クリスマスUFOキャッチャー

役に立ったらシェア!

愛犬との毎日にはステキな瞬間も悩みもいっぱい

愛猫との毎日にはステキな瞬間も悩みもいっぱい!そこで、愛猫の健康と幸せを願いながらどのように暮らしているかを飼い主さんに聞いてみました。

お話を伺った飼い主さま

外で鳴いている猫たちを
放っておけない性分なんです。
── 後藤さん ──

先代猫の太郎くんは玄関においてあった段ボールに住み着いた猫でした。「ご近所さんがエサをあげにこられたときに〝太郎〟と呼びかけていたのでそのまま命名したんです。 チビは買い物中に後を追いかけられて…飼育するつもりはなかったのですが、次の日声を枯らすほど外で鳴いていたのでお迎えしました。」
 また、菊ちゃんもちさこちゃんも保護した猫です。「ちさこは最近保護した猫で、垣根の中で怯えて鳴いていました。放っとけなくて連れて帰ったんです。」軒先に住み着いたり、外で鳴いて怯えている猫を保護して飼育している心優しい後藤様です。


菊ちゃんもちさこちゃんも保護した猫です。

猫との距離感が近づいたとき
とても感動します。

「連れて帰った時は、家の中で隠れて私の顔をにらむのですが、ある日ふっと心を開いてくれます。 菊はずっと隠れていましたがそっと近づいてきて、寝ていた私の胸に乗りじっと見つめて顔を舐めてくれました。」ゆっくりと距離を縮めていく後藤さんと飼い猫たち。「ちさこは、2階の居間をちらっとのぞいてはまた下へ降りて…を繰り返すんです。そしてタイミングを見計らって部屋に入ってきて椅子の下に潜り込み、椅子に座っている家族と一緒に居る。そうやって彼女なりに近づいてきてくれました。」
 また、後藤さんは猫さんたちの目をしっかりみて言葉を話すことを大切にしているそうです。「あとは、忘れることも大事です! 私は猫の悪ふざけも気にしないようにしています。なぜなら猫が嫌がる病院へ連れって行っても、猫たちは忘れているからです(笑)」

 

猫達のしぐさが
かわいくて仕方ありません!

 猫さんたちのかわいいしぐさに癒されている後藤さん。「電車に乗っていた時に、ふっとキャリーバッグをのぞいたんです。 すると、猫が顔をあげて窓の外の青い空を眺めていました。そのとき、心の底からかわいいなぁと。他にも、炊飯器の湯気を猫がじ〜っと見つめているときや、空中に舞う布団の綿を一所懸命、手を伸ばして捕まえようとしているときなど、そういったしぐさが本当にかわいいですね。」


猫さんたちのかわいいしぐさに癒されている後藤さん。

先代猫の怪我がきっかけで通院を始め、
今では絶対的な信頼を抱いています。

「「先代猫の太郎はトイレの失敗で異変に気づき、すぐに病院へ連れて行きました。チビは痙攣を起こすようになり通院しましたが、薬も効かなくなり自宅で看取りました。」  現在は菊ちゃんの治療で通院されています。「院長先生はとっても優しい人です。また、とっても多才な方。犬猫のアンチエイジング講座など治療以外の時間もあります。動物は人間よりも早く老化していくので、アンチエイジングの知識はとてもためになりました。」


先代猫の怪我がきっかけで通院を始め、今では絶対的な信頼を抱いています。

ロッキー動物病院院長 蔵所宏好先生

動物医療を通じて、
犬や猫と生活することは
とても楽しいことで、
人生が豊かになるということを
伝えています。


ロッキー動物病院 院長
蔵所宏好先生

後藤様はたくさんの猫を飼育されていますので、多頭飼育のメリットやデメリットをお伝えしています。特に、ワクチン摂取の重要性や避妊・去勢手術についてなどは詳細にお話しさせていただきました。先代猫のチビちゃんは2018年に亡くなってしまいましたが、同年に長寿動物表彰を受けたことが良い思い出になったとお答えいただきました。今飼育されている猫ちゃんたちも、共に見守っていきたいと思っています。
「病院に行くのは病気になったとき」は当たり前のことですが、当院は病気でない方も来てくださいます。そして、その方々の犬猫(相棒)はとても元気です!獣医師や動物看護師と日頃からコミュニケーションをとっていただくことは、大切なことだと私たちは考えています。予防や治療だけでなく飼い主さんや犬猫にとって楽しいところになりたいと思っていますので、ぜひ、愛犬・愛猫と病院へ遊びにきてくださいね。

ロッキー動物病院

プロフィール