役に立ったらシェア!

【獣医師監修】犬も虫歯や歯周病になる?原因や対策・予防方法を紹介

【獣医師監修】犬も虫歯や歯周病になる?原因や対策・予防方法を紹介

虫歯や歯周病などの口腔トラブルは、人間と同じように犬にも起こり得るもの。
放っておくとその歯を失ってしまったり、重大な病気を引き起こす危険もあります。
そんな、決してあなどれない口腔トラブルについて、原因や予防方法をご紹介します。

目次

  1. 犬の歯の仕組みと歯の種類

  2. 犬は虫歯にならないって本当?

  3. 犬が虫歯になる原因は?

    • 原因1.飼い主の食事を与えている

    • 原因2.おやつを与えすぎている

    • 原因3.人間とのスキンシップ

    • 原因4.歯周病を放置している

  4. 虫歯よりも要注意。犬に多い口腔トラブルは歯周病!

    • 犬の歯磨き方法

  5. 定期的に虫歯や歯周病のチェックを

  6. 動物病院での歯科処置

    • 虫歯や歯周病になってしまったら

    • 虫歯や歯周病だけではない!犬のお口のトラブル

  7. まとめ

1.犬の歯の仕組みと歯の種類

犬の歯は、口の前面から奥に向かって順に、「切歯」、「犬歯」、「前臼歯」、「後臼歯」と4種類に分類されますが、実際に犬が食事をするときに使う歯は、いわゆる「機能歯」といわれる「臼歯(前臼歯と後臼歯)」のみです。

本来狩りをして獲物を捕らえながら生きる動物であるため、切歯や犬歯といった、“獲物を噛み切ったり固定するための歯”が備わっていますが、現代の飼育犬が日常的に使うのは臼歯のみ。フードは臼歯で噛み砕き、長く咀嚼することなく、すぐに飲みこみながら食事をしています。

2.犬は虫歯にならないって本当?

犬は虫歯にならないって本当?

犬は虫歯にならない、なんて聞いたことはありませんか?
その鋭くて薄い形をした歯には人間と比べると虫歯菌がたまりにくい。また、犬の唾液は糖分が蓄積されにくいアルカリ性であることから、確かに犬は虫歯に“なりにくい”動物ですが、決して虫歯にならないわけではありません。

ではどのようなことが原因で、犬は虫歯になってしまうのでしょうか。

3.犬が虫歯になる原因は?

先天的な歯の形状や唾液の性質から見ると、虫歯になりにくい犬。
それなのに虫歯になってしまうということは、後天的な理由、つまり生活環境が影響しているといえます。

犬に虫歯ができる原因

原因1

飼い主の食事を与えている

飼い主さんのご飯やおやつに含まれる糖分は、犬にとっては過剰なもの。その糖分の蓄積によって虫歯菌が作られてしまいます。愛犬に与えるのは、味付けのしていない茹でた野菜などならOK。人間の食事は与えないようにしましょう。

原因2

おやつを与えすぎている

たとえ犬用のものだとしても、おやつにはしっかりと糖分が含まれています。
喜んで食べる愛犬のおねだりについ応じてしまってはいませんか。おやつの与えすぎは虫歯菌のもと。与える量は適量にしましょう。

原因3

人間とのスキンシップ

飼い主さんの口を舐めるなど口元でスキンシップをとることが多い犬ですが、その相手に虫歯があると、虫歯菌が感染してしまう可能性もあります。

実際に虫歯の原因として特定できるものではありませんが、過度な口元でのスキンシップは控える、飼い主さんが一口食べたものは与えないなど、人間からの感染リスクを意識しておきましょう。

原因4

歯周病を放置している

犬にとっての口腔トラブルとして多いのは、実は虫歯よりも歯周病。
その歯周病にかかると、歯茎が下がり歯の根元部分に歯垢がたまりやすくなるため、それが結果として虫歯につながることがあります。

4.虫歯よりも要注意。犬に多い口腔トラブルは歯周病!

虫歯よりも要注意。犬に多い口腔トラブルは歯周病!?

