猫の爪切りの方法と成功の秘訣!
嫌がるねこちゃんにはバスタオルを

猫の爪切りの方法と成功の秘訣!

普段から猫を散歩させるという人はあまり多くなく、基本的には室内飼いがメインかと思います。
散歩をさせている人も、カートを使って外に連れ出すというケースも多く、実際に自分で歩かせているというのは、非常に稀です。
犬のように外を一緒に歩く場合は、地面ですれて爪は適度な長さに保たれますが、猫の場合は、ほぼ100%飼い主さんが爪のケアをしてあげる必要があります。
ただ、いざ爪を切ろうと思っても、暴れたり痛がったりして、うまく爪を切れないことも少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、猫の爪を切る方法や上手に切るポイントなどをご紹介していきます。
猫の爪は定期的に整えてあげないと、怪我の原因にもなるので、必ず切ってあげるようにしましょう。

目次

  1. 猫の爪を伸ばしたままでは危険
  2. 猫の爪の構造を知ることが爪切りの第一歩
  3. 猫の爪切りは4ステップでOK
    • ステップ1.体全体をバスタオルで包む
    • ステップ2.肉球を押す
    • ステップ3.血管と神経から2ミリを意識する
    • ステップ4.しっかり褒める
  4. 嫌がる猫の爪切りを成功させるコツ
  5. おすすめの爪切りグッズ
  6. どうしてもうまく切れない時は病院へ
  7. まとめ

1.猫の爪を伸ばしたままでは危険

猫の爪を伸ばしたままでは危険

猫の爪を伸ばしてしまうと、家具を傷つけるだけでなく、猫自身にもさまざまなトラブルが発生してしまいます。よくあるケースには、次のようなものがあります。

  • 巻き爪になり肉球に食い込んでしまう
  • 爪が折れたり、割れたりする
  • 爪が何かに引っかかって怪我をする
  • 骨格が変形してしまう

また、飼い主にも「猫ひっかき病」や「パスツレラ症」にかかってしまうリスクがでてきます。
子猫のうちからきちんとケアしてあげることが重要ですが、高齢になってくると爪とぎの頻度も少なくなるため、伸びすぎないようにしっかり手入れしてあげましょう。

~猫ひっかき症とパスツレラ症~

猫ひっかき病もバスツレラ症も感染症です。
猫ひっかき病は、猫にひっかかれたところから菌が進入し、赤く腫れあがってしまうもので、ひどい場合は、発熱や倦怠感、関節痛、吐き気等の原因になります。
バスツレラ症は、鼻や喉の違和感をはじめ、持病の重症化に繋がるケースがあります。

2.猫の爪の構造を知ることが爪切りの第一歩

猫の爪の構造を知ることが爪切りの第一歩

猫の爪の根本にあるピンク色の部分には、血管と神経が通っています。当然、誤って切ってしまうと痛みと共に出血もあるので、注意するようにしましょう。
実は、この血管と神経は猫の爪が伸びると共に伸びてきます。ですので、あまり長時間放置してしまうと、血管や神経と一緒に爪を切る必要がでてくるため、非常に嫌な思いをさせてしまいます。

人間の場合は、爪を伸ばしすぎたとしても不衛生で済みますが、猫の場合は血管と神経を切らなくてはいけなくなるので、定期的に爪を切ってあげるようにしましょう。

また、血管や神経を万が一切ってしまった時は、市販の止血剤を使うか、心配な場合は動物病院に連れて行くようにしてください。

猫の爪切りの頻度は1ヶ月に1回程度

~爪切りは1ヶ月に1回でOK~

あくまで目安にはなりますが、猫の爪切りの頻度は1ヶ月に1回程度になります。
ただ、爪が伸びる速さは猫によって異なりますし、爪とぎの頻度が減る高齢猫はもう少し短いスパンで爪を切ってあげる必要がでてきます。

