クリスマスUFOキャッチャー

猫やペットのメモリアルをお考えなら専門家がおすすめ

ペットとしての猫と人間の間柄



猫は日本で一般的に飼われているペットの中で、犬と人気を二分するほど可愛がられている動物で、日本人は犬派と猫派とに分かれて対立するほどポピュラーな動物です。しかし、ほとんどの犬は毎日散歩を行わなければならず、散歩先でのフンの処理は飼い主によって処理されていますが、尿に関しては難しい問題です。また、飼い主のしつけがされておらず、犬同士が出会うとけたたましい鳴き声で暴れるケースもあり、何かのはずみで普段大人しかったはずの飼い犬が、人に?みつき大けがをさせるなどの事件はニュースで流されて聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。犬は小さなものから大型のものまで種類も豊富ですが、大きな犬ほど食費がかかり、大会に出す犬などにはかなり神経を使った食事を行う事が当たり前になっているのです。

かたや猫は基本的に放任する事ができ、散歩したがる猫はごく一部です。外出自由な猫は、近所庭のフン害や尿をまき散らすとして嫌がられますが、最近は飼い主のしつけも行き届き、室内飼いをするケースが増えており、去勢手術も行っているために野良をあまり見かけない地域もあります。基本的に放置で飼う事もでき、散歩を行う必要もありませんが、飼い主は猫の運動量を考えて室内でもしっかり遊ばせてあげる必要があります。トイレもしつけによって直ぐに覚えますので、犬と比べるとかなり飼いやすい動物と言えるでしょう。

猫の好まれる理由は、人によく懐くという点で、コミュニケーションが行き届いた猫との関係では、飼い主が外出先から帰ってくると家族が気付かずとも真っ先に玄関へとお出迎えをしてくれるところにあります。またのどを鳴らす行為は、飼い主に癒しを与える効果があると科学的にも立証されています。



猫やペットが亡くなった場合の処理 



愛情をたっぷりと注いだ猫も、人間と同様に命あるもの全て平等にいつかは死が訪れます。猫の寿命は一般的に15年ほどとされますが、近年は家で飼う事や餌の栄養がよく届いているために、20年を超える寿命の猫もいます。猫も人と同様に老化によって歯が弱っていき、固いものがあまり食べられなくなり、トイレなども粗相をする事が多くなってきます。また、老化により毛艶も悪くなり動きも鈍くなってきますので、無理に運動させるのも控えなければなりません。

昔は野外に自由に出入りしていたために、飼い主に死を知らせる事はなくひっそりと消えていったことが多かったですが、現在のは室内飼いという事も多く、家でその死を看取る事も多くなっているようです。犬や猫などの登録制のある動物の場合は、亡くなった場合には最寄りの市町村へ届け出る必要があります。その後、3つの方法によって処理を行う事になります。まず自宅の庭に埋葬するという方法ですが、自宅が私有地の場合には認められますが、借家の場合は大家の許可を取らなくてはなりません。

また海や川、山など、自宅以外の土地に埋葬するのは法律違反ですので、決して行わないようにしましょう。自治体では、ペット専門の焼却場が用意されているところも多いもので、燃えやすい発泡スチロールか紙製の箱に動物を入れ、有料で焼却してもらうという方法があります。遺骨は自治体がまとめて処理しますので、独立した墓などを持つことはできませんし、遺骨も引き取れない場合もあります。その他、専門の業者による方法があります。



ペットのメモリアル専門家



家で飼っている動物の死亡後の処置の方法には、専門のメモリアル業者に有償で頼むという方法が最近多くなりつつあり、専門の霊園などもあります。仏教の考えでは、人間と動物が同じ墓で埋葬されるという事はありませんが、個別に葬るという事は可能で、近年こうした動物専用の納骨堂墓地や霊園も増えて来ています。人と動物が一緒に埋葬できない理由としては、仏教上動物は畜生界の世界の生き物であるために、人界の人間とはその環境が違うためだからです。

動物は動物の世界で迷うことなく送りだしてあげるのも、飼い主としての務めでしょう。しかし、近年ではその需要の高さで、人とペットの両方が埋葬できる施設も増えつつあります。また、動物専門の葬祭業者でも、その内容には色々種類があり、墓地を所有する業者や霊園を所有する業者及び、納骨堂などを所有する業者が多く、火葬や拾骨を行った後に骨壷に入れ、こうした運営設備に埋葬する事になります。更に、メモリアルとして、墓碑にペット名を刻む事で半永久的にお墓を残す事が可能となっています。

また業者の中には火葬車を手配してくれる業者もあり、自宅や近所の空き地などの場所で火葬を行ってくれる場合もありますが、こうした業者はそれなりの料金がかかってしまいます。メモリアルはインターネットで頼んだ方が種類も多く、思い出として飾っておきたい人は別業者に依頼した方が良いかもしれません。最近では身につけておくことができるペンダントタイプのものや、ストラップになっているものもあり、思い出を持ち歩くことができるのです。



【関連リンク】


メモリアル(猫用) 商品一覧