犬も環境次第で虫歯になってしまうことがあるということがわかりましたが、前述にもあるように、虫歯以上に犬の口腔トラブルで気を付けなければいけないものが“歯周病”です。

歯石や歯垢がついたまま放置されることによって、細菌から毒素が出て歯茎が炎症を起こし痩せてしまうこの歯周病。繰り返されるとやがて歯は抜け落ちてしまいます。
さらに悪化すると菌血症を引き起こし、心臓や肝臓などの臓器に障害がでてしまうことも。
日常的な歯磨きで、しっかりと歯周病を予防していきましょう。

犬の歯磨き方法

ステップ1:デンタルケアにゆっくりと慣れさせる

まずは、飼い主さんの指に犬用の歯磨きペーストやデンタルジェルを塗ってなめさせてあげましょう。数日かけて少しずつ口の中に指を入れていき、歯や歯茎をなでることによって口腔内のケアに慣れていくことができます。

⇒歯磨き(デンタルケア) 売れ筋ランキング・商品一覧
https://www.peppynet.com/shop/category/lists/10011/11040

ステップ2:ブラッシング

指を使ったデンタルケアに慣れてきたら、ブラシを使った歯磨きをやってみます。ブラシは、愛犬が嫌がらず、飼い主さんが磨きやすいものを選ぶと良いでしょう。嫌がる場合は無理強いすることなく、はじめのうちは数本の歯でも短い時間でも構いません。

ステップ3:歯と歯茎の間のブラッシング

ブラッシングに慣れてきたら、歯だけではなく歯と歯茎の間をブラッシングしていきます。ここが歯垢や雑菌がたまりやすい一番のポイント。しっかりとかき出せると良いですね。

また、歯磨きが難しい場合はデンタルガムを与えることも有効です。デンタルガムには歯磨き効果があり、噛むことで歯垢除去が可能に。歯磨きの時間が取れないときのケアにもおすすめです。

5.定期的に虫歯や歯周病のチェックを

定期的に虫歯や歯周病のチェックを

ブラッシングでの予防は理想的ですが、愛犬が嫌がってなかなかうまくケアできないこともあるかもしれません。口の中の状態を確認するだけでも口腔トラブルの早期発見につながります。

こんなところに注意して、定期的にチェックしてあげましょう。

  • 口の中からイヤな臭いはしていないか
  • 歯に穴が開いていないか
  • 歯が黄色や茶色に変色していないか
  • 歯茎が腫れて出血していないか

また、虫歯や歯周病にかかっていると、ごはんを食べるスピードが遅かったり、食べるのを嫌がったりすることがあります。食事の様子もしっかりと見てあげることが大切です。

6.動物病院での歯科処置

動物病院での歯科処置

虫歯や歯周病になってしまったら

どんなにケアをしていても、虫歯や歯周病になってしまうこともあるかもしれません。もしも愛犬に虫歯や歯周病の症状が見られたら、できるだけ早く獣医師に診察をしてもらいましょう。

動物病院ではまず口腔内のチェックをし、歯周病による出血や、痛みで食事をとることができないなどの症状が出ていた場合には、歯石除去や歯周ポケット内の掃除、ポリッシング(研磨剤を使って磨くこと)といった歯科処置が行われます。

これらは重度の歯周病では有効な治療ですが麻酔が必要となるため、やはりこうなる前に予防はしっかりとしておきたいもの。
獣医師からデンタルケアの指導を受けることもできるので、進行する前に早めの相談を心がけましょう。

虫歯や歯周病だけではない!犬のお口のトラブル

虫歯や歯周病以外にも、口の中に腫瘤(しこり)ができることがあります。がんなどの悪性のものや、あまり心配のいらない良性のものもあり、飼い主さんでは判断がつきません。

病気の進行が始まっていることによって出血し、そこではじめて飼い主さんが気がつくケースもありますので、動物病院での定期的な口腔チェックをおすすめします。

7.まとめ

決して油断できない犬の虫歯や歯周病。大好きなおいしいごはんをいつまでも元気に食べてもらうためにも、生活環境の見直しや定期的なデンタルケアで、愛犬の口内環境をしっかりと整えてあげましょう。

監修いただいたのは…

2018年 日本獣医生命科学大学獣医学部卒業
成城こばやし動物病院 勤務医
獣医師 高柳 かれん先生

数年前の「ペットブーム」を経て、現在ペットはブームではなく「大切な家族」として私たちに安らぎを与える存在となっています。また新型コロナウィルスにより在宅する人が増えた今、新しくペットを迎え入れている家庭も多いように思います。
その一方で臨床の場に立っていると、ペットの扱い方や育て方、病気への知識不足が目立つように思います。言葉を話せないペットたちにとって1番近くにいる「家族の問診」はとても大切で、そこから病気を防ぐことや、早期発見できることも多くあるのです。
このような動物に関する基礎知識を、できるだけ多くの方にお届けするのが私の使命だと考え、様々な活動を通じてわかりやすく実践しやすい情報をお伝えしていけたらと思っています。

獣医師 高柳 かれん先生

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす