縁あってファミリータイトル

「カメカメナツメ」

家族紹介1

カメズのために猫は諦めていたけれど…


10年前からリクガメ6匹と暮らす飼い主は、猫がじゃれてデリケートなリクガメのストレスになるのではないかという理由で、長い間猫をお迎えすることを諦めていました。
3年前の初夏とは思えない暑い日、脱水症状で捨てられたまだ目が開いたばかりのキジトラの子猫を保護しました。
先の理由から後に友人が里親になってくれましたが、しばらく我が家で育てていたその子猫との暮らしが忘れられず…。
次に縁があったときは思い切ってお迎えしよう!と。

なっつんをお迎え。案ずるより産むが易し!


その1年後にやってきたのがナツメ(通称なっつん)です。
きかん坊でまるでお山の大将のようななっつんは、ボール遊びが大好き。でも実は家族以外の人が超~苦手、とってもビビリん坊の内弁慶くんです。
猫の世界にもいろいろと事情があるようで、6匹の兄弟姉妹と共に育児放棄されたとのこと。
子猫の頃からやんちゃできかん坊で、でもやはり母猫に捨てられたせいか、とってもさびしん坊のなっつんにとって、毎日一緒に過ごす大きくて穏やかなリクガメたちは母猫のような存在?次第にお友達になりました。
危惧していたような爪を立てたりじゃれたりといったようなことは一切しません。時々カメズを温める赤い保温球をちゃっかり横取りしちゃったりしてますけど。カメズの方から寄っていったりと毎日微笑ましく、飼い主の癒しにもなっています。 あ~~~~なんでもっと早く猫をお迎えしなかったんだろう!でもそれは、なっつんと出会うためだったんだよね。


家族紹介2

カメカメナツメ

ブロガー ゆーこさん

http://pollimelon.exblog.jp/