フレンチ・ブルドッグ

メイン写真を募集中!ご投稿はこちらから

ペット名:そらちゃん

ニックネーム:ミーハークイーンさん

原産国(情報提供:JKC)

フランス

犬種グループ

9G 愛玩犬

大きさ(情報提供:JKC)

【理想体重】8kg~14kg

歴史(情報提供:JKC)

全てのマスティフ・タイプの犬同様、エピロスやローマ帝国のモロシア犬に由来すると考えられ、イングリッシュ・ブルドッグの祖先やアラン(中世の大型獣猟犬)、フランスのマスティフや小型のマスティフ・タイプとも関連があるが、1880年代にパリの下町で熱心なブリーダーの異種交配により作出された。パリ中央市場の人夫や肉屋、御者に飼われていたが、その特殊な外貌と特徴によって、上流社会や芸術家の世界に受け入れられ、急速に広まっていった。この犬種の最初のブリード・クラブは、1880年にパリで設立された。最初に登録があったのは1885年で、最初のスタンダードは1898年に作成された。この年は、フランスKCがフレンチ・ブルドッグを公認した年である。ショーに初めて出陳されたのは1887年のことである。

容姿の特徴(情報提供:JKC)

典型的な小型のモロシアン・ドッグである。小型のわりに力強く、全体的にプロポーションは短く、コンパクトで、被毛は滑らかで、顔は短く、しし鼻で、直立耳と自然な短い尾を有する。活動的な外貌で、理解力があり、たいへん筋肉質で、骨格のしっかりしたコンパクトな体躯構成でなければならない。

毛色

フォーン(金色ががった茶色)、ブリンドル(地色に別の色の差し毛が混ざった縞模様)など

性格

活発で遊びが大好き、穏やかで子供とも仲良くできます。甘えん坊で家族といっしょにいることを望みます。

お手入れ

被毛の手入れには特に手間がかからず、軽くブラッシングする程度で大丈夫です。汚れが気になる時は、硬くしぼったタオルで体を拭いてあげましょう。気をつけてあげたいのが、顔のお手入れです。シワに汚れがたまりやすく、放っておくと皮膚炎やにおいの原因となりますので、綿棒やタオルでこまめにお掃除を。

気をつけたい病気

眼瞼内反症などなど

その他

フレンチ・ブルドッグのような鼻が短い犬種(短吻種)は呼吸による体温調節が他の犬種に比べ上手ではありません。そのため、熱中症などの原因となる夏の暑さは大敵です。温度管理や飼育場所には十分注意してあげましょう。また、太りやすい体質ですが、短吻種犬にとって、肥満も大敵です。毎日の食事管理にも気をつけましょう。眼球が出ているので、目のケガにも注意してください。

みんなの写真紹介

  • ペット名:水玉ちゃん

    ニックネーム:maryさん

  • ペット名:華ちゃん

    ニックネーム:すーじーさん

  • ペット名:まろんちゃん

    ニックネーム:あーちゃんさん

  • ペット名:まりいちゃん

    ニックネーム:まぁぼママさん

  • ペット名:トロちゃん

    ニックネーム:きよかるさん

  • ペット名:デュカとグレイスちゃん

    ニックネーム:りんごさん

  • ペット名:ロメオちゃん

    ニックネーム:ロメオさん

  • ペット名:美雨ちゃん

    ニックネーム:グリコままさん

  • ペット名:イヴちゃん

    ニックネーム:kunさん

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?

犬ギャラリー(フレンチ・ブルドッグを含む投稿画像)

犬ギャラリーを見る

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?