ご優待様限定ポイントUP
ハロウィンキャンペーン

【獣医師監修】猫が吐く原因は?食べてすぐ吐いちゃう時の対策も紹介!

役に立ったらシェア!

猫が吐く原因は?食べてすぐ吐いちゃう時の対策も紹介!【獣医師監修】

吐く編

この「吐く」大丈夫?

「吐く」を引き起こす原因は様々

この吐くは大丈夫?

飼い主としては「何かの病気かもしれない!」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。猫は病気でなくても、よく嘔吐をする動物なので、大抵の場合は心配ないでしょう。しかし、嘔吐の仕方によっては、深刻な病気のサインであることもあります。吐く原因や危険度の見極め方を知って、慌てず適切に対処するようにしましょう。

猫が吐く原因は?

猫が吐く原因は、様子見していて問題のないケースと、すぐ動物病院に行くべき危険度の高いケースにわかれます。
様子見していて問題のないケースは、お腹が空いている時やドライフードを急いで食べた時、草を食べた後に吐いた時。この場合はあまり心配いらないでしょう。嘔吐物のほとんどが毛玉という場合も様子見していて大丈夫です。猫は自分の体をなめてグルーミングする動物ですので、飲み込んだ毛玉を吐き出した生理的なものだと考えられます。
一方、嘔吐物に異物や血液が混じっていたり、嘔吐を繰り返したりするのは危険度の高いケースです。すぐ動物病院に連れて行きましょう。慢性腎不全、すい炎、異物誤食による腸閉塞といった深刻な病気が隠れている場合があります。下記を参考に愛猫の嘔吐がどのタイプか見極めてください。また、歯周病や子宮蓄膿症など病気は多岐にわたりますので、診察時は下記のチェックリストで情報をまとめておきましょう。

吐くをよく見極めよう

食べたものを口から戻すことを「吐く」といいますが、猫が吐く原因はさまざまです。吐いた時は様子をよく観察しておきましょう。動物病院で受診する際に診断がつきやすくなります。

チェックリスト

□ 吐いたのは1回か、複数回か?

□ 吐いたときの状況は?(ガツガツ食べた後に吐いた。寝起きに吐いた。など)

□ 吐いたのは食後何分後か?

□ 吐いた物はなにか?(未消化のものか、胃液だけか、毛玉か、血液や異物の混入は?)

□ 吐いた後の様子は?(元気で食欲もある。苦しそうにうずくまっている。など)

□ 下痢など、嘔吐以外の症状を伴っていないか?

□ 異物や中毒性物質を口にした可能性は?

□ 体重は減っていないか?

□ 朝からどれくらい水を飲んだか?脱水ではないか?

□ 朝からどれくらい排泄(便・尿)をしたか?

□ 口を痛そうにしていないか?

□ 最後の発情期はいつきたか?(避妊手術をしていない場合)

…など

様子見していても大丈夫なケース

愛猫が吐くと、飼い主さんは心配のあまりうろたえがちです。しかし、猫は比較的よく吐く動物なので、吐いたからといって必ずしも病気というわけではありません。次のようなケースで吐いた後、元気で食欲もあれば様子を見ていてもかまわないでしょう。

ガツガツ食べて吐く

食欲旺盛な猫がガツガツ食べて、すぐに吐くことがあります。ドライフードを食べている猫に多く、食道で引っかかって吐いたものです。慌てて食べたものが未消化のまま吐き出されただけなので、吐いた後も元気。吐き戻したものを食べることもあります。

白い泡や黄色の液体を吐く

朝起きた時や食前に、白い泡のような液体や黄色い液体を吐くことがあります。 白い液体は胃液、黄色い液体は胆汁で、胃が空っぽで逆流してきたものです。 空腹が原因の場合が多いので、食事を小分けにして与え、食事間隔が開きすぎないようにしましょう。それでも改善しない場合は動物病院へ。

草を食べて吐く

草を食べて吐くことがよくあります。吐き気をもよおしたり、胃酸過多で胸やけを起こした時に草を食べて、胃の中に滞る食べ物や余分な胃酸を吐き出そうとしているのです。 胃の中に溜まっているものを出して気分がよくなるのだと思います。体に悪いものを排出しようとする生理現象ともいえるので、繰り返さなければ問題ありません。 ただし、植物の中には食べると中毒を起こす危険なものもあるので、猫草などイネ科の安全な草を用意してあげましょう。

毛玉を吐く

毛玉の固まりを吐き出すことがあります。これは猫がセルフグルーミング時に飲み込んだ抜け毛です。胃の中に溜まったままにしておくと毛球症になりかねないので、吐くのは悪いことではありません。ただし、頻繁に嘔吐を繰り返すと脱水や胃炎の原因になるので、 ブラッシングで抜け毛を除去したり、抜け毛を便と一緒に排出する毛玉ケア用フードなどを利用したりするといいでしょう。

