カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

苦手?夜目に白いモノ

カンザワファミリーの犬猫おきらく研究所

日暮れどき、全身白っぽい服装で歩いていたら、お散歩中のワンちゃんに激しく吠えられました。日頃から知らないワンちゃんにも懐かれることの多い所長としてはショック!…ではありましたが、次の瞬間、ある記憶がよみがえりました。
昔、お風呂上がりに新しいパジャマを着たときのこと。明かりを半分落とした薄暗いリビングに踏み込んだ瞬間、当時飼っていたキャバリア犬の女のコが唸りを上げながら吠え立ててきたのです。
パジャマはチョコレート色地にシロクマ柄プリント。クマが夜目に白く浮かんで怖かったのでしょうか。ワンコは暗がりに白く浮かぶモノが苦手?(恐怖?)…と察した出来事。
ちなみにそのパジャマ、水色地にシロクマ柄の色違いも着ていましたが、そちらは色柄のコントラストが弱めで、吠えられることはありませんでした。

獣医師さんに聞いてみました!

犬の視覚は人間ほど鋭敏ではないため、微妙なグラデーションはわかりづらく、逆に暗色に白などのコントラストが強い物は認識しやすいようです。
また、犬は動いている物体に対しては、かなり遠くからでも良く反応し、夜目も利きます。このため、暗闇の中で動く白い物体には反応しやすくなります。 お散歩中のワンちゃんは、夕暮れ時に近づいてくる「白い何か」に気付き、匂いなどでまだ誰かと判明できないうちに、吠えてしまった可能性があります。
パジャマの件については、お風呂上がりのこともあるので、神沢さんと認識する前にやはり「何か白く浮かんでいる物体が近づいてきた!!」とびっくりして吠えたのかもしれません。 残念ながら普段と違う服装で愛犬に吠えられたり警戒されたりは意外に多いものです。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。