シニア犬のお悩み対策グッズ

シニア犬のお悩み対策グッズ

愛犬がシニア期に入り始めると、心配なことが増えてくるもの。
いくつになってもうちの子と笑顔で優しい時間を過ごしてほしいから、
シニア犬特有のお悩みをサポートするおすすめアイテムをご紹介します。

わんちゃんのお悩みをお選びください
  • ふらつくようになった

    ふらつくようになった
  • 足をひきずっている

    足をひきずっている
  • 段差をためらう・登れない

    段差をためらう・登れない
  • トイレの失敗・おもらし

    トイレの失敗・おもらし
  • 食が
    細くなった

    食が細くなった
  • 睡眠時間が
    長くなった

    睡眠時間が長くなった
  • くるくる回る・
    徘徊する

    くるくる回る・徘徊する
ふらつくようになった

シニアになると筋力や足腰が衰えて、足がぷるぷる震えたり
よろけるようになることも。そんな時は専用のハーネスで
歩行を補助してあげることで安全にお散歩することが可能です。

歩行や段差、立ち上がりを
やさしく補助するハニカムハーネス。
歩行や段差、立ち上がりをやさしく補助するハニカムハーネス。
歩行を始め、様々な動作を補助できます。
排泄補助
排泄補助
段差補助
段差補助
段差補助
段差補助
胴輪+後ろ足まで支える
ハニカム素材の足輪付き。
胴輪+後ろ足まで支えるハニカム素材の足輪付き。

胴と後ろ足の両方を支えられる構造で、歩行をしっかり補助。後ろ足用の足輪は取り外して洗濯可能です。

ムレやスレを防ぐ
ふわっとした着心地。
ムレやスレを防ぐふわっとした着心地。

内側には繊維間に空気を通す通気性の良いハニカム素材を採用。吸水・速乾性に優れ、適度な弾力で床ずれを防ぎます。

後ろ足がふらつく子の補助に。
深ばきで後ろにズレにくい。
後ろ足がふらつく子の補助に。深ばきで後ろにズレにくい。
眠る時間が長い子におすすめ。
持ち手2ヵ所の胴輪タイプ。
眠る時間が長い子におすすめ。持ち手2ヵ所の胴輪タイプ。
足をひきずっている

加齢による筋肉が衰えから、足をズルズル引きずって歩くように
なると、足の先や肉球が地面に擦れて怪我をしてしまう恐れが。
ブーツで足を保護してあげることで、怪我を予防できます。

ナックリングを補正しながら
足をケガから守る専用ブーツ。
ナックリングを補正しながら足をケガから守る専用ブーツ。
ゴムの力で正しい向きに
甲を引き上げて補正。
ゴムの力で正しい向きに甲を引き上げて補正。

爪先部分は衝撃・摩擦を防ぐクロロプレンでしっかり保護します。

足首を2ヵ所で固定する
脱げにくい構造。
足首を2ヵ所で固定する脱げにくい構造。

巾着のようにキュッと締めてワンタッチテープで留めます。

足を引きずって歩く子に。
出血やケガから守ります。
足を引きずって歩く子に。出血やケガから守ります。
足の甲をゴムベルトで矯正する
ナックリング専用サポーター。
足の甲をゴムベルトで矯正するナックリング専用サポーター。
段差をためらう・登れない

以前は登れていた場所への昇り降りをためらうのは、
筋力の低下により足腰が弱ってきたサイン。昇り降りしやすい
ようにステップを置いて、室内の環境を整えてあげましょう。

広い奥行とゆるやかな角度で、
足腰に負担をかけず安心です。
広い奥行とゆるやかな角度で、足腰に負担をかけず安心です。
「負担のない歩きやすさ」を追求しました。
一般的な奥行

奥行が狭いと、角度も急で降りにくい。

奥行の広いステップなら

一段ずつしっかり昇り降りしやすい。

愛犬の足腰にやさしい
絶妙な硬さのウレタンを採用。
一般的な奥行

中材にはぶつかっても安心なクッション性と踏みしめやすい硬さを併せ持つチップウレタンを使用しています。

3段タイプと2段タイプから
お選びいただけます。
奥行の広いステップなら

座面高35cm以上のソファやベッドには3段タイプ、それより低いソファ等には2段タイプがおすすめです。

階段タイプは不安な子に。
滑り止め加工で降りやすい。
階段タイプは不安な子に。滑り止め加工で降りやすい。
手軽に使えるダンボール製。
コンパクトで置きやすい。
手軽に使えるダンボール製。<br>コンパクトで置きやすい。
トイレを失敗するようになった

加齢に伴ってトイレが近くなり、間に合わず失敗してしまうことも。
トイレを側に置いたり、お外トイレ派の子は室内でトイレできるように、
トレーニングしやすい大き目のトイレを設置してあげましょう。

くるくる回っておしっこしたくなる
最大級サイズの広々トイレ。
くるくる回っておしっこしたくなる最大級サイズの広々トイレ。
入口がフラットだから
足腰が弱った子も跨ぎやすい。
入口がフラットだから足腰が弱った子も跨ぎやすい。
水を弾きやすく、お手入れ簡単なプラスチックダンボール製。

