役に立ったらシェア!

タイトル

7月28日

昨日からダイダイの様子がおかしい。食欲がないわけではないのに、自分からは食べない(カンザワが養ってあげると食べる)。あんなに大好きなボール遊びに誘っても無反応無表情。鬱っぽい?
皮膚アレルギー治療で飲み薬(抗生物質ほか)を服用して2週間余り経過。副作用?…でも今頃?
長梅雨のせいで、ここ数日は散歩もままならず、今日も大雨で動物病院にも行けない。明日も元気なかったら、獣医さんに相談しなければ…

7月13日

今日も雨。相変わらずボンヤリしているダイダイ。散歩に行けないので、何か目先の変わった室内遊びで活気づけなければ。
ふと部屋に転がってた音の鳴るボールを踏んでみる。ハッと反応するダイダイ(手応えあり?) よーし、それならばと部屋じゅうに有りったけのボールを散らばして、片っぱしから踏んでみた。 ピコッ!ピコピコッ♪ピヨッ!ピコッ♪
ボールの音をノリノリで追いかけるダイダイ、ガウガウと興奮しながら。
なんだ良かった。元気じゃん。やっぱり刺激が足りなかったのかも。
気がつけば雨が上がった様子、数日ぶりの散歩へ。昨日までの鬱っぽさはどこへやら、勢いよく駆け出すダイダイ。完全復活!?不味いお薬を飲まされ、散歩にも行けず、よほど不満が溜まっていたのかなぁ。

8月1日

ダイダイ12歳になりました!おめでとう!!
生まれてこのかた丈夫が取り柄で病院に縁がなかったダイダイも、皮膚アレル ギー治療中のお誕生日となりました。
3年前に立て続けに、それまで同居していたじいやん&ばあやん(カンザワ両親)が亡くなり、夜間はたった1匹、実家で番犬生活を送っているが、今回のアレルギーをきっかけに、ときどきカンザワ宅にお泊まりするようになった(犬出禁のマンションだけど、いちいち管理組合にお伺いすると反対されるのは必至なので、ひたすらコッッソリと)。
環境が変わると興奮して寝なくなるダイダイ(はしゃぎ過ぎて吐いてしまったことも。笑)だし、ダイダイが来ると納戸に隠れてフードも食べなくなってしまう繊細な王太郎なので、たまに1泊が限度だが、ペースはできつつある。
とはいえダイダイ自身、自分の自宅はあくまで実家と認識している様子。カンザワ宅から実家に向かうときの真っしぐらの爆走ときたら…(じいやん&ばあやんが家で待ってると思っているのかも。涙)。
世の中も新しい生活様式に移行中だけど、ダイダイ、王太郎、カンザワも自分たちの新しい生活様式を模索&試行錯誤中。

8月11日

ダイダイ、皮膚アレルギー発症から1ヶ月。カサブタも取れ、患部も安定してきたので、初の薬用シャンプーをすることになった。
普段お世話になっているトリマーさんのお名前をたまたま獣医さんに話したら、トリマーさんと獣医さんが古くからのツーカーの知り合いと判明。獣医さんが直にトリマーさんに指示を出してくださり、トントン拍子で薬用シャンプーへの運びとなった。ありがたや~。運がいいぞ、ダイダイ♪
今のところアレルギー部分が薄毛になっているけれど、「ダイダイは治りが早い」と獣医さん、「そんなにひどくないですよ」とトリマーさんも。梅雨明け以降、毎日散歩ができるようになり、ダイダイ自身も元気一杯。このまま順調に治りますように。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。