全品2%お値引き
カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

3年目のお粗相

カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

闘病入院中の所長母が他界しました。
葬儀を済ませ、法事など諸々の準備で奔走するさなか、それは突然に始まりました。王太郎のお粗相です。玄関マットに3回、ソファに2回。すべてウンチ。何で~っ?所長パニック!それまでお粗相といえば、3年前まだ子猫の頃、鏡で見た自分の姿に驚き、たった1回、ソファにウンチをオモラシしただけだったのに!?

獣医さん、王太郎のブリーダーさんに相談したところ、「ストレス」と意見が一致。「お母さん(所長)の気を引きたい一心の、かまってちゃん的行動」とのこと。犬でも猫でも、ひとりっ子で可愛がられている男子に多いとか。モロ該当…。

以来、忙しくとも王太郎とのコミュニケーションを心がけ、6回目のお粗相は阻止していますが、ビフォー・トイレのヘンなプレイがお約束になってしまいました。
詳しくはイラストで↑

獣医師さんに聞いてみました!

寂しさストレスからの「かまってちゃん的行動」出現時はコミュニケーションの充実が正解です。粗相に対する反応を抑えつつ、1回に数~15分程度、日に2~3回、愛猫が喜び楽しむような関心と愛情を注ぎましょう。

また、連れ添って数年も経つと、良いことをした時に褒めるという行動を怠りがちになります。幾つになっても褒められるのは嬉しいもの。トイレで排泄できた時にはしっかり褒め、粗相の後は叱らず黙々と片付けましょう。粗相した場所には愛猫が苦手な香りをつけるか、逆に、そこを愛猫の一時的な飲食場にするのも一つです。

排泄に関する問題行動が起こった時、膀胱炎などの病気の有無を調べるだけでなく、トイレに関する見直しが必要です。トイレの数・形状・猫砂の種類だけでなく、設置場所も見直してみましょう。

(ペピイカタログ2018年春夏号掲載)

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。