タイトル

5月23日

朝から雨。実家の留守番犬ダイダイが、さぞかし退屈しているだろうと、仕事の前に会いに行く(カンザワ、昨年来、仕事よりダイダイが大事です)。もちろんダイダイ大喜び。
自宅に戻り仕事をしてから、夕方、また実家へ。雨上がりの散歩。もちろんダイダイ大喜び。
夜、自宅に戻る途中、実家の居間のエアコン除湿タイマーをセットし忘れたことに気づき、あわてて引き返すと…
ダイダイ、ア然。。。「また来たの?」と言ワンばかりの怪訝な表情(もはや喜んでいない?)。もう寝ようとしてたのね。騒々しくてゴメンね。
夜間ひとり暮らしに、すっかり慣れてしまった感のあるダイダイです。

6月4日

実家でダイダイと過ごし、自宅に帰ろうとしたら、実家の玄関前に兄宅の猫・ルッカ登場。
生前のばあやん(カンザワ母)からオヤツをもらっていた習慣が残り、今も頻繁に実家前に顔をだすルッカ。2代目オヤツ係は、もちろんカンザワが襲名している。
が、しまった~、今日はオヤツを切らしてる~。「ちょっと待っててルーちゃん、今、買ってくるから!」
近所のコンビニからトンボ返りで戻ると、すでにルッカの姿はなく、名前を呼びながら兄宅の庭まで探しに行くが、やっぱりいない。仕方なく自宅に帰ろうとしたら、向こうから全力で走ってくるルッカ。
「どこ行ってたのォ!?オヤツ買ってきたらいないんだもん…」
ルッカを迎えながら泣いてしまった。どうしたんだ自分!?最近、涙腺弱すぎ(泣笑)。

6月5日

昨年7月、ばあやん亡き後、突然はじまった、王太郎のウンチのお粗相とウンチ前のパフォーマンス(ソファの座面などを引っかきながら、ウンチングポーズをとる行為)。王太郎的には生涯、続けるつもりなんだろうな…と、半ば諦めの境地に達していたカンザワだった。
が、先月末くらいから、そのパフォーマンスなしで、素直にトイレに行くようになった。以前の平常モードに戻った?
さすがの王太郎も10ヶ月も続けたら飽きてきたのだろうか?(まだ油断できませんが)
ともあれ、深夜未明から明け方の騒々しいパフォーマンスの影響で、万年寝不足状態だったカンザワも、安眠できる日が近い?(といいけど…今はまだ希望的推察)。以前にも増して、ウンチ後の王太郎に敬意を表することにしています。
「オーちゃん、イイコでウンチしてくださいまして、ありがとうございます!」(敬語&最敬礼)

6月6日

関東地方、梅雨入り。
お散歩はお休みして、室内でダイダイお得意の「取ってこい」遊び。最近、この遊びに新展開が加わった。取ってきたボールをくわえたまま「ガ~ッ」と言って渡してくれないとき、ダイダイの口の前に手を出して、一緒に「ガ~ッ」と言うと、『しかたないワンねぇ』と言いたげに、手のひらにポロッ…。
ボールを渡してくれるようになりました。
目には目を、歯には歯を、ガ~ッにはガ~ッを?(笑)

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。