クリスマスUFOキャッチャー

犬のペットシーツの選び方について

犬のペットシーツは何を選べばいいのか



犬と生活をしている人はペットシーツについて考えるかと思いますが、初めて購入する時には何を選ぶべきか迷うことがあるでしょう。実際に種類もさまざまですし、特徴なども異なるので慎重に選ぶことが大切です。そのなかでも選ぶときに重要なポイントを紹介していきます。

まず考えなければならないポイントがサイズです。ペットシーツにはいくつかのサイズがあるということをご存じでしょうか。適したサイズを選ぶことが大切ですが、具体的にどんなサイズがあるのかも教えます。まずレギュラーサイズと呼ばれているタイプですが、これはサイズの中でも一番小さいと言われています。基本的には小型犬にピッタリのサイズと言われているので、小型犬と一緒に生活している場合はレギュラーサイズでも問題ないでしょう。続いてワイドサイズですが、これはレギュラーサイズに比べると全体的に10センチほど大きくなっています。小型犬でも使えないことはありませんが、適しているのは中型犬になります。その他にもスーパーワイドサイズなども存在していますが、これはレギュラーサイズやワイドサイズに比べるとさらに大きくなっているので大型犬専用のペットシーツです。このようにサイズが異なるので、それぞれ犬のサイズに合わせてセレクトするといいでしょう。

続いて2つ目は吸収力をチェックして選びましょう。吸収力が高いペットシーツの特徴としては臭いがこもりにくくなることです。しっかりと中まで吸収してくれるので魅力的です。しかし、吸収力が高いからといってあまり交換しないのはよくありません。基本的には汚れや臭いの発生を防ぐためにも吸収力が高くてもこまめに変えることは大切です。

また3つ目は消臭効果があるかもチェックしておきましょう。吸収力が高いと臭いを外に出さない特徴がありますが、それでもどうしても出てきてしまうことはあります。この場合でも消臭効果があれば時間が経っても臭いが出にくくなります。特に室内で生活している場合には消臭効果が優れているペットシーツをセレクトすると後悔しないでしょう。このように、選ぶ上で大切なことはいくつかあります。特にその中でも最低限気を付けたいのがサイズなので適正サイズを選ぶようにしましょう。



トイレのしつけについて



これから犬と一緒に生活をするにあたってトイレのしつけについて教えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。実際に部屋の中で生活する場合にはしつけをしないといろいろなところにおしっこやうんちをしてしまいます。特に子犬の場合は初めのしつけが大変ですが、これからしつけを行うにあたって最低限知っておきたいことは何かについてここでは話します。

まず最初に重要なのが準備です。そもそもトイレが無ければしつけをすることもできません。ペットシーツだけあれば問題ないと思っている方もいますが、固定することができないのでそれ以外にもトイレトレーやサークルやゲージなどの準備も忘れてはいけません。これらのアイテムは最低限必要になるのでトイレを覚えさせたいなら特に初めに用意しておくといいでしょう。

次にしつけの方法について説明をしますが、サークル内の準備が重要になります。サークル内にトイレ専用のスペースがある場合はそこにトイレトレーを設置しペットシーツを取り付けましょう。また、初めのうちはサークル内全面にシーツを敷き詰めるのもいいでしょう。なぜかというと初めのうちはサークル内のいろいろな場所でトイレをすることがあるからです。トイレの準備が完了したらあとは誘導をするだけです。基本的に犬は運動や遊びのあと、起床時や就寝時、食後、その他そわそわしているタイミングでトイレをしたくなります。そのタイミングを逃さずに誘導してあげれば自然とトイレの場所を覚えることができるでしょう。このようにトイレのしつけは飼い主の誘導のポイントが重要なので根気強く教えていくと覚えてくれるでしょう。



しつけで成功するために知っておきたいポイント



トイレのしつけは根気強さが重要ですが、中には失敗する人もいます。成功のためには事前に知っておきたいポイントがいくつかあるので、最後に成功するために覚えておきたいポイントは何かについて説明します。

1つ目は失敗しても叱らないことです。犬は頭がいい動物ですが、初めから成功するほど頭はよくありません。初めのうちは人間と同じように失敗をすることもあるので、万が一失敗しても絶対に怒らないようにしましょう。なぜ怒ると良くないかというと、怒られたことで排泄自体が良くないと判断してしまうからです。排泄を我慢すると健康的な問題につながることもあるので注意しましょう。

その他にも2つ目は失敗した場所はキレイに掃除をすることです。臭いが残ってしまうと犬はそこでトイレをしようとします。そのままにするとしつけてもしつけても成功しない可能性が高くなるのできれいに掃除をすることが大切です。