ワイマラナー

メイン写真を募集中!ご投稿はこちらから

お写真募集中

原産国(情報提供:JKC)

ドイツ

犬種グループ

7G ポインター・セター

大きさ(情報提供:JKC)

【体重】オス:約30~40kg、メス:約25~35kg
【体高】オス:59~70cm、メス:55~65cm

歴史(情報提供:JKC)

ワイマラナーの起源については様々な説がある。わずかに分かっていることは、ワイマラナーはリアム・ハウンド(昔のブラッドハウンド)の血統をかなり引いていて、1830年代には、すでにワイマール宮廷で飼われていたことである。19世紀の中頃は、繁殖はドイツ中部、特にワイマールやチューリンゲン周辺のプロのハンターや猟場管理人によって行われていた。リアム・ハウンドとの交配時代が過ぎ、ポインター、セターと異種交配されるようになり、しばらくはこの異種交配が続けられた。1890年頃より、この犬種は計画に従って作出されるようになり、スタッド・ブックへの登録がふさわしいとみなされるようになった。20世紀に入る頃に、短毛のワイマラナーとは別に、長毛のバラエティーが作出された。スタッド・ブック(血統登録簿)に登録されてからは、ワイマラナーは純粋犬として繁殖され、他の犬種、特にポインターと交雑されることはほとんどなくなった。従って、ワイマラナーはおおよそ100年に渡って純粋犬として保たれているドイツのポインティング犬種としては最古のものとなる。

容姿の特徴(情報提供:JKC)

機能的なワーキング・タイプで、外見は美しく、丈夫で、非常に筋肉質である。

毛色

シルバー、グレーなど

性格

ツヤがあり独特の毛色が魅力的なこの犬種は、頭がよく、服従訓練の飲み込みも早いでしょう。大変優れた嗅覚を持っているのも特徴です。

お手入れ

お手入れにはそれ程手間はかかりません。ブラッシングを行い、またたっぷり運動した後は硬くしぼったタオルで体を拭いてあげるようにしましょう。

気をつけたい病気

股関節形成不全、胃捻転など

その他

丈夫で筋肉質の体はスタミナに満ちており、毎日かなりの運動量を必要とします。毎日たっぷりの散歩はもちろん、野原やドッグランなどで自由に思い切り走り回らせてあげましょう。運動不足になると、ストレスが溜まり、問題行動の原因に。飼い主さんは体力に自信がある人、アウトドアが好きな人、犬との時間をたっぷり取れる人、そんな方が向いています。
寒さに弱いので、防寒対策に気をつけてあげましょう。
被毛には短毛タイプと長毛タイプの2種類があります。

みんなの写真紹介

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?

犬ギャラリー(ワイマラナーを含む投稿画像)

犬ギャラリーを見る

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?