チベタン・スパニエル

メイン写真を募集中!ご投稿はこちらから

お写真募集中

原産国(情報提供:JKC)

チベット

犬種グループ

9G 愛玩犬

大きさ(情報提供:JKC)

【体重】4.1~6.8kgである。
【体高】おおよそ25.4cmである。

歴史(情報提供:JKC)

ヨーロッパに最初に紹介されたのは、15世紀のころといわれ、チベット地方に非常に古くからいた犬種のようだが、文献もなく、この犬種の研究が十分でないため、くわしいことは分かっていない。しかし、ペキニーズと相似点が多く、同じ祖先から派生したものと思われ、チベタン・スパニエルが自然状態のままで現在に至ったのに対し、ペキニーズは厳しい選択繁殖の結果、両者に大きな差異を生じたと考えるべきであろう。チベットでは主に僧院で飼育され、歴代のダライ・ラマ(ラマ教の教主)にも可愛がられたという。
イギリスには、20世紀初めに輸入され、クラブが設立されて犬種標準が定められ、各国でも飼育されるようになった。チベタン・スパニエルは、別名プレイヤー・スパニエルとも呼ばれ、これはラマ教の信者がお経の入ったガラガラ状の輪転佛具(プレイヤー・ホイール)をこの犬に回させたことからきている。

容姿の特徴(情報提供:JKC)

小さく、活発で、敏活である。外貌はバランスがよく取れており、体高よりも体長の方が僅かに長い。

毛色

あらゆる毛色やそれらの毛色のミックスが許容される。

性格

陽気で、自信があり、たいへん理解力があり、見知らぬ人に対してはよそよそしい。注意深く、忠実だが、自立心も強い。

みんなの写真紹介

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?

犬ギャラリー(チベタン・スパニエルを含む投稿画像)

犬ギャラリーを見る

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?