タイトル

9月4日

台風接近の影響で悪天候。お散歩はあきらめて、実家でダイダイとお部屋遊び兼お掃除。
生前の両親と暮らしていた頃のダイダイは、掃除機をかけるたびに吠えまくっていたが、最近は別犬のように物分かりが良い。
「掃除機ボーボーうるさくなるけど、い〜い?」 
カンザワが声をかけると、そばでボールをカミカミしながら、ボーボーが終わるのを待っている。ダイダイ、イイコ!神ってるぞ!?(笑)
その後はボール遊び。ついハイテンションになりすぎるダイダイに声をかける。
「休け〜い。お水飲んだら〜?」
いそいそと飲みに行くダイダイ。
すぐに言葉を理解してくれるので、ダイダイと過ごす時間、ずーっと喋ってるカンザワ。ダイダイも喋れればいいのにね〜。

9月7日

北海道で大地震。テレビをつけると、ずっと地震の報道。今いちばんつらいのは被災地の皆さんだというのに、ニュースを見てるだけで参ってしまったカンザワ、ベッドに横になる。
すると王太郎がやってきて、右隣にピトッ(添い寝)。子守唄のような喉ゴロゴロ…♪
日頃は早朝から甘え鳴きで騒いで、カンザワの安眠妨害ばかりする王太郎に、珍しく(?)癒された日。オーちゃん、ありがとね。

9月12日

出窓でゴロ寝しているときに、突然「クワッ」という小さな奇声を発しながら起き上がり、毛玉を吐くことが多い王太郎。ときには出窓から毛玉を吐き流しながら降りてくるため、壁→クッション→ソファ→床のマットが毛玉の吐きアトだらけに。後片付けも大変…(泣笑)。
そこでカンザワ、ある時期から、「クワッ」の奇声の段階で速やかに王太郎を出窓から抱きおろすようにしていた。
すると最近、「クワッ」の後、王太郎自らそそくさと出窓から降り、ソファとマットをスルーして、フローリングの上で毛玉を吐いてくれることが増えてきた。後片付けもラクチン。
いつまでもオコチャマだと思っていたけれど、王太郎なりに学習しながら、オトナの階段を昇っているのね(この場合、降りてますが、出窓から。笑)。

9月15日

昨日、ダイダイとお庭遊びしていたら、ダイダイの左目頭が直径5ミリほど、タピオカ状に白くポッコリ腫れていた。何ソレ?どした!? ダイダイ自身は元気だけど、明日も腫れてたら、病院に行かなきゃね。
そんなことをダイダイに話しかけながら、自分の左腕に目をやると、直径7ミリくらい腫れている。何コレ?かゆい。もしかして蚊の刺されアト?
今日、ダイダイの目頭を見ると、昨日のタピオカ(?)はカゲもカタチも消えていた。やっぱり蚊だったのか! フィラリア予防薬を飲ませているから心配はないものの…猛暑が長かったこの夏、蚊までヘンだ。8月より今月のほうが大量出没してるし、刺されアトまで尋常じゃない。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。