毎日くじにチャレンジ!ペピイのお疲れサマー納涼祭

冬向けの犬用ウェアでお出かけを楽しみながら愛犬の健康を守る

寒暖の差が大きな負担になる

 

犬は寒さに強いと言われていますが、中には寒さが苦手な犬もいます。寒さが苦手な犬にとって、室内と屋外の温度差が体の大きなストレスになることもあります。そのため、秋から冬へと気温が下がる時期に散歩をするときは、犬の体温のことを考えてあげる必要があります。犬の体は毛で覆われていますが、冬になり気温が下がってくると、夏の毛が抜けて、その下からふわふわとした冬の毛が成長してきます。その冬の毛が寒さから体を守る天然の防寒着の役割を果たしてくれます。

しかし、そのような毛が生えてくるのは、柴犬やシベリアンハスキーなどの寒い国が原産国の犬です。一方、原産国が暖かい国で生まれたチワワやマルチーズ、プードルなどは、体が小さく毛が薄いうえに冬の毛は生えてきません。このような犬の場合は、寒さをしのぐ機能が備わっていないので、冬の寒さが体に直接影響を与えてしまいます。さらに、冷暖房設備が整っている室内で飼育されていると、犬を突然屋外へ連れ出すと犬の心臓に大きな負担がかかってしまいます。その結果、高齢犬や持病持ちの犬には、寒い季節に心臓病のリスクが高くなってしまいます。

また、気温が下がる冬は体温も下がり犬の免疫も低下し、風邪やウィルス感染症の心配もあります。そして、寒いからと散歩をしないでいると、運動不足になり肥満や関節のトラブルなどの健康問題が発症してきます。寒さに弱い犬は、しっかりと防寒対策をとって冬の散歩を楽しむことが必要です。そこで、散歩に出かける時には、冬に向けた犬用ウェアを着て出かけると良いでしょう。最近の犬用ウェアは商品開発が進み、フィット感やストレッチ性などの機能性が進化しており、ファッションや防寒だけでなく、汚れ防止や紫外線から肌を守る、毛抜けの防止などのメリットもあります。

体の小さな犬などは、室内で飼うことが当たり前になってきています。しかし、1年中エアコンで温度が管理された快適な生活を送っていると、自然なリズムで生活ができなくなります。犬の健康維持のためにも、寒い時期でも散歩の時間を作り、冬の寒さを体感させる必要があります。冬の犬用ウェアを活用して、季節を感じる生活環境を作ってあげましょう。



秋冬のお出かけを楽しむウェア

 

冬の散歩におすすめの犬用ウェアをいくつか紹介します。最も一般的なのがレインコートです。雨や雪の防水対策と防寒対策に使え、汚れ防止にもなります。マント型や背中開きタイプなどがあり、足を通さず楽に着せられます。最近のものはフィット感に優れ、胸の毛もすっぽりと覆うので雨が入りにくい作りになっています。また、ニットやベロアなどの素材を使ったものもあり、おしゃれなものがたくさん販売されています。レインコートは雨具としてだけでなく、犬のジョギング用のウェアとしても使われています。

他には、犬用のマウンテンパーカーやダウンベスト、ダウンコートも人気を集めています。マウンテンパーカーの細部の作りやデザインは人間の洋服そのままに作られており、おしゃれなジャケットタイプで防寒にも優れています。ダウンベストやダウンコートも着せやすくフィット感に優れ、本物のダウンを使用してふんわり軽くて暖かい着心地になっています。また、優れた撥水性と通気性を備えたニットウェアも軽くて柔らかな着心地ですし、おしゃれな装いのスウェットパーカーやスタジャンなども、寒さ対策のアイテムとして使われています。

また、寒さの厳しい時期には、コートやウェアの下に愛犬用の蓄熱インナーを使う方がいます。これは、スポーツ選手や有名アスリートなども利用している製品ですが、蓄熱・保温機能に優れた温感素材を使い、薄いのに暖かいを実現した高機能なインナーです。軽くて伸縮性も良いので、散歩やジョギングだけでなく、室内着やパジャマとしても愛用されています。このように気温の低い冬は、犬用ウェアを着用させて体幹部分を冷やさないことが大切です。犬は体幹部分がしっかり保温されていると、四肢や足先の肉球まで温かく保つことができます。

犬には対向流熱交換システムと呼ばれる体温を保つ仕組みがあります。この機能はペンギンの足やくちばしにもあり、このシステムによって体が守られています。この体温を保つシステムは、体幹部分の保温が重要なポイントになっています。小型犬や高齢犬は蓄熱機能が弱くなるので、体幹の保温はより重要になります。



犬用ウェアを選ぶときのポイント

  

冬の犬用ウェアを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。まず、窮屈なサイズは犬にとってストレスになるので、ぴったりのウェアを選ぶことです。そのためには、愛犬の首回りや胴回り、着丈などの寸法を購入前に確認しておくと良いでしょう。また、犬用ウェアは販売店や服の種類によってサイズが異なることもあるので、お店での確認が必要です。

さらに、購入する際には、機能性や素材もチェックしましょう。犬用ウェアは様々な用途の洋服が販売されていますが、使用の目的やシーンなどに合わせてウェアを選ぶことが重要です。素材についても、化学繊維の服は静電気を起こしやすいので、天然素材で着心地のよい品質のものがおすすめです。愛犬は言葉を話せなくても、いろいろな仕草で気持ちを伝えています。不安やドキドキ、ストレスなどの気持ちは、目や姿勢、あくび、しっぽなどに表れるので、愛犬の気持ちを考えながら購入を検討しましょう。

最後に、犬用ウェアのお店選びですが、種類が豊富に揃っていて自宅からでも簡単に注文することのできるペット用品専門の通販サイトが便利です。通販サイトの中には、商品開発や製品販売などを専門的に行うスタッフが多数在籍しており、飼い主目線で厳しいチェックに合格したものだけを商品として販売しているところもあります。

また、通販サイトのHPには商品の販売だけでなく、ペットの食事や健康、しつけ、環境などのコラムやブログなども多数紹介されているので、愛犬の健やかな暮らしを実現するために参考になることが満載です。最近のネット通販は問い合わせやアフターサービスなども行き届いているので、安心して利用することができます。