サインを見逃さないで。
嘔吐で早期発見できる病気とは

次に嘔吐の中でも、危険度の高いケースを見ていきましょう。例えば、吐いた前後に背中を丸めてうずくまっているようなことはありませんか。腹痛を伴う場合は、すい炎や腸閉塞の可能性があります。嘔吐している様子をスマートフォンで動画撮影しておくと診断の手がかりになります。便の様子も見てみましょう。下痢・発熱・痙攣などの症状が伴う場合は感染症や中毒が疑われます。便をビニール袋などに入れるか、難しい場合はスマートフォンで撮影して動物病院に持参しましょう。さらに、嘔吐物も観察してください。異物や出血が見られたり、便のニオイがしたりする場合は腸閉塞の可能性があります。嘔吐物をビニール袋などに入れて動物病院に持参しましょう。また、異物の混入や激しい下痢が見られなくても、食欲不振や体重減少が伴う場合は慢性腎不全やすい炎が疑われます。「おかしいな」と思ったらすぐ獣医師に相談しましょう。
嘔吐は病気を早期発見する方法の一つですが、日頃からよく観察し、体を触って、変化を敏感に察知できるようにしておくことが何より大切です。毎日のお世話を通じて、排泄物(尿・便)に異変はないか、飲水量の激しい増減はないか、食い散らかした形跡がないか、無くなったものはないかなどをチェックしておきましょう。どんなに観察していても病気の中には初期症状がわかりにくいものもあります。定期的な診察や予防注射は欠かさず受けるようにしてください。

危険なケースは、すぐに動物病院

吐く原因で最も多いのは消化器疾患ですが、時には消化器以外の病気の可能性もあります。 次のような危険なサインが見られたらすぐ動物病院に連れて行きましょう。

繰り返し吐く

一度吐いただけで、他に下痢などの症状もなく元気な場合は、半日から1日絶食・絶水を。その後、何もなければ大丈夫でしょう。嘔吐への対応は、絶食と絶水で様子を見ることが基本です。繰り返し吐くようなら、消化器系の病気、異物の誤食、毒物による中毒、ウイルス性感染症などの疑いが。慢性的な嘔吐や下痢を繰り返すものには、炎症性腸炎(IBD)と呼ばれる厄介な病気もあります。

腹痛を伴う

苦しそうに背中を丸めてうずくまっている時は、腹痛の可能性。

嘔吐物に血が混じっている

血が混じっている場合は要注意。重い潰瘍や腫瘍では、出血で嘔吐物がコーヒー色になっていることも。

嘔吐物に異物が混じっている

おもちゃの破片や植物など、食事以外の異物が混入している場合は要注意。特に猫はひもや糸、ボタン、ビニールなどの誤食が多いようです。最悪、開腹手術が必要になることも。

嘔吐物が便のニオイがする

嘔吐物に便臭がする場合は、腸閉塞を起こしている疑いが。猫の細い小腸に異物などが詰まって、腸の内容物が大腸方向へ流れなくなっている状態です。

下痢、発熱、痙攣など、他の症状を伴う

下痢、発熱、ショック症状など、嘔吐以外にも激しい症状を伴う場合は、極めて緊急性大。ウイルス性感染症や中毒などの可能性も。猫はセルフグルーミングの習慣があるため、体についた除草剤や殺虫剤などの化学物質をなめ取って中毒を起こすこともあります。

こんなにある、原因となる病気

由来する病気によっては、吐く以外にもさまざまな症状を伴います。嘔吐以外の症状にも注意が必要です。

◆ 食事の問題、胃内のトラブル

急いで食べた、食事内容を急に変えた、異物を食べたなど。また、胃炎、胃潰瘍、腫瘍、幽門部の狭窄、胃捻転、誤食による異物など。

吐物に混じる血液や異物に注意

◆ 小腸のトラブル

慢性腸炎、腸捻転、誤食による異物、寄生虫など。

異物による腸閉塞が起これば緊急手術に

◆ 腹腔内のトラブル、代謝性疾患

すい炎、腹膜炎、腫瘍など。また、腎不全、肝不全、糖尿病、副腎皮質機能低下症など、代謝性疾患に伴うもの。

「多飲多尿」などの特徴的な症状も

◆ 薬物や中毒性物質

農薬・殺虫剤・殺鼠剤などの薬物、ネギ類・チョコレート・毒性のある植物などの猫にとって中毒性物質を口にしたことによるもの。

中毒物質によっては「痙攣」などの神経症状も

◆ ウイルス性感染症

猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)、猫白血病ウイルス感染症などの感染性によるもの。

「発熱」や「下痢」を伴うことが多く子猫はとくに要注意!

◆ 自己免疫疾患(炎症性腸疾患)

炎症性腸疾患(IBD)は、嘔吐・下痢、食欲不振などが慢性的に続き、徐々に衰弱していく、猫の代表的な胃腸炎の一つ。

低アレルゲンの食事療法や、免疫抑制剤の投与で炎症を抑制

◆ 食道のトラブル

嘔吐ではなく、食べたものが胃に届く前に吐き出してしまう「吐き出し」を繰り返す場合は、食道のトラブル(食道拡張症、腫瘍、異物など)が考えられる。

吐き出しを繰り返す場合は病院へ

まとめ

嘔吐は、猫において大変よく認められる症状の一つです。また、その原因も毛玉を吐くような生理的なものから、腫瘍のように今すぐ動物病院での診察が必要なものまで多岐にわたります。常日頃からよく観察を行い、触れてあげて、何かおかしいと感じられたら、できるだけ病院で診察を受けるようにしてください。「大丈夫かな」と思われる嘔吐でも、一度診察しておくと安心だと思いますので、遠慮なく来院してください。

お話を伺ったのは…

みゅう動物病院・院長
本田 善久先生

獣医師として病気の治療はもちろん、各種予防、1日ドック、しつけ教室などのトータルケアーをめざす『みゅう動物病院』の院長。猫の専門性の高い知識と質の高い医療を提供する「キャットフレンドリークリニック認定」を受け、猫にやさしい診療を行っています。

みゅう動物病院・院長 本田 善久先生

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす