タイトル

8月31日

早朝、ゴトゴトと耳慣れない音で目覚める。
さては、また王太郎が何かヤラカシてるな?寝てはおられん! ショボショボ目で飛び起き、リビング、台所、洗面所、お風呂場、玄関、納戸…と、 王太郎の姿を探すが、どこにもいない。
ふと、仕事部屋の引き戸を見ると、8cmほどのスキマ。 そ~っと覗くと、びっくり顔の王太郎と目が合った。 「めっかっちゃった~!」と言わんばかりの真ん丸目。
何やってんの~!!
勢いよく引き戸を開けると、悲鳴をあげながら飛び出して行った。
仕事部屋は先代猫・ゲッペイ時代から、犬猫立入禁止地区。 ゲッペイの頃はペットゲートのみで侵入を防げたが、 王太郎が来て以来、引き戸も閉めて二重にガードしているのに、どうやって戸を開けたのか? しかも8cmのスキマから、どうやって侵入?
モフモフの幅広猫なのに、本体は意外とスリムなのか、王太郎よ。

パウなやつら10月-1
 

9月14日

深夜、出窓で寝ていた王太郎が突然ムックリ起き上がり、アゥ…アゥ…と鳴きながら毛玉吐きモードに。
この場合、想定されるのは、出窓から降りながら手前のソファに1発目をゲコッ! その後、ソファから降りながら、下のマットに2発目をゲコッ!…の図。
今まさに家じゅうの電気を消して、寝ようとしていたカンザワ、 ソファやマットにベッチョリ吐かれた毛玉を処理するエネルギーは残っていない。
そこで懇願。
「オーチャン、お願い。ソファやマットには吐かないで。(フローリングを指さし)ココ、床に吐いて!」
すると王太郎、するすると出窓から降り、ソファもマットもスルーして、床の上でゲコッ!ゲコッ!
感動。。。
我が家に来て丸2年。いまだにイタズラ百貨店は盛大に営業中の王太郎なれど、 カンザワの言葉は理解しているのね。モチロン褒めてやりました。褒めてやりましたとも。
それにしても、1回に必ず2発、毛玉を吐くのは何故?王太郎だけの現象?

パウなやつら10月-2
 

9月15日

今夜は中秋の名月。
あいにくの曇り空で月は見えないけれど、いただきものの月餅(本場中国の大判サイズ)を囲んで、実家にてデザートタイム。
なぜかカレーにも似た風味が広がり、ダイダイ大興奮。月餅を切り分ける包丁の至近距離まで顔が伸びてくる(危ない!)。 根負けして皮を少しだけあげたら、すっかり味をしめ、テーブルに散らばる月餅のカケラ(というよりカス)を舐め取ろうと、 舌をワイパーのように動かしている。
台ふき犬ダイダイの必死の形相に、家族で大笑い。

パウなやつら10月-3
 

9月16日

カンザワ実家近辺に泥棒出没の情報。近隣の住民に不安が広がっている。
こんなときこそ、実家が生活拠点のダイダイの出番!?
常日頃、少しの物音にも無駄吠えしまくり、人見知りも激しく、限られたお気に入りの人物にしか懐かない番犬気質。
イザというときは、じいやん&ばあやんを守るんだよ、ダイダイ!(ビビリなのが不安材料)

パウなやつら10月-4
 

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。