犬の歯磨きは完璧でなくてOK!
嫌がるわんちゃんの歯みがき法

犬の歯磨きは完璧でなくてOK!嫌がるわんちゃんの歯みがき法

歯磨きをしようとしても、なかなか思うように磨かせてくれないわんちゃんは少なくありません。
犬は虫歯になりにくいとかわりに、歯周病になりやすく、3歳以上の犬の80%は歯周病と言われ、人よりも歯周病になりやすいことで知られています。

そのため、歯周病予防のためにも歯磨きがはとても大切です。

そこで今回は、犬の歯磨き方法についてご紹介していきます。犬は、いきなり歯を磨くと激しく抵抗してしまうこともありますが、少しずつ慣らしていくことで、難なく歯を磨けるようになる可能性もあります。
嫌がるからといってあきらめずに、わんちゃんの健康のためにも、歯磨きを習慣にしてみてください。

(監修:もみの木動物病院・獣医師 村田香織先生)

目次

  1. 犬の歯を磨くために必要なこと
  2. ハンドコングで犬の歯を触る練習をしよう
    • ステップ1.おやつを食べさせる
    • ステップ2.歯や口を触る
    • ステップ3.待てと言う
    • ステップ4.唇をめくる
    • ステップ5.しっかり褒める
  3. 犬の歯ブラシを好きにさせよう
    • ステップ1.おやつを食べさせる
    • ステップ2.歯や口を触る
    • ステップ3.しっかり褒める
  4. 犬の歯磨きのポイント
    • 落ち着かないときは発散させる
    • 嫌がったらすぐにやめる
  5. 犬の歯磨きでよくある5つの質問
    • 質問1.犬が歯磨きを嫌がるときはどうする?
    • 質問2.犬の歯はどのくらいの頻度で磨くの?
    • 質問3.老犬や子犬にも必要?
    • 質問4.犬用のデンタルグッズだけでもいいの?
    • 質問5.汚れやすい歯はあるの?
  6. まとめ

1.犬の歯を磨くために必要なこと

愛犬の歯みがきは「難しいから」「嫌がるから」とあきらめていませんか?まずいきなり歯ブラシを使って歯みがきをせずに、愛犬が無理なくデンタルケアに慣れるよう、スキンシップやコミュニケーションを交えた方法を取り入れてみるのがおすすめです。
おやつを握って気をひく“ハンドコング”を使った方法や、歯ブラシを好きになってもらうとっておきの方法を次から紹介するので、段階的にトライしてみてください。

2.ハンドコングで犬の歯を触る練習をしよう

いきなり歯ブラシを口の中に入れてしまっても多くの犬は嫌がってしまいます。
そこでまずは、おやつ(ドライフードなど)を使って、口の中を触られることに慣れさせていきます。
具体的には、次の5ステップで挑戦してみましょう。

  • ステップ1.おやつを食べさせる
  • ステップ2.歯や口を触る
  • ステップ3.待てと言う
  • ステップ4.唇をめくる
  • ステップ5.しっかり褒める

<ハンドコングって…?>
おやつ(ドライフードなど)を片手で握り、手をコングの形のようにします。中にフードを詰める感じで。
コング…フードを詰めて遊ばせるおもちゃ。

ステップ1.おやつを食べさせる

握った手の中のおやつを食べさせます。

握った手の中のおやつを食べさせる

ステップ2.歯や口を触る

もう一方の手でやさしく口を触り、唇をめくってみるなどしましょう。おやつに夢中になっている隙にタッチ。

歯や口を触る

ステップ3.待てと言う

食べながら触ることに慣れたら、おやつを手の中に握って「マテ」と言います。

犬にマテをさせる

ステップ4.唇をめくる

「マテ」の状態のまま、反対の手で唇をめくります。
この時、イラストのように奥歯から持ち上げるようにするのがポイントです。

唇をめくる

ステップ5.しっかり褒める

「おりこう」と褒めておやつを与えます。

犬をしっかり褒める

★ハンドコングの練習を何度か繰り返し、全ての歯を見られるようにしよう!

3.犬の歯ブラシを好きにさせよう

口に触られることに慣れてきたら、次に歯ブラシに慣れてさせていきます。
具体的には、次の3ステップで挑戦してみましょう。

  • ステップ1.おやつを食べさせる
  • ステップ2.歯や口を触る
  • ステップ3.しっかり褒める

ステップ1.おやつを食べさせる

おやつを握った手で歯ブラシを持ちます。歯ブラシに良い印象を持ってもらえるよう、口を触ってからおやつをあげます。

おやつを食べさせる

ステップ2.歯や口を触る

犬用の歯みがきジェルを塗った歯ブラシを、歯ぐきにやさしく当てます。

歯や口を触る

ステップ3.しっかり褒める

すぐにおやつをあげて、ほめてあげます。当てる歯を変えながら、繰り返しましょう。

しっかり褒める

★犬は虫歯になりにくいため、おやつを与えながら磨いても大丈夫です。最初は1ヵ所磨くごとに、ごほうびをあげましょう。

4.犬の歯磨きのポイント

愛犬が歯ブラシで遊び始めたり、嫌がったりし始めたら、以下のことを意識してみましょう。

  • 落ち着かないときは発散させる
  • 嫌がったらすぐにやめる

落ち着かないときは発散させる

歯みがき前に散歩やおやつで遊ぶなどして、しっかり発散させ、落ち着いてから歯みがきしましょう。噛みそうになったときは「あっ」と言ってすぐに取り上げて、噛み癖をつけないようにして。

嫌がったらすぐにやめる

歯をきれいにしようと無理に押さえつけたりせず、嫌がったらストップ。深追いせずに、明日みがくなど気長に慣れさせるのがコツ。

5.犬の歯磨きでよくある5つの質問

犬の歯磨きでよくある質問

  • 質問1.犬が歯磨きを嫌がるときはどうする?
  • 質問2.犬の歯はどのくらいの頻度で磨くの?
  • 質問3.老犬や子犬にも必要?
  • 質問4.犬用のデンタルグッズだけでもいいの?
  • 質問5.汚れやすい歯はあるの?

質問1.犬が歯磨きを嫌がるときはどうする?

今回ご紹介したように、口の中を触ることから徐々にはじめてみてください。また、最初のうちは歯を完璧に磨く必要はないので、とりあえず続けることを意識してみましょう。

質問2.犬の歯はどのくらいの頻度で磨くの?

毎日歯みがきする気持ちでいてください。犬も人と同じで、2、3日に一度だと習慣になりません。1日で全部の歯をみがかなくてもOKなので、短時間でもできるだけ毎日の習慣にしてください。

質問3.老犬や子犬にも必要?

高齢の子はもちろん、口臭が気になったり嫌がったりする子は、事前に動物病院でチェックしてもらいましょう。子犬は、永久歯に生え変わる生後半年までは無理をしない程度で。子犬の時期に口を触る練習をしておくことをおすすめします。

質問4.犬用のデンタルグッズだけでもいいの?

デンタルグッズだけでは全ての歯を健康に保つのは難しいので、歯みがきもしながら併用しましょう。デンタルグッズを噛むことで、ストレス発散、破壊行動の予防にもなります。

質問5.汚れやすい歯はあるの?

上下の犬歯、上顎の第四前臼歯、下顎の第一後臼歯とそれより奥の歯が特に汚れやすいので、ていねいにみがきましょう。歯と歯ぐきの間をやさしくみがくことを心がけましょう。

歯石・歯垢のつきやすい歯

6.まとめ

歯みがきをすることで愛犬とよりよい関係を作りながら、楽しく触れ合う時間にしてください。口の中を見る習慣をつけることで、病気の早期発見、予防にもなります。時間をかけて少しずつ慣らしていきましょう。

お話・監修:村田香織先生

もみの木動物病院(神戸市)獣医師。同病院のしつけ教室でパピークラス、問題行動を持つ犬猫のカウンセリングも担当。おうちでは犬3匹、猫4匹に愛される素敵な飼い主さん。著書に『こころのワクチン~子犬に教える、人としあわせにク暮らす方法~』など。

愛犬のデンタルケア用品はこちら >

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす