役に立ったらシェア!

猫が甘噛みする理由とは?甘噛みしたときの対応についても解説

猫が甘噛みする理由とは?甘噛みしたときの対応についても解説

050:猫 甘噛み

猫とじゃれていたら、かぷっと軽く噛まれてしまうことがあるのではないでしょうか?時々、痛みを感じる程度に噛まれてしまうなんて事もありますよね…。猫は本能から、よく甘噛みする生き物です。

今回は、猫が甘噛みする主な理由や、甘噛みされた際の対応について解説します。強く噛まれてけがをしないためにも、正しい知識を得ておきましょう。

目次

猫の甘噛みとは?

猫の甘噛みとは、歯を立てて軽く噛む行為を指します。一般的には皮膚を傷つけない程度の噛み具合です。口を完全に閉めない噛み方で、何度も口を動かしながら噛むこともあります。しかし、エスカレートしてガブっと噛まれてしまう、なんてこともあるでしょう。

猫が甘噛みするのにはさまざまな理由があります。猫と気持ちよく暮らしていくためにも、猫が甘噛みする理由を知っておきましょう。

猫が甘噛みする理由とは?

050:猫 甘噛み 理由

ここでは、猫が甘噛みする主な4つの理由について解説します。

・甘えたい
・かまってほしい、遊びたい
・歯がかゆい
・発情期

甘えたい

猫が甘噛みする理由の1つとしてよく挙げられるのが、甘えたいという感情の表れです。愛情表現として甘噛みをする猫も多くいます。目を細め、リラックスした様子での甘噛みや飼い主さんを見つめながらの甘噛みは甘えたい場合が多いでしょう。

甘えたいときの甘噛みは、おっぱいを吸っていた時の名残ともいわれています。ストレスから甘えたい気持ちを表現することもあるため、猫にストレスが溜まっていないか、様子を見てあげましょう。

かまってほしい・遊びたい

甘噛みは、ストレスがたまっていて遊びたいという気持ちの表れである場合もあります。かまってあげることで収まったり、回数が減っていく可能性も考えられるでしょう。

かまってあげないでいると、飼い主さんが気づいていないと思い、より強く噛んでくることもあるので注意しましょう。

歯がかゆい

猫は生後数か月の、子猫の歯が生え変わるタイミングで歯がかゆくなる特徴があります。歯のかゆみを解消するため、飼い主さんを甘噛みして解消しようとします。対策として、噛んでも問題ないおもちゃを与えるのがおすすめです。

 

おすすめのおもちゃ:オーマロー| 猫用おもちゃ

 

050:オーマロー| 猫用おもちゃ

幼少期から安心して使用できる歯にやさしいおもちゃです。歯磨き効果もあるので、歯磨きが苦手な猫にもおすすめ。見た目もかわいらしく、洗濯機で丸洗いが可能なので衛生面も安心です。

≫歯磨きおもちゃの詳細はこちら≪

発情期

オス猫は、発情期にメス猫の首を噛んで動きを抑える「ネックグリップ」という行為を行う生き物です。その本能が出てしまい、飼い主さんを甘噛みしている可能性があります。もし、発情が原因の場合、去勢手術をすると収まる傾向にあります。

甘噛みされたら

甘噛みされたときの対応としては、まずは落ち着かせてあげることが大切です。一度無視して、猫が興奮するような刺激を与えないのも1つの手です。

かまってほしいが故の軽めの甘噛みの場合は欲を満たしてあげるため、数分など短い時間遊んであげるとよいでしょう。また、痛いほど強く噛まれた場合は、そっと手を隠しましょう。決して怒ったり、叩いたりしてはいけません。

子猫の時に手にじゃれてくるのを「かわいい」とそのまま遊んでいると、成長と共に攻撃性が強まり噛み癖につながる場合があります。噛んでも良いおもちゃを与えてエネルギーを発散させましょう。

≫猫と遊んで甘噛み解消!おすすめ猫用おもちゃを見る≪

まとめ

今回は、猫の甘噛みの理由や対応について紹介してきました。猫が甘噛みする理由はかまってほしい気持ちや愛情表現、発情期、歯がかゆいことなど様々な理由があります。

遊んであげると解消される場合や、時期が過ぎれば解消することがあります。噛み癖に繋がらないように、また飼い主さんがけがをしないためにも、甘噛みの原因を理解し、正しく対処していきましょう。

 

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす