや、コーナーに1本、歯磨きペーストは我が家の必需品です。

8月1日

お誕生日おめでとう! ダイダイ10歳になりました。
昨年から今年にかけて、同居していたばあやんとじいやん(カンザワ両親)が立てつづけに他界。実家のガードマン犬として、波乱の犬生を歩んでいるダイダイだが、獣医さんのアドバイスや実家近隣のダイダイ・ファン(?)の皆さまの支えで、元気に暮らしている。ありがたいことです!
特に実家近所に住むTさんには感謝しています。ダイダイが子犬のときから懐いている、可愛らしいお婆さまだ。ダイダイとカンザワのお散歩タイムを見計らってウォーキングに出てきてくださる。Tさんに会うたびキュンキュン甘えながら地面を転がりまわり、喜びを爆発させるダイダイに大笑い。そしてダイダイを真ん中に、3人川の字(?)になって語らいながら、女子会散歩がはじまる。
人間年齢に換算するとカンザワより年上になったダイダイ、亡き母より数歳お若いTさん、そしてカンザワ。女子会の平均年齢は…ヒミツです(笑)。

8月20日

ダイダイに会いに実家に行くと、ほぼ毎日のように、玄関前で兄宅の猫・ルッカが待機している。
しまった!今日はルッカちゃんのオヤツ、切らしてる。「ゴメンねゴメンね」とルッカに声をかけながら、まずはダイダイと散歩に出発。戻ってくると、まだ実家前にルッカ。実家内でダイダイと過ごし、ゴミ出しで外に出ると、まだルッカがいる。明らかにお腹をすかして。
まさか今朝、兄がゴハンあげるのを忘れたんじゃ…? 実家から数十歩の兄宅に不法侵入(?)。台所に行くと…な〜んだ、ルッカのゴハン、モリモリに盛ってあるじゃん〜。一緒にきたルッカも今さら気づいたかのように、ガツガツと食べはじめた。最初から自分のゴハン食べなさいよ(笑)。
兄宅も留守がちだし、ルッカも退屈なのかも。誰かに見守ってもらいながらゴハン食べたいのかもね。
身内の犬猫(3匹しかいないけど)甘ったれランキング。ダントツ1位は我が家の王太郎。2位は兄宅のルッカ。お留守番の長いダイダイが、いちばん自立しています。

8月23日

イラストで制作に関わった、ワンちゃん用の防災本『どんな災害でもイヌといっしょ』の発売日。
監修は熊本の獣医師・徳田竜之介先生。
徳田先生は東日本大震災後、人間とペットが同伴できる避難所の必要性を実感。すぐさま自身の動物病院を最大震度にも耐えうるペット同伴避難所に改築すべく着工。完成後にあの熊本大地震が発生!…という驚きの先見性の持ち主。熊本大地震後のリアルな現場レポートも掲載されている。
この本を制作中も大阪北部地震、西日本豪雨が発生し、今や災害大国となってしまった日本。人間の防災にも役立つこの本が、多くの人に届きますように。
イラスト描きながら、自分の防災意識の低さに反省しきりのカンザワでしたが(汗)。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。