見るだけのつもりが、そのまま連れ帰った桃太郎。

「秋田犬を飼いたい」と思っていたわが家。8年前、「見に行くだけ」といいながら秋田犬の子犬を見に行きました。見たら無理…抱っこしたら無理…ケージ等とりあえず必要な物を買い揃え、そのまま連れて帰ってきました。 子犬に桃太郎と命名。わが家にとって初めての犬。秋田犬の桃太郎。大切な大切な家族が増えました。

家族をつくってあげたくて、すずらんを迎えることに。

はじめは人にも犬にもフレンドリーだった桃太郎でしたが、成犬になるにつれ、人も犬もダメになり唸って威嚇するように。力も強く、興奮する桃太郎を制御するのは大変で、散歩で犬と会うことが恐怖でした。
そんなとき、ご近所の方からドッグトレーナーを紹介していただき、しつけ教室に通うことに。そしてワンコが飼い主さんと一緒に踊るドッグダンスのことを知りました。桃太郎と一緒のレッスンは楽しく、徐々に桃太郎も人への威嚇もなくなり、大丈夫なワンコも増えていきました。
でも一緒に遊ばせることに私自身が怖くて躊躇。仲良く遊ぶワンコたちを見ては「いいなぁー」と。桃太郎が5歳のとき、どうしても桃太郎に遊び相手&家族をつくってあげたくて、もう一頭迎えることを決意。
秋田犬の雌、すずらんがわが家にやってきました。もともと子犬が苦手だった桃太郎でしたが、徐々に受け入れ、家族になりました。

今では、すずらんのお尻に敷かれる桃太郎。

今では、すずらんの方が断然強く、尻に敷かれている桃太郎。たまに少しかわいそうなときもありますが、当の桃太郎はすずらんのことが可愛くて仕方ないらしく、デレデレの日々を送っています。一緒に遊んでいる姿やくっついて寝ている姿を見ると、すずらんを迎えて良かったなぁってしみじみ思います。
おっとりの桃太郎に比べ、すずらんは動くことが大好きなので、ドッグダンスの他にフライボールにも挑戦しています。ますます強くなるすずらんと、すずらん大好きな桃太郎と一緒に、これからも楽しく過ごしていきたいと思います。

※外部サイトへ飛びます。