役に立ったらシェア!

猫のトイレトレーニング注意点!適切な置き場所やおすすめの猫用トイレも

猫のトイレトレーニング注意点!適切な置き場所やおすすめの猫用トイレも

028:猫トイレ

猫を飼い始めて、トイレのトレーニングはどうすればよいのか詳しく知りたい方も多いと思います。
そこで今回は、猫のトイレトレーニングのコツやトイレの置き場所、おすすめトイレやトイレグッズを厳選してご紹介します!

 

目次

猫のトイレトレーニングのコツ

028:猫トイレトレーニング

 

ここでは、猫のトイレトレーニングにおけるポイントやコツをご紹介します。
猫の本能や性質をしっかりと理解し、愛猫に負担がかからないようなトイレトレーニングができるように、準備をしましょう。

 

トイレのサインをチェック

 

愛猫が床の臭いをしきりに嗅ぐ、グルグルと落ち着きなく動く、床を掘るような仕草を見せたら、それはトイレをしたくなったサインです。トイレに誘導し、砂の上に乗せてあげることでスムーズに排泄ができます。特に寝起きや食後、飲食後、たっぷり遊んだ後は、トイレのサインに注意してみましょう。  

   

粗相をしたらすぐ掃除

 

粗相をしてしまった場合はすぐに掃除をしましょう。トイレではない場所に臭いが残ると、その場所をトイレと勘違いしてしまう可能性があるからです。 トイレを失敗してしまう原因には泌尿器系のトラブルの可能性も考えられます。まずは、健康上の問題が無いか獣医師へ相談するのがよいでしょう

去勢不妊手術をしていない場合は、トイレ以外の場所でマーキング(スプレー行為)をする可能性もあります。マーキングは、部屋の入口や、よく飼い主さんや猫が通る場所にする傾向にあります。マーキングには縄張りを示す役割や、繁殖期にメスを惹き付ける役割がありますので、もしトイレが上手くいかなくても叱ってはいけません。上手くできたときに褒めてあげることが大切です。

その他、トイレの場所や容器、トイレ砂の種類や汚れが原因の場合もあります。トイレは普段から清潔に保ち、なるべく毎回排泄物を取り除き、取り残しがないかしっかりと確認しましょう。  

 

トイレの大きさは大きめに

 

トイレは猫の体より大きいものを選びましょう。目安としては、猫の体の約1.5倍程度。一回り大きいものを選ぶことで、体の向きを自由に変えられ、リラックスしてトイレをすることができます。

また、トイレ砂を使用する場合には、砂かきができるよう、深さのあるものを選ぶと良いです。さらに、屋根がない方がよりリラックスしてトイレができることもあります。なかなかトイレで排泄してくれない場合には、大きさや深さ、形状を確認してみてください。

好みのタイプの砂に

 

トイレ砂には様々な種類があり、それぞれ材質や粒の大きさが異なります。猫によって好みが分かれたり、お手入れの頻度で使いやすい砂も変わります。それぞれの猫の性格に合ったものや、ライフスタイルで選ぶと良いでしょう。

排泄後に砂かきをするのは、満足しているというサインです。お気にいりの砂かどうか、判断基準にしましょう。

一般的に、猫はトイレに対してこだわりが強いと言われています。気に入らない砂の場合はトイレの外で粗相をしたり、トイレを我慢する場合もあります。トイレを満足にできないと、膀胱炎や尿管結石の原因にもなりかねません。適切なトイレ砂を選ぶことで、猫の健康をサポートしましょう。  

猫のトイレの置き場所はどこがよい?

028:猫置き場所

猫がリラックスしてトイレができるようにするためには、置き場所も重要です。落ち着いてトイレができるよう、静かな場所に置いてあげましょう。ただし、トイレを清潔に保つためにも、ある程度飼い主さんの目が届く場所に置くようにしましょう。風通しが良く、快適な気温を保てる場所がおすすめです。猫の食事場所周辺や、人通りの多い場所は避けた方がよいでしょう

多頭飼いの場合、他の猫が排泄したトイレでは、排泄しない猫もいます。1個トイレが汚れてしまっても、他のトイレに行けるよう、トイレの数は猫の数+1個以上が理想です。また、1頭だけの場合でもトイレが2個あると、より快適に排泄をすることができます。飼い主さんにとっては掃除が面倒に思うかもしれませんが、愛猫が快適に排泄をし、健康でいられるためにも用意をしてあげましょう。

猫におすすめのトイレ3選

 

初めてのトイレは、どんなものにすればよいのか迷う方も多いと思います。ここでは、おすすめの猫用トイレを厳選して3つ、紹介します。

 

 

リターボックス

028:リターボックス

 

「リターボックス」は、猫が出入りしやすい入口の高さと、ゆったりくつろげるサイズが魅力のトイレです。入口は、猫がまたぎやすい約16.5㎝。側面の高さがあるためトイレ砂の飛び散りを抑える効果が期待できます。 大きめのサイズ(幅44.7×奥行56.6×高さ40.6cm)なので、ゆったりとトイレができるでしょう。さらに、持ち手付きなのでトイレ砂をこぼさず捨てられるのも嬉しいポイント。汚れたら丸洗いもOKです!  

≫「リターボックス」の詳細はこちら

 

 

ウィークリートイレ

028:ウィークリートイレ

「ウィークリートイレ」は、その名の通り、1週間シーツとトイレ砂の取り替えが不要の便利なトイレ。極厚の消臭・抗菌シーツが約1週間分の尿を吸収する仕組みで、いつも快適、お掃除も簡単です。サークル内に納まるコンパクトなトイレになっています。専用のシリカ砂が消臭しながら尿を通過させ、厚型シーツでしっかり吸収しニオイを閉じ込めます。

≫「ウィークリートイレ」の詳細はこちら≪  

 

 

ラプレ 壁高ネコトイレ

028:ラプレ

「ラプレ 壁高ネコトイレ」は、高さ31cmの壁が付いたトイレ。トイレ砂の飛び散りをしっかりガードできます。入口高さは14cmと低めなので、子猫やシニアの子にもおすすめ。出入り口には砂落としステップ付きで、猫の足裏に付いた砂の飛び散りを防ぎます。

≫「ラプレ 壁高ネコトイレ」の詳細はこちら≪

トイレと一緒に使うと便利なグッズ

ここでは、トイレと一緒に使える便利なグッズを紹介します!ぜひ活用して、愛猫のトイレ環境をより快適なものにしましょう。

 

 

砂ガードマット

028:砂ガードマット

「砂ガードマット」は、細かいトイレ砂をメッシュでキャッチするマットで、砂の飛び散りを防ぎます。マット内部にたまったトイレ砂は簡単にトイレに戻せて経済的。猫の足に優しい柔らか素材なのも嬉しいポイント。

≫「砂ガードマット」の詳細はこちら≪

 

 

ターフマット

028:ターフマット

「ターフマット」は、砂落としマットで、約1cmの特殊パイルがトイレ砂をキャッチしてくれます。粗相も安心の防水加工で床に尿を通さないのも嬉しいポイント。アンモニア消臭繊維ディスメルを使用し、抗菌加工も備えているので清潔に保てます。

≫「ターフマット」の詳細はこちら≪

 

 

幅が変わる砂ガード

028:幅が変わる砂ガード

「幅が変わる砂ガード」は、トイレ用ガードで、飛び散る砂やおしっこを高い壁でしっかりガードしてくれます。サイズ調整も簡単で、トイレは縦置きも横置きもできるのが嬉しいアイテム。プラスチックダンボール製なので、水をはじきやすくお手入れも簡単です!

≫「幅が変わる砂ガード」の詳細はこちら≪

まとめ

今回は、猫のトイレトレーニングのコツや知っておきたいポイント、おすすめのトイレやいっしょに使うと便利なグッズについて紹介しました。

一般的に猫はトイレへのこだわりが強いため、健康管理のためにも愛猫が気に入るトイレや環境を整えることが重要です。今回解説した内容を参考に、愛猫に合った快適なトイレ環境を整えていきましょう。

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす