クリスマスUFOキャッチャー

猫のトイレに必ず必要なペットシーツは宅配で届けてもらおう

猫のおしっこについて



猫を飼っているのであれば、大抵の場合ペットシーツを購入されている方が多いはずです。人間の赤ちゃんであれば、紙オムツが同じような役目を果たす訳ですが、最近ではマンションなどの集合住宅で飼う方も多くいますので、おしっこの処理に困ってしまうことも多いでしょう。

一軒家であれば、ぶらりとお散歩に出掛けて、自分の縄張りにおしっこをするといった習慣がありました。犬も同様に自分の縄張りである電柱などにおしっこをかけて匂い付けをします。犬であれば、散歩に連れ出すことが一般的ですが、飼いネコに首輪をつけて散歩に連れ出すことをしている方はほとんどいないでしょう。

現在ではほとんどが、自宅内でおしっこをすることが基本になっているようです。それでは、おしっこをする場所をちゃんと覚えるものなのでしょうか。結論から言うと、おしっこの場所をしつけることは可能です。猫は自分の匂いにおいても敏感に反応しますので、おしっこをする場所さえ決めてあげれば、ちゃんとそのエリア内でおしっこをすることができるのです。そのためには、おしっこをするエリアをちゃんと決めなければいけません。

サークルがあるのであればその中に納まる大きさのシステムトイレを設置してあげましょう。見た目がフードトレーのようなタイプから、まるで小さなトイレ小屋のようなタイプまでいくつものタイプがあります。人間と同様に誰かに見られているときにはおしっこしない猫もいるので何を買っていいのか悩むと思います。できる限り子猫のときにしっかりとしつけができていれば問題ないので、気をつけてしつけをすることは大切です。

ただし、猫は気まぐれです。自分の嫌いなタイプであればその場所でおしっこしないこともありますので、注意する必要があります。



トイレを設置してみよう



猫を飼っていて、自宅内でおしっこをするエリアを設けているのであれば、猫が気持ちよくおしっこをしてくれるように飼い主も気を遣う必要があります。人間と同じようにとても繊細な動物です。意外と誰もみていない場所でコッソリとおしっこやウンチをしていることもありますし、トイレの設置場所は大切な要素です。

さらに、トイレを設置するだけではだめです。これに付随して買い足さなければいけないものがあります。それは砂やペットシーツです。砂には様々な種類があります。紙砂、鉱物系、木材、おから、シリカゲルや植物繊維系まであるので何が一番適しているのか悩むのではないでしょうか。

これらの砂は、猫の生理的な習性をもとに人工的な砂のことを指しています。猫はウンチなどの排泄物をすると砂の中に埋める習慣があることから、自宅のトイレにも人工砂を入れるのが一般的だと考えられています。実は砂の中に隠すという習慣は、自分がここにいることをほかの動物たちに悟られないための習慣だとされています。自宅で飼われている以上、他の動物からの攻撃もありませんので、人工砂を気持ち程度しか入れないという方も多いようです。

そして、砂の下に敷いてあるのがペットシーツです。犬用との大きな違いは使用期間でしょう。普通、犬であれば1日に1回は交換しますし、小型犬でも2日に1回はペットシーツを交換することになります。しかし、猫の場合には、人工砂と同じく1週間に1回の交換で大丈夫とされています。犬の方がおしっこの量も多いからというのがその理由でしょうが、小型犬くらい大きなネコであれば犬と同じように2日くらいの短い期間で交換してあげる必要があります。



ペットシーツも宅配の時代



猫のトイレを設置するにあたって、人工砂とペットシーツを購入する必要があります。ペットシーツの代わりに新聞紙を使っている方も多いようですが、新聞紙ではおしっこを吸収する力があるとしても、独特なおしっこの匂いまで取り除くことができないのが現状です。

猫のおしっこは案外匂いがキツイものです。新聞紙を使う場合でもそれは基本となるペットシーツがある中にカサカサと音がする程度にちぎったものを入れてあげるのであれば問題ありません。

ウンチも同様に強烈な匂いを充満させてしまいます。砂やペットシーツの中に隠してしまう猫が多いようですので、防臭効果が高いものを使っているのであれば気がつきにくくなります。しかし、ウンチを見つけたら早めにトイレットペーパーなどで取り除いてあげることが大切です。

人工砂もペットシーツも消臭剤が入っていることで、イヤな匂いを抑えることができますし、後処理が簡単なものも発売されています。飼い主として扱いやすいものを選ぶことも重要です。面倒くさいからと排泄物の処理を後回しにすることはペットに対して申し訳ないことです。子ネコであればシーツの交換も少なくて済むかもしれませんが、成長して大きくなったネコでは排泄物も多くなりますので、頻繁にシーツや砂を交換しなければいけないことになります。

何かしらの動物を飼うということは、食費や維持費にもコストがかかるものなので、それを念頭に置くことは大切です。シーツや人工砂などは、大型スーパーや量販店などで取り扱っていますが、赤ちゃんの紙オムツと同じようなサイズですから持ち帰るのに不便を感じてしまう方もいるでしょう。そのような方には、無料で自宅まで宅配サービスをしているペット用品専門店があります。例えば、まとめ買いをすることで送料が無料になるなどのサービスがある店舗もあるので、大変便利です。なかなか外出できない高齢者の方にも便利ですので、活用してみるといいでしょう。