カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

おき研ハケン準備中

犬のダイダイはポリエチレン系のシャカシャカしたモノが大好き。レジ袋を引っ張り出しては引き裂き食いちぎり、空のペットボトルを見つけてはラベルを剥がして散り散りに(ときには本体までも)。 どこかでシャカシャカ素材を粉砕するバイトを募集していたら、シュレッダー犬として派遣したいくらいです。
一方、猫の王太郎はヒモやコードなどヒョロ長いモノが大好き。王太郎が来て以来、紐で結ぶ式のエプロンはジャレられて作業ができず封印。ゴミの日はビニールヒモをオチョクリながら踊り狂う王太郎のせいで、ダンボールがまとめられません。 どこかでヒモを操りながらパフォーマンスするダンスチームが結成されたら、メンバー猫として派遣したいくらいです。
多才(?)な個性を揃えて、おき研ハケン準備中。働き口、募集~!?

カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

獣医師さんに聞いてみました!

犬は前肢よりも口の方が器用で、口を使う遊びやオモチャを好むことが多く、その対象として口触りの良いものを選ぶ子もいれば、シャカシャカ素材のように噛みごたえのあるものを好む子もいます。 ダイダイちゃんの一連の動きは、獲物を捕らえた際の動きに近いので、狩猟本能が豊かなタイプかもしれませんね。
反対に猫は口だけでなく前肢を使う遊びも好みます。特にヒモは多くの猫のツボにはまるアイテム。これは、子猫が最初に目にするオモチャが親猫たちの尻尾だからでしょうか。子猫をじゃらす時、猫の尻尾は時にネズミやミミズ、時に鳥のような動きを見せています。
※犬も猫もオモチャの誤食に注意です。特に猫の場合、長い紐は要注意!飲み込めそうなオモチャは飼い主さんの目の届くところで遊ばせるのがお勧めです。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。