役に立ったらシェア!

犬の名前の付け方は?名付けのヒントとなる7つの要素と実例

犬の名前の付け方は?名付けのヒントとなる7つの要素と実例

愛犬はこの先ずっと一緒に暮らしていく大切な家族なので、素敵な名前を付けたいと思っている方は多いでしょう。

そこで今回は、これから犬を迎えようと考えている方に、犬の名付けのヒントとなる7つの要素とその実例をご紹介します。先輩飼い主さんの名付け方法を参考にして、思いを込めた素敵な名前を付けてあげましょう。

名付けのヒント1:毛色や身体の特徴

先輩飼い主さんが、名付けの際に最もヒントとしているのは、毛の色や身体の特徴です。アンケート結果によると、男の子・女の子ともに毛の色や身体の特徴をもとに名前を付けた方が多く、人気です。

具体的には、毛の色が白い子に「シロ」や「白子(シラコ)」、茶色いから「チャチャ」、黒いから「クロ」などの名前が付けられています。

また、身体の特徴からヒントを得て、毛がモコモコしているので「モコ」、目がクリクリしていてまん丸なので「まる」などの名前を付けている飼い主さんもいます。

他には、「コロコロ」や「コロ」、「ポム」や「シバお」などが見られました。毛の色や身体の特徴からヒントを得ると、名前を考えやすく、覚えやすいのではないでしょうか。「パグ」や「マルチーズ」、「チワワ」といった犬種名を、そのまま名前にしている方もいるようです。

名付けのヒント2:スイーツ/食べ物

スイーツ/食べ物由来の犬の名前

先輩飼い主さんが名付けの際に2番目にヒントとしているのが、スイーツや食べ物です。男の子・女の子ともに2番目の多さでした。割合を見てみると、特に20代以下や30代の方が、スイーツや食べ物をヒントにする傾向があります。

スイーツや食べ物をヒントとする際には、毛の色が名付けに影響を与えていると考えられます。具体的には、毛の色が白色(ミルク色)なので「ミルク」、茶色(ココア色・チョコ色)なので「ココア」や「チョコ」などがありました。

ちなみにアンケートでは、「ちょこ」が男の子の名前としてランキング1位に輝きました。

他には、「ポテト」や「ココナッツ」、「ミント」や「みかん」などの名前が付けられています。

名付けのヒント3:生まれた/迎え入れた季節

生まれた/迎え入れた季節の犬の名前

 

犬が生まれた季節や迎え入れた季節からヒントを得て、名前を付けている先輩飼い主さんもいます。特に、女の子に、生まれた/迎え入れた季節をもとにした名前を付けている方が多いようです。年代で見ると、他の年代よりも50代以上の方が、季節からヒントを得ているようでした。

具体的には、4月に生まれたから「さくら」や「チェリー(チェリーブロッサムより)」という名前にしたという飼い主さんがいます。また、「あき」や「ひまわり」、「ハル」や「あゆ」などの名前も見られました。生まれた季節や迎え入れた季節をもとに名前を付けると、その季節が特別なものに感じられるのではないでしょうか。

名付けのヒント4:花や植物

花や植物の犬の名前

自分が好きな花や、植物にちなんだ名前を付けている先輩飼い主さんもいます。男の子よりも女の子への名付けで参考にしている方が多く、割合で見ると50代以上の方が特にヒントを得ているようでした。

たとえば、蓮の花が大好きな方が蓮(れん)をもじって、「レオ」と名付けている実例があります。ある方は好きな植物が四つ葉のクローバーで、「クローバー」と名付けている方もいました。「幸せな子になるように」という、縁起の良い願いが込められているようです。 犬の名付けには、さまざまな背景やストーリーがあることが分かります。

他には、「華」や「ハナ」、「さくら」や「ジャスミン」などが見られました。花言葉や植物が持つイメージの中から、縁起の良いものを選ぶというのも、名付けの方法として考えられるでしょう。

名付けのヒント5:自然のもの

天気や自然現象などの自然のものから着想を得ている方もいます。男の子と女の子の割合では、女の子のほうが少し多く、年代別の割合では、20代以下の方が多いという結果になりました。

ある先輩飼い主さんは、犬を迎えようと思った時の空がとても晴れていて、「そら」という名前を思いついたそうです。

「そら」の他には、「ファイヤー」などの名前もありました。また、同じ「そら」という名前でも、「空」や「空良」といった漢字の使い方によって、オリジナリティを出している方もいます。名付けで迷った際は、使いたい漢字から先に考えるというのも、1つの方法でしょう。

名付けのヒント6:連続した文字の名前(二文字)

呼びやすさや響きの良さを重視して、連続した二文字の名前を付けている先輩飼い主さんもいます。女の子の割合がやや多く、年代別で見ると、特に50代以上の方が連続した二文字の名前を付ける傾向にあるようです。

たとえば、「ぺぺ」や「ナナ」、「ココ」や「るる」などがあります。漢字を用いて、「樹々(キキ)」という名前を付けている方もいます。名前がなかなか思いつかない場合は、さまざまな連続した二文字を声に出してみて、呼びやすさで決めてもいいでしょう。

名付けのヒント7:犬の原産国由来(和風、フランス語、英語、ドイツ語)

原産国由来の犬の名前

中には、犬の原産国由来の名前をつける先輩飼い主さんもいます。

たとえば、日本の犬なので日本らしい和風の名前、フランスの犬なのでフランスらしいフランス語を用いた名前などが見られました。人間への名付けと、感覚が少し似ているのかもしれません。

フランス語や英語、ドイツ語などを取り入れることで、おしゃれで少し珍しい名前が付けられるのではないでしょうか。

具体的には、和風な「コタロウ」や「太郎」、フランス語の「マカロン」、ドイツ語で幸福という意味がある「グリュック」、英語で幸福という意味を持つ「ハッピー」などがあります。和風な名前でも、あえて「jiro」とローマ字を使っている方もいるようです

まとめ

犬の名前には、飼い主さんたちのさまざまな思いが込められています。犬の見た目から着想を得た方もいますし、自分が好きな食べ物や花からヒントをもらっている方もいます。名付けのヒントとなるものは、身の回りにたくさんあるので、さまざまな視点から考えてみてください。

意味を重視するのではなく、どちらかというと呼びやすさで名前を付ける方もいます。犬の名前は何度も呼ぶ大切なものなので、声に出したときの音の響きで絞り込むのもいいでしょう。

また、どのような名前が多いのか知りたい方は、犬の名前ランキングもぜひ参考にしてみてください。

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす