ウェルシュ・コーギー・カーディガン

メイン写真を募集中!ご投稿はこちらから

お写真募集中

原産国(情報提供:JKC)

イギリス

犬種グループ

1G 牧羊犬・牧畜犬

大きさ(情報提供:JKC)

【理想体高】30cm

歴史(情報提供:JKC)

紀元前1200年頃、中央ヨーロッパからケルト族と一緒にウェールズへやって来た犬といわれている。したがってその歴史はきわめて古く約4000年におよぶものと思われる。記録としてはウェールズの920年の法規に牧畜犬として記されている。しかし、この犬が一般に知られるようになったのはきわめて新しい。ウェールズのカーディガンシャーの丘陵地帯に住む貧しい人びとが、有用な犬だったため、世間に知られることを喜ばなかったことによる。1933年、のちに英国王となったジョージ6世がヨーク公といわれていた頃、宮廷で飼育したのが口火となり人気犬種となった。

容姿の特徴(情報提供:JKC)

頑健で、強靱、動きがよく、耐久力がある。体高に比較して、体長が長く、狐の様な尾がボディに沿って付いている。

毛色

毛色はさまざま。

性格

利口でしつけがしやすく、家庭犬としておすすめの犬種です。縄張り意識が強いことから、番犬としても頼りになるでしょう。噛みグセがつきやすいという点あるので、小さな頃からきちんとしつけることが大切です。牧畜犬としての歴史をもつ犬種ですので、エネルギッシュで適度な運動が必要です。ただし、その独特な体型から、背骨への負担がかかりやすい動きは避けるようにしましょう。

お手入れ

被毛はダブルコートです。換毛期には大量の毛が抜けるので、皮膚のトラブルを防いだり、健康な毛に生え変わるように毎日ブラッシングして死毛を取り除いてあげましょう。普段は、ブラッシングする程度で、特別なカットなども必要なく比較的手入れは簡単な犬種といえます。

気をつけたい病気

椎間板ヘルニアなどなど

その他

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークと大変よく似ていますが、見分け方としては、尻尾があるかないか、耳の先の形、この2点がポイントです。カーディガンには長い狐のような尻尾があり、また耳の先は丸くなっています。一方ペンブロークには尻尾がなく、耳の先もカーディガンよりわずかに尖っています。

胴長の体型は背骨への負担がかかりやすので、日常生活の中でもこんなことに気をつけてあげましょう。
1)段差の大きな階段の昇り降りや、飛び越えないといけないような大きな障害物など
2)肥満体型も背骨に負担がかかります。
3)足が短い分、地面との距離が近いので、夏場の暑く熱したアスファルトなどにも要注意です。

みんなの写真紹介

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?

犬ギャラリー(ウェルシュ・コーギー・カーディガンを含む投稿画像)

犬ギャラリーを見る

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?