3.猫の爪切りは4ステップでOK

猫の爪切りというと、ハードルが高いイメージですが、次の4つのステップを踏むのがスムーズに爪切りを行うポイントです。

  • ステップ1.体全体をバスタオルで包む
  • ステップ2.肉球を押す
  • ステップ3.血管と神経から2ミリを意識する
  • ステップ4.しっかり褒める

ステップ1.体全体をバスタオルで包む

爪を切るときは、愛猫を後ろからだっこして、 爪切りを持つ手と反対の手で愛猫の手を持ちます。体全体をバスタオルでくるむと、おとなしくなる場合も。

ステップ2.肉球を押す

次に、指で肉球を押して、爪を出します。

ステップ3.血管と神経から2ミリを意識する

爪の根本のピンク色の部分には血管と神経が通っていて、切ると痛みを伴い出血するので、ピンクの部分から1~2ミリほどを残して切ります。

ステップ4.しっかり褒める

爪切りが終わったら愛猫をいっぱい褒めてあげましょう!

4.嫌がる猫の爪切りを成功させるコツ

嫌がる猫の爪切りを成功させるコツ

愛猫が爪切りを怖がらないように、普段から足に触られることに慣らしておきましょう!
足にいきなり触れようとすると、嫌がる子も多いかもしれませんね。日常のスキンシップの中で、次のようにステップを踏んで、触れられることに慣れさせていきましょう。

  • ステップ1.触ると愛猫が喜ぶところから触る
  • ステップ2.少しずつ足に近づく
  • ステップ3.終わったらしっかり褒める

ステップ1.触ると愛猫が喜ぶところから触る

なでられると喜ぶところから触る。 首、背中、胸など愛猫が自分で舐めてお手入れできないところをなでると喜びます。

ステップ2.少しずつ足に近づく

だんだんと足元へ近づきます。 揉んだり、肉球を押し広げたりもしてみましょう。同じように後ろ足も。

ステップ3.終わったらしっかり褒める

上手にできたらしっかりほめましょう! 最初から全部やろうとせず、少しずつステップアップしていくようにしましょう。

※注意※
一度嫌なイメージがつくと、お手入れが嫌になることもあります。
無理に引っ張ったり、愛猫を力ずくで抑え込んだりすることは避けてください。

5.おすすめの爪切りグッズ

人用の爪切りで切ると、愛猫が痛がることも。猫用爪切りではこんな種類があります。

≪ おすすめのペット用爪切り ≫

2枚の刃で爪が割れず切れ味抜群!爪を押しつぶさずスパッと切れるペット用爪切り。

≪ 爪切り補助用メッシュ袋 ≫

お手入中に逃げ出したり暴れてしまう子のために開発されたメッシュ保定袋。

6.どうしてもうまく切れない時は病院へ

愛猫が暴れて嫌がってしまい、どうやっても爪切りができない場合も考えられます。
もし無理をして失敗してしまうと、次から愛犬猫が爪切りをさせてくれなくなったり、 飼い主さんとの信頼関係を損なってしまう原因にもなります。 愛猫が嫌がって暴れる場合は、決して無理をせず、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

~うちの子、爪をかじるのですが…~

猫は爪が長くなり違和感を感じると、歯で爪をかじるようになります。 正常の範囲内で問題になるようなことはありませんが、しかしまれに小さな傷口からバイ菌が入り、「爪囲炎(そういえん)」の ような症状に発展することがありますので要注意です。 予防法は、飼い主が定期的に爪をカットして違和感を抱かせないことと、爪の生え際が赤く腫れていないかどうかを日頃からよく観察してあげましょう。

7.まとめ

爪切りが苦手な場合は、手軽に使える爪やすりパッドや電動爪やすりなどの便利なアイテムも

爪切りだからといって急に爪を切るのではなく、日頃のスキンシップからの前準備が大切です。
また、愛猫が子猫の頃から足先に触られることに慣れさせるのもポイントになります。もし爪切りが苦手な場合は、手軽に使える爪やすりパッドや電動爪やすりなどの便利なアイテムもあるので、活用してみるのもおすすめです。もちろん、どうしても苦手な場合は動物病院へ相談しましょう。

爪切りのアイテムはこちら⇒

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす