ブル・テリア

メイン写真を募集中!ご投稿はこちらから

お写真募集中

原産国(情報提供:JKC)

イギリス

犬種グループ

3G テリア

大きさ(情報提供:JKC)

【体重】制限はない 【体高】制限はない

歴史(情報提供:JKC)

ブル・ファイティング(闘犬による牛いじめ)やベア・ファイティング(熊いじめ)が盛んだった19世紀初め頃のイギリスで、ブルドッグとテリアによって作出された犬種である。したがって作出された目的は闘犬だった。ただ作出の過程で、同じくブルドッグを先祖とするスタッフォードシャー・ブル・テリアが中間に介在しており、ブルドッグから直接ブル・テリアが作られたわけではない。また絶滅した白のイングリッシュ・テリアの血も加えられているが、その頃は毛色もいろいろだった。1835年に闘犬が廃止されたことから闘争心が排除され、体形もだんだんスマートになっていった。1860年頃白いブル・テリアが出現し、これは品種改良の革命的出来事として評判を呼び、19世紀末の新犬種作出ブームや犬種改良ブームにつながった。一時有色犬が認められなかったが、1936年に承認され、区別して取り扱っている国もある。

容姿の特徴(情報提供:JKC)

力強い体格で、筋肉質で均整がとれており、活動的。鋭敏で、決然として、利口な表情である。ユニークな特徴はダウン・フェイスで、卵形の頭部である。
※ダウン・フェイス=マズルが頭蓋から鼻の先端に向かって下方へ傾斜している顔)

毛色

ホワイト、ブラック・ブリンドルなど
※ブリンドル=地色に別の色の差し毛が混ざった縞模様

性格

飼い主には従順で明るく、深い愛情を示します。しかし、闘犬としての歴史をもつこの犬種は闘争心が強い面もあり、他所のわんちゃんとケンカしてしまう傾向も。小さな頃から一貫した態度で正しくしつけることが大切です。

お手入れ

なめらかな短毛種で、手入れには特に手がかかりません。普段はブラッシングと固くしぼったタオルで拭いて汚れを落としてあげましょう。

気をつけたい病気

皮膚疾患など

その他

活動的な犬種ですので、毎日の適度な運動は欠かせません。野原などで遊ばせる際は、ケンカになりそうな犬や動物が周りにいないか飼い主さんの方で気をつけてあげてください。

みんなの写真紹介

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?

犬ギャラリー(ブル・テリアを含む投稿画像)

犬ギャラリーを見る

メイン画像を大募集中!
イヌペディアでは、みなさんのお写真でつくる犬種図鑑。
愛犬の種類があれば、写真を投稿して参加してみませんか?