もう一度考える、愛犬を守る防災準備

もう一度考える、愛犬を守る防災準備
NPO法人 ANICE(アナイス) 代表 平井潤子さん

地震をはじめ台風や火山の噴火など、 いつどこで災害が起こるかわからない現在。避難グッズをそろえる、避難場所や経路を確認する、といった備えをされている方も多いと思います。
でも、それだけの準備を していても「実際に災害が起こった時にはどうなるんだろう。」という不安は、ぬぐいきれません。
そんな漠然とした不安を少しでも減らすには、どんな事前準備が必要か、いっしょに考えてみませんか?

もし被災したらどうなるの?

自分の生活に照らし合わせ、家族で考える。それが防災への備えの第一歩。

備えをするには、「被災したらどうなるのか。」ということを、具体的にシミュレーションしてみる必要があります。
ー人ー人、家族ごとに必要な事は異なります。自分たちに合わせて、アレンジ、カスタマイズすることが大切です。

「ソフト=方法や考え方の備え」と「ハード=物の備え」。

ソフト(方法や考え方)

■家族と無事に出会うために、待ち合わせ場所や、連絡の取り方を具体的に決めておく

大規模災害発生時の避難所は、大勢の人でごった返していて、家族と会えないことも あります。東日本大震災では同じ学校に避難していた親子が出会えたのが、避難して 1日以上経ってからだったというケースもあったそうです。「○○小学校の体育館の入口」など具体的な場所を決めて、事前に家族で下見しておきましょう。

■愛犬といっしょに、安全にマナーを守って過ごせる準備を。

社会化できている。

家族以外の人や他の犬と仲良くでき、社会に適応するために必要な社会性を身につけることを「社会化」といいます。社会化ができていると、飼い主とはぐれて保護される時にも避難所で暮らす時にも、受け入れられやすくなることはもちろん、わんちゃんのストレスも少なくなります。

クレートトレーニングができている

避難所や動物保護シェルターでは、クレートやケージに入る機会が多くなります。クレートトレーニングができていないと、慣れないクレートやケージに入れられることが不安やストレスになってしまいます。クレートやケージが「落ちつける場所」と感じられるようにトレーニングすることは、災害時だけでなく、動物病院での入院やペットホテルに預ける場合にも役立ちます。

クレートトレーニングのやり方

ケージの中にフードを入れるところを見せて、扉を閉じます。

フードの香りがケージに広がったら、扉を開けます。

クレートの中やそばで食事を与えたり、遊んだりすると、クレート=楽しい場所、と印象付けられます。

愛犬の全身がケージに入ったら、褒めてごほうびをあげましょう!

少しずつ扉を閉めて慣れさせてあげましょう。扉を開ける前に「ハウス、えらいね」と褒めながらご褒美をあげて、扉を開けてあげましょう。罰として閉じこめると、クレートのことを嫌いになってしまいますので、注意してくださいね。

ワクチン接種で愛犬を守ろう

避難所のような多くの犬や猫が生活する場所では、感染症が広がることが 心配されます。
愛犬を守る、感染を拡げないために、ワクチン接種は必要です。
災害時だけでなく、動物病院での入院やペットホテルに預ける場合にも役立ちます。

繁殖制限の検討。

飼い主とはぐれて放浪する動物たちが、繁殖して数を増やすことは、どの災害発生時にも問題になります。 望まない妊娠、出産を防ぐために考えておきたいところです。

同行避難とは

これまでの大規模災害の経験から、2013年に環境省による「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」が制定され、避難が必要な災害が発生した場合、飼い主はペットをいっしょに連れて避難することが推奨されています。同行避難するには、ペットが社会の一員としての適性をもつべきであることを認識し、必要なしつけや健康管理を行う必要があります。また同行避難をしても、必ずしも避難所にペットを同伴できるということではありません。
避難所で生活をする人たちに、注意をうながすための張り紙

ハード(物の備え)

安全を確保するために、自宅の防災対策を見直す。

その部屋がそこにいる人にとっても安全であることが第一です。家の中に危険な場所はないか、もう一度確認してみましょう。

必要だと思う物資を揃えてみて、優先順位をつける。

一度必要な物を揃えてみましょう。「量が多すぎて運び切れない!」となるかもしれません。 そんな時は優先順位をつけて。薬や療法食など、災害時にすぐに入手するのが難しくなるもの、命や健康に関わるものは優先順が高くなります。

準備しておきたいもの

人の避難用品でペットの避難に役立つもの

物資の保管場所にもひと工夫

薬や療法食などの優先順位の高いものは、人の持ち出し品と一緒にしておくことも。また持ち運びが大変なケージやペットシーツなどは、ガレージや車の中など、後からでも持ち出せる場所に保管しておくのもおすすめです。

避難所での工夫

ダンボールの手作りハウスの側に、犬の名前と飼い主の居場所などが掲示されています。ガムテープと油性ペンがあれば簡単に作成できますね。

近所の人や飼い主同士で助け合う準備

「公助」が動き始めるまでには時間がかかります。日頃から助け合えるコミュニティを作っておくことは、ものの備えをしておくことと同様に大切なことなのです。 たとえば、こんな「共助チーム」ができると心強いですね。

不在時にペットの様子を見に行ってもらえたり、避難生活でフードを分け合ったり、ペットを預かり合ったり、助け合いの輪が広がります。

「共助」の力で支え合った白馬村

2014年長野県神城断層地震の被害を受けた白馬村では、避離所の選営がとても円滑に行われました。もともと地域のコミュ二ティがしっかりしていて、住民同士の助け合いによって、死者が1人も出なかったことは二ュースでも取り上げられましたが、同行避難したペットへの対応も素晴らしいものでした。 住民同士がよく知っているので、避難所のペットにも好意的で、目立ったトラブルもなく、話し合いによってペットの居場所を決めたり、交代で犬の散歩に行ったり、という「助け合い」が自然と行われていました。

円滑な避難生活のために

愛犬は家族であり大切な存在ですが、避難所のような共同生活や、密接した仮設住宅では動物が苦手な人も。人と動物が一緒に暮らすには、苦手な人への「配慮」や「思いやり」も必要ですね。

棲み分ける

動物が苦手な人、アレルギーのある人に配慮が必要です。
●「飼い主と動物」のエリアと、「動物と一緒にいられない人」とのエリアを分ける。
●人と動物との居場所を分ける。
※「棲み分け」…アナイスでは避難所で生活する上で、人や動物とが居場所を分けることを「棲み分け」(アナイス環境部会・金巻とも子 発表論文より)と表します。

動線を分離する

動物と人の出入り口を分け、避難所内の動線が交差しないように。

「がんばっぺぇ~人も犬も負けねぇ~ぞぉ~」

福島県三春町の仮設住宅の犬舎。犬の鳴き声が問題になったことから、ボランティアと飼い主が協力し、住居から少し離れた場所に犬舎を作り棲み分けを行いました。壁面には地元高校の美術部の生徒たちが応援メッセージをペイントしました。

PEPPY'S OPINION

「物の備えよりも大切かもしれない、共助の仕組み」

災害時の備えでは、避難グッズの準備ばかりに捉われてしまいましたが、お話しをきくうちに「周りと助け合える関係を作っておくことは、避難グッズを完璧にしておくことよりも大切なのでは。」と考えるようになりました。「共助」が実現できる関係を目指して、取り組んでいかなければ、と痛切に感じました。

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす