クリスマスUFOキャッチャー

犬と猫のサプリメントについてと使い方について

犬に乳酸菌を与えるメリットについて



近年では家族の一員として人間と生活をするようになっているペットですが、飼い主としてできる限り長生きをしてほしいと願う人は多くいます。人間でも同じことですが、長く生きるためには健康管理が欠かせません。最近では犬たちの健康を守るためにサプリメントが数多く販売されていますが、活用することで健康的な生活を送ることが可能と言われています。実際にサプリメントは種類が豊富ですが、特に乳酸菌は大切になるので活用した方がいいと言われています。

では乳酸菌のサプリメントを与えることで得られるメリットは何かについてですが、1つ目はアレルギーの改善になることです。例えば体にとって必要なたんぱく質や本来は無害である埃や花粉などに免疫系が過剰に反応してしまうとアレルギー症状が出てしまう恐れがあります。アレルギーを引き起こすと体が痒くなるなど様々な症状が見られますが、この症状を改善するために働いてくれるのが善玉菌です。役割としては免疫が反応し過ぎないようにバランスを整えてくれますが、この善玉菌が少ないとアレルギーに対応できない体になってしまいます。しっかりと対応することで健康的な生活を送れますが、普段から腸内の環境があまりよくない犬に関しては乳酸菌などのサプリメントの使用を考えることでバランスを整え、アレルギーの改善にもつながると言われています。アレルギーによる痒みから皮膚炎などにならないためにも早めの対策が必要なので、普段の生活状況を見て必要だと思う場合は与えるようにしましょう。

続いて2つ目のメリットは便秘や下痢の改善です。便秘や下痢に関しては人間でも悩んでいる人は多いですが、犬にも下痢や便秘の症状は発生します。便秘や下痢を改善するためには、人間と同じように、乳酸菌や食物繊維の摂取が必要です。その中でも乳酸菌は食物繊維が腸内に送る善玉菌を活性化させることができ、腸内環境を良好にしてくれるので便秘や下痢の改善に繋がります。このように、メリットについて話しましたが、犬に与えることで様々な症状の改善が期待できますし、不快な症状の予防にも繋がります。使い方としてはいつもの食事にサプリメントをプラスするだけですので簡単です。ペットの健康をサポートしたいと思っている人は状態をみながら活用について考えるといいでしょう。



症状別の猫のサプリメントの選び方



近年では犬と同じように猫についてもサプリメントが多く販売されています。健康のためには活用することが重要になりますが、サプリメントと言ってもどれを選んだらいいのか悩むことがあります。実際に猫によって症状や健康状態も異なります。そこでここではこれから活用しようと思っている人のためにも選び方について話します。まずアレルギー体質の猫に与えたい場合ですが、アレルギーにはオメガ3脂肪酸がいいと言われています。この脂肪酸は皮膚炎の症状を軽減させると言われているので、アレルギーで悩んでいる場合には活用した方がいいでしょう。

続いてダイエットのためのサプリメントですが、人間と同じように食生活や運動不足によって猫も肥満になります。太ってしまうと健康的にもあまりよくありません。ダイエットには様々な成分がありますが、特にグルコマンナンや軟骨成分が含まれているものがいいとされており、グルコマンナンは腸内の掃除をしてくれますし、軟骨成分は関節を補強して運動不足を解消させることができます。バランスの良い体型にしたいという場合には活用について考えるといいでしょう。

最後に免疫力をアップさせたい場合のサプリメントについて述べますが、免疫が落ちると病気にかかりやすくなるリスクも高くなります。その為特に老猫には免疫を維持する方法について考えなくてはなりません。近年ではベータグルカンやカテキンなどが含まれているサプリメントもあり、これらは抗酸化物質が含まれているので体内で活性化酸素が過剰に産生されるのを防ぎ、免疫を保ってくれます。



サプリメントの使い方と工夫



サプリメントを犬や猫に摂取させるときには使い方について分からない人もいるでしょう。実際にそれぞれのサプリメントによって使い方は異なりますが、基本的な使い方としてはドッグフードやキャットフードに混ぜて与えます。しかし、与え方としてはそれぞれのタイプによって異なることがあるので、選ぶときにはそれぞれの使い方についても見ておくといいでしょう。

また、猫や犬は警戒心があることもあり、特に猫の場合は普段と異なる食べ物が含まれていると口に運ばないこともあるので、食べさせ方を工夫させることが大切です。特にサプリメントは中には粉末状の物も存在しており、ペットによってはむせてしまうことがあります。むせると食べづらくなってしまうので、ヨーグルトに混ぜたりして食べやすいようにさせるといいでしょう。また、液体タイプでむせにくいものもあるので、愛犬や愛猫の体の状態を見てから選ぶといいでしょう。