ドライフード
ハロウィンキャンペーン

役に立ったらシェア!

タイトル

9月9日

王太郎のゴロ寝ポジションが変わり、季節が変わったのを感じる。
夏場はエアコンの風の当たり具合が心地いいらしきリビングテーブルの下で日中の大半を過ごしていたが、ここ数日は…?
2年前、ソファを買い換えたことで生まれた、ソファと壁の中途半端なスキマ。スタンドライトとか置きたかったけど、とりあえず小さな椅子を置き、余分なクッションを積んでおいたら、その下が王太郎のお気に入りスペースになった(おかげでスタンドライト計画は保留)。
エアコンをオフにして窓を開ける季節。狭いながらも風通し良く適度にヒンヤリしたスミッコは、暑がり王太郎的には「良き♪」なのかも。カンザワの積ん読本が目隠し代わりの書斎ふうでもある。男には隠れ家が必要ニャのよね、オーちゃん。

9月10日

ダイダイと散歩中、用水路沿いに彼岸花が1輪だけ満開になっていた。周囲もツボミでいっぱい(昨日ココを通ったときは地面から芽が顔を出したばかりだったのに)。来週は見渡す限りの彼岸花ストリートになりそう。毎年この時季、最高のお楽しみ♪
帰宅後、ダイダイ専用庭(兄宅の庭)の金木犀にもツボミ発見。4年前の夏、葉が生い茂りすぎて近隣からクレームがありツルッツルに剪定。以来、お花とはご無沙汰だった。いよいよ5年ぶりの開花。香りも楽しみ!
蚊が多いのだけがネックだけど、ここ数日はダイダイと外で過ごすのが心地いい気候。今年は残暑が短かったけど、また暑さが復活するのかなぁ。

9月17日

台風接近中。低気圧に弱いカンザワ、全身がだるい。重い足取りながら、満開になった彼岸花を楽しみながら、ダイダイと散歩。
帰宅後、散歩中に拾ったダイダイの便を捨てようとマナーバッグを開いたら…ない!どこかに落としてきた? 拾ったものをまた落としてくるなんて~(泣笑)
ダイダイを玄関に残し、カンザワひとり再び散歩コースをたどる。住宅地を抜け、坂道を下り、田畑の向こうに彼岸花が咲き並ぶ用水路沿いの道……そのメラメラの赤をバックにポツンと小さなビニール袋。あったー!ていうか目立ちすぎー!(笑)
ジメジメ湿気のなか、散歩距離2倍歩く羽目になったけど、不思議とだるさは和らいでいた。玄関に置き去りにされ不安そうに待っていたダイダイに、ナデナデしながら報告。
ウン◯袋、あったよ。彼岸花に見とれて落としたの気づかなかったね。

9月19日

ダイダイの生活拠点が兄宅に移って以来、ダイダイの散歩・遊び・ゴハンのお世話・トイレ整備が終わると、お次は兄宅の猫・ルッカとの時間=おやつタイム。
ルッカも庭で待ち構えていて、カンザワがベンチに座ると、ピョンと隣りに座ってくれたりする。可愛いったらありゃしない。
野良ちゃん(イマドキの呼び方は保護猫)出身なので、正確なお誕生日は不明だけど、たしか今月9月がお誕生月。11歳になりました。
そもそもの飼い主は甥と姪だけれど、ふたりとも大人になり兄宅から独立。おやつ係だったばあやん(カンザワ母)も天国へ。今はカンザワが二代目おやつ係を襲名して、ルッカにアレコレ貢いでいる。
ルッカちゃん、お誕生月おめでとう。スペシャル月間として、おやつ多めに盛ってるよ。外出自由派でエネルギー消費量が多いから、底なし胃袋の持ち主なんだよね~(笑)。

カンザワファミリー劇場

パウなヤツら

おきらく研究所

ゲッくんダイぽん 299日和

プロフィール

絵と文/神沢礼江

人間/♀
イラストレーター。
犬猫歴30数年。
ファミリーのボス
兼パシリ(?)

王太郎

ノルウェージャン/♂
‘14年初夏生まれ。5.2キロ。
去勢済みの箱入り息子猫。
甘ったれのかまってちゃん。

ダイダイ

ミックス(コッカプー)/♀
‘08年真夏生まれ。6.8キロ。
カンザワ実家の父を助ける番犬。
実は内弁慶のビビり屋。

ルッカ

ミケトラ猫/♀
'10年真夏生まれ。体重3.2キロ。
所長の兄一家の新入り猫。
過激なオテンバ箱入り娘。

ゲッペイ

オシキャット/♂
’95年元旦生まれ。体重3.8kg。
去勢ズミの完全室ニャイ猫。通称「ゲッくん」。

バニラ

キャバリア/♀
'08年夏休み、
天国リゾートへ旅立つ。お空で悠々バカンス中。

マル

ヨークシャーテリア/♀
’94年秋生まれ。所長の実家を仕切る、箱入り娘。食と食事作法にこだわるグルメ犬。