水を弾きやすく、お手入れ簡単なプラスチックダンボール製。

60cm角サイズは中型犬、小型犬におすすめ。

60cm角サイズは中型犬、小型犬におすすめ。

食が細くなった

シニアになると姿勢維持が難しくなり、ごはんを食べ辛くなってきます。
滑らないマットを敷いたり、食器の高さを見直してあげましょう。
食欲が落ちている場合は、好みの変化もあるのでフードを変えたり、
栄養価が高く、食欲をそそる介護食がおすすめです。

足が滑らずグッと踏ん張れるから
ごはんが食べやすい滑り止めシート。
足が滑らずグッと踏ん張れるからごはんが食べやすい滑り止めシート。
ウレタン樹脂が吸い付くように
床に吸着し、足が滑りません。
ウレタン樹脂が吸い付くように床に吸着し、足が滑りません。

シートタイプの厚さは0.4mmでつまずきにくく、マットの上にも重ねて敷きやすい。

両面防水だから汚れても
サッと拭けます。
両面防水だから汚れてもサッと拭けます。

水を零しても安心。ホコリを落とすと滑り止め効果が復活します。

食器周り専用サイズ。
様々な方向から食べやすい形。
食器周り専用サイズ。様々な方向から食べやすい形。
食べやすい角度と高さで
ごはんがすすむ食器。
食べやすい角度と高さでごはんがすすむ食器。

▽食欲が落ちている子はこちらをチェック▽

おいしい介護食
睡眠時間が長くなった

わんちゃんは年齢を重ねるごとに睡眠時間が長くなっていきます。
寝心地が悪いと関節の痛みなどからぐっすり眠れなくなることも。
熟睡できるように、愛犬に合わせた寝具を準備してあげましょう。

自分で寝姿勢が変えられる子に。
熱がこもらず、高反発で寝返りしやすい。
自分で寝姿勢が変えられる子に。熱がこもらず、高反発で寝返りしやすい。
医療や介護・寝具で人気の
体圧分散効果の高い素材。
医療や介護・寝具で人気の体圧分散効果の高い素材。

体が沈みこまない高反発素材でクッション性が高く、長時間寝ても疲れにくい。

水はけがよく、汚れても
シャワーで流せばOK。
水はけがよく、汚れてもシャワーで流せばOK。

水を通すほど通気性が良い素材で、お手入れもしやすい。

ほとんど寝ている子の床ずれ予防に。
マシュマロみたいにじわっと体圧分散。
ほとんど寝ている子の床ずれ予防に。マシュマロみたいにじわっと体圧分散。
低反発ウレタンが体圧を分散し、
朝までぐっすり眠れます。
低反発ウレタンが体圧を分散し、朝までぐっすり眠れます。

痩せた体を支え、骨が浮き出た部分の痛みをラクにしながら血管の圧迫を防止します。

クッションは低反発と高弾発の
2層構造で沈み込みを防ぎます。
クッションは低反発と高弾発の2層構造で沈み込みを防ぎます。

へたりにくく、やわらかな感触です。ずれ落ち防止のカーブ付き。

床ずれが気になる子に
弾力のあるジェルが治りをサポート。
床ずれが気になる子に弾力のあるジェルが治りをサポート。
寝たきりの子の関節が
固まるのを防ぐクッション。
寝たきりの子の関節が固まるのを防ぐクッション。
くるくる回る・徘徊する

認知症等が原因で徘徊してしまう子や、視力が低下している子は
家具などにぶつかり怪我をしてしまう恐れがあります。
お部屋の隙間や角をガードして、安全に整えてあげましょう。

ぶつかっても安心なやわらかクッション素材で
家具の隙間へのはさまり、ケガを防止。
ぶつかっても安心なやわらかクッション素材で家具の隙間へのはさまり、ケガを防止。
はさまりやすいドアや家具の
隙間のクッション材に。
はさまりやすいドアや家具の隙間のクッション材に。

手持ちのひもを通せば壁や家具への固定できるループ付き。

安心して歩ける
エンドレスサークルとしても。
安心して歩けるエンドレスサークルとしても。

裏面から底面まで、水が染みないはっ水素材を使用。カバーは取り外して手洗いOK。

『愛犬のシニア期を笑顔で過ごしてほしい』
そんな想いからシニア用品を開発しています。

ペピイでは、シニア期を迎えた愛犬とその飼い主さまに、少しでもお悩みや不安を解消して幸せに暮らしてもらいたい、という想いから、飼い主さまのお声を元に様々なシニア犬サポートグッズの開発に取り組んでいます。
愛犬のお悩みを解消、軽減できるアイテムで、毎日を快適に過ごすお手伝いができれば幸いです。

愛犬に何か気になる変化が見られた場合は
必ず獣医師さんにご相談くださいね。

愛犬がずっと元気に暮らせるように、小さな変化でも心配なことがあれば、まずはかかりつけの動物病院で診察を受けましょう。
また、シニア期には病気のリスクを減らすために、定期的に健康診断を受けることをおすすめします。

シニア犬用グッズ一覧はこちら
めざせ20歳のわんにゃん!長生きしてねキャンペーン 介護体験談はこちら