もう一度考える、愛猫を守る防災準備

もう一度考える、愛猫を守る防災準備
NPO法人 ANICE(アナイス) 代表 平井潤子さん

地震をはじめ台風や火山の噴火など、 いつどこで災害が起こるかわからない現在。避難グッズをそろえる、避難場所や経路を確認する、といった備えをされている方も多いと思います。
でも、それだけの準備を していても「実際に災害が起こった時にはどうなるんだろう。」という不安は、ぬぐいきれません。
そんな漠然とした不安を少しでも減らすには、どんな事前準備が必要か、いっしょに考えてみませんか?

もし被災したらどうなるの?

自分の生活に照らし合わせ、家族で考える。それが防災への備えの第一歩。

備えをするには、「被災したらどうなるのか。」ということを、具体的にシミュレーションしてみる必要があります。
ー人ー人、家族ごとに必要な事は異なります。自分たちに合わせて、アレンジ、カスタマイズすることが大切です。

「ソフト=方法や考え方の備え」と「ハード=物の備え」。

ソフト(方法や考え方)

待ち合わせ場所や連絡方法を具体的に決めておく。

大規模災害発生時の避難所は、大勢の人でごった返していて、家族と会えないことも あります。東日本大震災では同じ学校に避難していた親子が出会えたのが、避難して 1日以上経ってからだったというケースもあったそうです。「○○小学校の体育館の入口」など具体的な場所を決めて、事前に家族で下見しておきましょう。

キャリーバッグに慣れておく。

避難の際にも必要ですが、避難所での生活でもハウスとして役立ちます。
キャリーは 安心できる場所、とふだんから慣れておくと、猫のストレスを軽減することができます。

できれば室内飼育を。

避難しようという時に、猫が外にいるといっしょに逃げることができません。
また屋外での生活は感染症に羅るリスクが高くなります。

愛猫の健康管理、ワクチン接種をしておく。

避難所のような多くの犬や猫が生活する場所では、感染症が広がることが 心配されます。
愛猫を守る、感染を拡げないために、ワクチン接種は必要です。

繁殖制限の検討。

飼い主とはぐれて放浪する動物たちが、繁殖して数を増やすことは、どの災害発生時にも問題になります。
望まない妊娠、出産を防ぐために考えておきたいところです。

ハード(物の備え)

自宅の防災対策を見直す。

地震で家具が到れた時、愛猫のベッドやサークルが、 下敷きになる位置に置かれていないか、など見直してみましよう。

必要だと思う物資を揃えてみて、優先順位をつける。

必要な物をそろえてみると、「量が多すぎて運び切れない!」となるかもしれません。 そんな時は優先順位をつけて。薬や療法食など、災害時にすぐに入手するのが難しくなるもの、命や健康に関わるものは優先順が高くなります。

準備しておきたいもの

近所の人や飼い主同士で助け合う準備

「公助」が動き始めるまでには時間がかかります。日頃から助け合えるコミュニティを作っておくことは、ものの備えをしておくことと同様に大切なことなのです。 たとえば、こんな「共助チーム」ができると心強いですね。

不在時にペットの様子を見に行ってもらえたり、避難生活でフードを分け合ったり、ペットを預かり合ったり、助け合いの輪が広がります。

「共助」の力で支え合った白馬村

2014年長野県神城断層地震の被害を受けた白馬村では、避離所の選営がとても円滑に行われました。もともと地域のコミュ二ティがしっかりしていて、住民同士の助け合いによって、死者が1人も出なかったことは二ュースでも取り上げられましたが、同行避難したペットへの対応も素晴らしいものでした。 住民同士がよく知っているので、避難所のペットにも好意的で、目立ったトラブルもなく、話し合いによってペットの居場所を決めたり、交代で犬の散歩に行ったり、という「助け合い」が自然と行われていました。

PEPPY'S OPINION

「物の備えよりも大切かもしれない、共助の仕組み」

災害時の備えでは、避難グッズの準備ばかりに捉われてしまいましたが、お話しをきくうちに「周りと助け合える関係を作っておくことは、避難グッズを完璧にしておくことよりも大切なのでは。」と考えるようになりました。「共助」が実現できる関係を目指して、取り組んでいかなければ、と痛切に感じました。

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす