役に立ったらシェア!

猫に好かれる人・嫌われる人の行動や特徴とは?

猫に好かれる人・嫌われる人の行動や特徴とは?

049:猫好きな人 嫌いな人

猫に好かれたい、どうしたら好かれるのか知りたい!という方もいらっしゃるでしょう。猫に好かれる人、嫌われる人には特徴があります。

今回は、猫が嫌がる人の行動や振る舞い、猫に好かれやすい人の特徴についても解説していきます。

目次

猫が嫌う人の特徴

まずは猫が嫌う人の特徴や行動をみていきましょう。これからご紹介する行動や振る舞いに心当たりはあるでしょうか?

しつこく触る・無理に抱っこする

猫は、かまってほしい時、ほしくない時がはっきりおり、猫のペースを崩すと嫌われてしまうことがあります。

かわいいがゆえにしつこく触ってしまったり、長時間抱っこしてしまったり方も多いのではないでしょうか。嫌がっているのに無理にかまうのは猫に嫌われる大きな原因ですので、気を付けてみましょう。

大きな声を出す

猫は音を立てない生き物ですので、大きな音に警戒する習性があります。大きな声で話す人や、大きな音を立てる人には警戒心を抱きやすいです。また、男性の低く響く声にも警戒することがあります。大きな声で話しかけたり、急に大きな音を立てないように意識してみましょう。

追いかける

かわいいからといって、猫を追いかけるのはNG行為です。猫にとって、追いかけられるのは大きな恐怖です。嫌われるどころか、多大なストレスを与えてしまう原因にもなるので避けるべきです。

特に、子どもは猫を追いかけてしまうことも多いため、飼い主さんは猫にストレスが溜まらないよう、注意してみておきましょう。

猫に好かれる人の特徴

猫に好かれる人の特徴や行動について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ゆっくり落ち着いている

素早い動きは、時に猫を刺激したり、怯えさせる原因になります。猫と歩み寄りたい時は、ゆっくりと落ち着いて行動しましょう。猫は音を立てない生き物なので、ゆっくりした動作の人を好みます。ゆっくりとした動きや話し方を心掛けるとよいでしょう。

目を合わさない

猫はじっと見つめられると、警戒しているサインとして受け取ることがあります。猫は喧嘩の時などに目を合わせるため、襲われると感じてしまうことも。

目は合わせすぎず、気にしていない、という風にふるまうと猫から歩み寄ってきてくれることがあります。様子を見ておきたい場合は、体などに視線を向けるとよいでしょう。

適度に構う

猫はマイペースな生き物なので、気分が乗らない時にかまわれるとストレスに感じます。猫のかまってほしいタイミングで程よくかまうことが大切です。

基本的にはかまってほしいサインが出るまで、あまりかまわないのがよいでしょう。猫がかまってほしい時は、見つめてきたり、飼い主さんの邪魔をしてきたりします。尻尾をピンと伸ばしたり、ニャーと優しく鳴いたりすることもあるので気にかけておきましょう。

≫猫が嬉しい時・かまってほしい時の行動について詳しく見る≪

高めの声で呼びかける

猫は高い音が聞き取りやすいため、男性よりも女性の方が比較的好かれやすいといわれています。少し高めの声を意識してゆっくりと呼びかけるとよいでしょう。ただし、呼びかけすぎるとストレスになってしまうので注意が必要です。

まとめ

今回は、猫に好かれる人、嫌われる人の特徴について解説しました。猫は好き嫌いがはっきりしていて、嫌いと認識すると今後心を開いてくれない可能性もあります。

また、猫は自分のペースを乱されるのが苦手な生き物です。重要なのはかまいすぎないことです。猫がかまってほしいタイミングを見極め、適度にかまうのがおすすめです。かまいすぎない程度の方が、猫の方から歩み寄ってきてくれるかもしれません。今回解説した好かれる人、嫌われる人の特徴をしっかり踏まえて、猫に歩み寄ってみましょう。

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす