ちゃれんじダーツ

役に立ったらシェア!

動物愛護センターに行ってきました!

VOL.5 アニマル ハーモニー大阪
大阪府動物愛護管理センター 編

スローガンは、「ともに」ーー。
真の「共生」の意味を住民たちに伝え「人と動物との共生」が実現できる社会を目指す施設。

大阪府南阪奈道路「羽曳野インター」近くに位置する「アニマル ハーモニー大阪(大阪府動物愛護管理センター)」は、人と動物が共生できる社会の実現をめざす大阪府の拠点施設として2017年8月1日にオープン。

広さ9500平米の敷地内には、屋根の付いた収容犬専用の運動場やきれいに手入れされた芝生の広場(多目的広場)が併設され、延べ2500平米の二階建ての館内は、まるで図書館のようです。

アニマル ハーモニー大阪(大阪府動物愛護管理センター)
  • 犬
  • 猫

収容された動物も一階は犬、二階は猫などと住み分けされていて、見学やイベント、譲渡の際の動線もばっちり。訪れる人はもちろん、動物の福祉にも考慮した作りとなっています。
その通り、当施設では「ともに」をモットーに、「ふれる」「まなぶ」「つなぐ」「まもる」を動物愛護と動物福祉の啓発にかかげています。

アニマル ハーモニー大阪(大阪府動物愛護管理センター) オブジェクト

「人と動物の共生」という言葉が、当たり前のように、取り上げられる昨今ですが、言葉だけが先走り、その意味を深く考える人はまだまだ多くありません。
共に暮らすことは、自分(人)も相手(犬・猫)も、共に幸せになるということ。
真の「ともに」を、追及し続けるアニマル ハーモニー大阪の職員さんの活動をご紹介します。

動物愛護センターってどんなところ?

目次

「アニマル ハーモニー大阪」のここがポイント
10年後を見据えて、やるべきことを、しっかりとやるだけ

「アニマル ハーモニー大阪」の守りたい小さな命
社会全体で殺処分ゼロをめざし、動物の返還と譲渡率の向上への取り組み

「アニマル ハーモニー大阪」の繋ぎたい小さな命
インターネットを活用した人と動物を“つなぐ”マッチング事業

「アニマル ハーモニー大阪」の所長、村山裕紀さんに聞きました

動物愛護センター情報

例えば、当施設の2018年度の犬の捕獲数は68頭でうち半数以上の35頭が返還。
返還されたということは、飼い主が放棄したのではなく、飼い犬が迷子になって保護されたケースであることを意味しています。飼い主のところへ戻れたのは大変喜ばしいことですが、逆を考えれば庭で繋いでいた犬のリードが切れて逃げた、リードに繋がないで離し飼いをされている犬が放浪していたなど飼養、飼育が適正ではないことを示唆しているのです。

「まずは、飼い主さんに、正しい犬の飼い方の基本を伝えること。一見小さなことのように思えますが、それこそが共生への第一歩」と所長の村山裕紀さん。

お話を伺った所長の村山裕紀さん

▲ お話を伺った所長の村山裕紀さん

アニマル ハーモニー大阪の風景

犬猫に関するトラブルが減れば、犬猫が苦手な人も、やがて、温かい目で動物たちを見守ってくれるはずです。
まずは、今、目の前の課題を一つずつ解決していくことーー。
小さな課題がひとつ解決し、それが10となり100となり、その日々の積み重ねが本当の10年後、20年後の共生へとつながるのです。

  • アニマル ハーモニー大阪の収容室
  • アニマル ハーモニー大阪の診察室

▲ 常に清潔に保たれている収容室や診察室

形ばかりの「殺処分ゼロ」にとらわれていては、本来の「共生」は遠ざかってしまいます。
命を守ることは、その命を幸せにすること―ー。その命を幸せにすることで、人も幸せを感じることこそが真の「共生」です。
命のチャレンジに失敗は許されません。
言葉だけの「殺処分ゼロ」ではなく、真の共生を達成することで、結果的に殺処分がゼロとなる。そんな社会をめざし、職員さんたちは日々奮闘しています。

※1 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とは、生活の質を意味する言葉で、保護されている犬・猫たちが安全で清潔な場所で、栄養のある食事ときれいな水を与えられ、ストレスをためずに心穏やかに過ごすことを意味します。

アニマル ハーモニー大阪の動物達
  • アニマル ハーモニー大阪の新たな家族を待つ犬たち
  • アニマル ハーモニー大阪の新たな家族を待つ犬たち

▲ 新たな家族を待つ犬たち

  • アニマル ハーモニー大阪でのびのび走り回る犬達
  • アニマル ハーモニー大阪の運動場

▲ のびのび走り回れる雨天用運動場

  • 室内飼育体験室のキャットウォークで過ごす猫たち

    ▲ 室内飼育体験室のキャットウォークで過ごす猫たち

  • 一階ロビー横の啓発展示コーナー
  • 一階ロビー横の啓発展示コーナー

▲ 一階ロビー横の啓発展示コーナー

子猫育成サポート事業

▲ 子猫育成サポート事業

そこで、当施設では離乳期の子猫を譲渡するまでの6週間(猫が12週齢頃まで)預かってお世話をしてくれる「子猫育成サポート事業」を展開。子猫育成サポーターを募集して現在では17名が登録ボランティアとして、命をつなぐ役割を担っています。
サポーターをするには「事前講習会に参加する」「子猫を安全に送迎できること」「猫用のケージが自宅に設置できる」などの条件があり、当施設職員による事前のお宅訪問もあります。

  • サポーターさんにお預け中の子猫の様子

    ▲ サポーターさんにお預け中の子猫の様子

地域猫活動ってなに?

一般的に地域猫プロジェクトというのは、その地域の実情にあった仕組み作りが必要。その仕組みは地域ごとに微妙に異なるものです。そこにマニュアル化された方法を取り入れてもうまくいきません。共生とは、そこに住む人と動物とが互いに認め合った存在として幸せに暮らせることです。そのためには猫が好きな人、猫が嫌いな人その地域に住む人全体で、話し合い、相互理解を得て共生の仕組みを作っていかなくてはなりません。

その地域の仕組みはその地域の人たちがつくるもの。このため、府では、不妊去勢手術の支援の他、アドバイザーの派遣をする等、飼い主のいない猫の対策をサポートしていきます。地域の問題も地域の中の人たちで解決に導くことが必須と考えています。

地域猫活動
アニマル ハーモニー大阪所長の村山裕紀さん

▲ アニマル ハーモニー
大阪所長の村山裕紀さん

最近、娘さんにセンターの猫を譲渡した村山さん。
村山さんは、今後の施設の課題についてこう語ってくれました。
「言いたいことはただ、ひとつです。“ちゃんと飼ってくれ!”それだけです。以前、老犬が捨てられており、ここに収容されて三日後に亡くなりました。
あと少し、世話をしてくれれば、その子は飼い主に看取られて天国に行くことができた……。最後まで飼ってくれれば……ただそれだけです。飼い主さんはこの子の命をどう思っていたのでしょうか……。

命を最後まで預かるという意識を育てるためには、子どもたちの教育にも力をいれなければなりません。
そのため学校への出前授業として「ともにクラス(動物なかよし教室)」などを行っています。モデル犬も同行し、子どもたちに犬の心臓の音をスピーカーを通して聞いてもらうんです。“犬も人間も一緒でしょう?こうして、みんな命がある。生きているんだ”って。こうした取り組みが、10年後に繋がり、本当の意味での人とペットの共生が実現するのだと思います。」

  • 人と動物の共生を願って植樹したオリーブの木

    ▲ 人と動物の共生を願って植樹したオリーブの木

大阪府動物愛護管理センター

大阪府動物愛護管理センター
(愛称:アニマル ハーモニー大阪)

住所:大阪府羽曳野市尺度53番地の4

電話:072-958-8212

Email : dobutsuaigokanri-c@sbox.pref.osaka.lg.jp

開館時間:午前9時から午後5時45分まで
(土・日・祝日は午前9時から午後5時30分まで)

休館日:年末年始のみ

URL :大阪府動物愛護管理センター

お持ちのペピイわくわくポイントで、アニマル ハーモニー大阪を応援しませんか?

