1月7日は「七草爪」に
チャレンジしてみませんか?

1月7日は無病息災を祈って七草粥を食べる、というのはみなさんよくご存じですよね? 実は、1月7日は「七草爪(ななくさづめ)」といって初めて爪を切る日でもあります。この日に七草をゆでた汁や浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪や病気になったりしないという風習もあります。この日は、愛猫の爪切りの仕方やコツを確かめながら健康を祈願して「七草爪」にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

1月7日は「七草爪」にチャレンジしてみませんか?【猫の爪切り】

爪を伸ばしたままは危ない!

本来、猫にとっては大切な鋭い爪。 しかし、室内で人と一緒に暮らすうえでは、様々な不都合も出てきます。爪とぎ器だけでなく、 家具や柱で爪とぎをして傷だらけにしたり、家族をひっかいて、 猫ひっかき病やパスツレラ症などの感染症の原因になることも。 また猫自身も、伸びすぎた爪が巻き爪になったり、カーペットなどに引っかかって 爪がとれてしまうこともあるので、外に出ない猫なら、 定期的な爪切りの習慣をつけておいた方が安心かもしれません。 爪が伸びすぎると、このようなことが起きます。

・巻き爪になり肉球に食い込んでしまう
・爪が折れたり、割れたりする
・爪が何かに引っかかって怪我をする
・骨格が変形してしまう

そうなる前に、定期的な爪切りが必要です。子猫の頃から習慣にしていきたいですね。 また高齢になると爪とぎをする機会が減り、伸びてしまうことがあるので確認してあげると安心です。

爪の構造について知ろう!

爪の構造とはどのようになっているのでしょうか?
爪の根本のピンク色の部分には血管と神経が通っています。 切ると痛みを伴い出血してしまいますので、爪切りの時は気を付けてあげましょう。 出血してしまった場合は、市販の止血剤をつけましょう。

★血管は爪と一緒に伸びる!?

爪の中を通っている血管と神経は、爪と一緒に伸びます。 爪を切らずに放置していると、次に爪を切るときに伸びた血管や神経まで切断しなければならなくなり、愛猫に痛い思いをさせてしまいます。

猫の爪切り

爪切りにチャレンジしてみよう!

【1】爪を切るときは、後ろからだっこして、 爪切りを持つ手と反対の手で猫の手を持ちます。体全体をバスタオルでくるむと、おとなしくなる場合も。

【2】次に、指で肉球を押して、爪を出します。

【3】爪の根本のピンク色の部分には血管と神経が通っていて、 切ると痛みを伴い出血するので、ピンクの部分から1~2ミリほどを残して切ります。

【4】爪切りが終わったらいっぱい褒めてあげましょう!

≪爪切りの種類≫
人用の爪切りで切ると、愛猫が痛がることも。猫用爪切りではこんな種類があります。

ネイルトリマーZAN(ザン)(爪切り)

爪を押しつぶさずスパッと切れる「爪切り」

≫詳しくはコチラ

≪爪切り補助用のメッシュ袋≫

ニャンメッシュ(猫用保定網袋)

爪切り、歯ブラシ、点眼の保定に「メッシュ袋」

≫詳しくはコチラ

爪切り成功へのコツ

★普段から足を触られることに慣れておきましょう!

足にいきなり触れようとすると、嫌がる子も多いかもしれませんね。日常のスキンシップの中で、触れられることに慣れさせていきましょう。

【1】なでられると喜ぶところから触る。 首、背中、胸など愛猫が自分で舐めてお手入れできないところをなでると喜びます。

【2】だんだん足元へ。 揉んだり、肉球を押し広げたりもしてみましょう。同じように後ろ足も。

【3】上手にできたらしっかりほめましょう! 最初から全部やろうとせず、少しずつステップアップしていくようにしましょう。

※注意※
一度嫌なイメージがつくと、お手入れが嫌になることもあります。
無理に引っ張ったり、力ずくで抑え込んだりすることは避けてください。

★暴れて嫌がってしまい、爪切りができません・・・。

無理をして失敗すると、次から爪切りをさせてくれなくなったり、 飼い主さんとの信頼関係を
損なう原因にも。 愛猫が嫌がって暴れる場合は、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

★うちの子爪をかじるのですが・・・。

猫は爪が長くなり違和感を感じると、歯で爪をかじるようになります。 正常の範囲内で問題になるようなことはありませんが、 しかしまれに小さな傷口からバイ菌が入り、「爪囲炎(そういえん)」の ような症状に発展することがありますので要注意です。 予防法は、飼い主が定期的に爪をカットして違和感を抱かせないことと、 爪の生え際が赤く腫れていないかどうかを日頃からよく観察してあげましょう。

≫わんちゃんの爪切りについてはコチラ

(獣医師監修)

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす