クリスマスUFOキャッチャー

犬用ケージの大切さと選び方

犬用ケージの利用



犬や猫を飼う場合には、ケージを利用することがおすすめです。犬用や猫用としてたくさんの種類が販売されています。

犬の場合は、人間と犬の居住スペースをしっかりと分けることで上下関係をハッキリとさせることや、犬の安心できるスペースを作ることができます。犬はもともと巣穴で生活していた動物なので安全で落ち着く場所だと思うことができたらケージに入ることは嫌がりません。

上下関係をハッキリとさせることで、今後のしつけへも繋がり犬との良い関係を保つことができます。安心できる犬専用のスペースを確保できることでストレスの軽減にもなります。多頭飼いの場合も可能であれば、1頭1頭にそれぞれのスペースを作ってあげることが好ましいです。縄張り意識の高い犬たちの場合は特に必要なものとなります。

家族が出かける際にはケージに入ってお留守番すること、家族が寝るときや来客時にはケージに入ることなどを犬が小さい頃から教えておくことがおすすめです。人がいない間に何かをかじってしまう食べてしまうといった事故を防ぐこともでき、犬自身の安全へも繋がります。また、日常的に教えておくことで災害などの緊急時やどこかへ預けないといけない場合に役立ちます。災害時や預ける場合は、どうしてもケージなどに入れておく必要があります。日常的に入っておくことになれていれば、いざという時にも犬自身がストレスを感じることもありません。



犬用として利用されるケージの種類



犬用のケージにもさまざまなタイプがあります。

持ち運びに便利な周囲を壁で取り囲んだ天井のあるものはケージタイプと呼ばれ、取っ手がついていたり折り畳みが可能だったりと便利に利用できるものが多いです。全体的に金属の網目状になっているものや一部が金属の網やメッシュ素材の布地になっているものが多く、熱がこもりにくく中の様子も確認できます。中からも外の様子を見ることができるため犬も安心して過ごすことができます。

金属製やプラスチック製・布製などがあります。全体的に金属の網になっているものは、ペットショップや動物病院などに完備されていることも多いです。プラスチックでできており持ち手や扉がついているものは、クレートタイプと呼ばれます。クレートタイプもケージの一種と考えられることが多く、丈夫で軽いため動物病院などへ連れて行く際など移動するために使われます。車内でシートベルトで固定し利用することもできます。車内用として販売されているものもあります。また、リュックタイプで広げるとケージになるものなどもあり震災時などにも利用できると人気があります。

天井のないタイプはサークルと呼ばれ、周りだけを囲むものや床と周りを囲むものがあります。四角形や六角形のものがあり素材も金属製や木製・布製などがあります。扉や拡張用パネルを取り付けることが可能なものが多く、好みに合わせ調節することやペットの成長に合わせて調節することが可能です。組み合わせる際のジョイント部分がねじなどを使わず簡単に取り外しできる工夫がされているものや、床部分がトレーのような素材になっており掃除がしやすい工夫がされているものも多いです。簡易的に利用することができるものや、持ち運びが簡単にできるものもあります。



犬用のケージの選び方



犬用のケージを選ぶ際には、利用する犬が3頭以上入ることができる大きさで天井があるものの場合は立ち上がっても余裕がある大きさであることが望ましいとされています。狭い場合はストレスがたまりやすく、うまく身動きが取れず体にも影響がでてしまうこともあります。中型犬や大型犬の場合は特に注意が必要です。大きくなることを考え後で大きさを変えることができるものを選んでおくと成長に合わせて大きくして行くこともできます。

ケージのタイプは、それぞれの犬や利用方法によって選ぶことが大切です。天井のないサークルの場合、上から飛び越えてしまう場合もあるので犬の性格によって見極め合ったものを選びます。床がついているものは、床部分がプラスチックでできているものが多いです。掃除が行いやすく衛生的に保つことができるという利点がありますが、犬にとってはすべりやすく居心地が悪い場合もあります。滑らないよう、また冬などは温かいよう布製の敷物などを敷くと犬にとっては居心地の良い場所を作ることができます。

素材に関しては、犬のケガへとつながる場合もあるので性格や大きさによって頑丈な素材のものを選ぶことも大切です。また、移動が多い場合は丈夫さだけにこだわると重たくなってしまうことが多いので軽い素材や折り畳みが可能なものなど便利さを重視すると良いです。

ケージによって設置できる専用の給水皿や給水皿やエサ入れを置くための台・マットなども多く販売されています。このようなものを一緒に利用することで人も犬もストレスが少ない状態で利用することが可能です。



【関連リンク】

犬用ケージ 商品一覧