詳しくはこちら⇒ペピイのポイント募金箱

Q.動物愛護センターって、どんなところ?

A.動物愛護センターは全国の各都道府県ににある行政施設で、動物に関する以下のお仕事をしています。

●動物保護や捕獲のお仕事

様々な事情で家庭で飼えなくなった犬や猫の引き取りや、迷子犬を保護して収容します。また狂犬病予防法に基づき野犬の捕獲収容などをしています。

●動物愛護のお仕事

人と動物が仲良く暮らすための情報提供やアドバイス、イベント、啓発などを行っています。
その他、引き取った犬や猫に新しい飼い主さんを探す譲渡活動を行っています。

●動物管理のお仕事

引き取った犬・猫や捕獲した野犬等の中で譲渡できない犬・猫の殺処分を行っているところもあります。

 
●動物取扱対策のお仕事

動物が適正飼養・飼育されているか(虐待などがないか、給餌は適正にされているか、飼育環境に問題はないか、など)を確認し、問題があれば指導を行います。
また動物を飼養・飼育している施設の管理状況の指導も行います。

●その他

各都道府県の動物愛護センターは災害時には動物救援本部として被災したペットの保護等、救援センターの役割も果たします。

Q.地域猫活動ってなに?

A.地域猫とは、住まいの地域にいる「飼い主のいない猫」を地域で面倒をみる取り組みのことをいいます。

給餌やトイレの世話だけではなく、これ以上繁殖をしないようTNR(保護して、不妊手術をして、また元の場所に戻す)を行います。
猫の保護や手術のための動物病院までの運搬は、主に地域のボランティアさんが行います。手術をした猫はその印として耳の先をカット。(オスは右耳、メスは左耳)

手術のあとはボランティアさんが猫を病院から運搬して元いた場所に戻します。その後は、給餌やトイレの掃除などを行い、地域の猫として一代限りの命を見守る取り組みです。

Q.ミルクボランティアってなに?

A.生まれたばかりの赤ちゃん猫を離乳まで預かってお世話をする授乳専門のボランティアさんのことです。

生まれたばかりの赤ちゃんねこは、一日数回にわけてミルクを与えなくてはならず、知識も必要で、日中家にいることや、留守がないことなどの条件があるため、やりたいと思っても誰もができるボランティアさんではありません。

子ねこは、授乳期が終われば、次の預かりボランティアさんにバトンタッチしたり、保護された動物愛護センターに戻して、譲渡先を見つけます。
現在、全国の動物愛護センターで殺処分される猫の多くが子ねこであるため、子ねこが救われれば、殺処分数も激減することになります。

Q.茨城県 犬猫殺処分ゼロを目指すプロジェクトとは?

A.①犬猫殺処分ゼロを目指す環境整備事業
(年間予算25,751千円)

●県民意識醸成事業

茨城県で殺処分ゼロをめざすことをポスターなどで発信

地域猫活動推進事業

市町村と連携して地域で取り組む地域猫活動の支援
猫の不妊去勢手術の費用の補助
(年間1,320万円 約700頭分)

 
●犬猫殺処分ゼロ推進活動支援事業

犬猫殺処分頭数の減少につながるアイデアを公募
審査会で選定された殺処分を減らす取り組みに対しての補助金
(上限10万円 X 20アイデア = 合計年間予算 200万円)

●適正飼育指導員設置事業

犬猫の収容数が多い地域に人員を設置し、指導を実施する

 
②譲渡犬猫サポート事業
(年間予算39,489千円)
●譲渡犬猫の飼育補助授業事業

センターから犬を譲り受け、新たな飼い主さんを探す活動を行っている団体に対し飼育費用を一部補助

●譲渡犬猫の不妊手術事業

センターから犬猫を譲渡する団体等に対し、譲渡の際に希望があった場合の不妊去勢手術の実施

●子ねこの譲渡推進事業

ボランティアによる幼齢子ねこの飼養などによって、幼齢猫の譲渡頭数を増やす