毎日くじにチャレンジ!ペピイのお疲れサマー納涼祭

犬や猫につける首輪の特徴

犬の首輪の特徴



犬用の首輪は、留め具部分が人間のベルトのように金属製になっているベルトタイプと留め具がプラスチック製のバックルタイプが多く利用されています。

ベルトタイプは革や合皮革などで作られたものが多く、耐久性が高いものが多いです。革や合皮革で作られたものは、幅の広いものや柔らかく加工したものなどがあり犬への負担が少ない工夫がされています。

バックルタイプは布製になっていることが多いです。おしゃれなアクセサリーとして用いられるものも多くさまざまなデザインがあります。カラフルなものや模様があるもの、リボンなどの飾りがついているものなどさまざまです。中には日によって付け替える飼い主もいます。犬は夜に散歩することも多いので反射素材がついたものもあり、散歩の際の安全を守るために工夫されたものもあります。

大きさは、小型犬・中型犬・大型犬の3種類に対応したサイズ展開が多くS・M・Lの3サイズが販売されています。また、ベルトタイプは穴が数か所開いており調節することが可能です。素材によっては自分で穴を開けて丁度良いサイズに調節することも可能です。バックルタイプは、途中につけられているアジャスターによってサイズを調節することができます。

以前はしつけのためにリードを引っ張ることで締め付けられるタイプのチェーンチ素材でできているチェーンチョークや、チェーンと革や布で作られたハーフチョーク・ナイロン製や布製のチェーンチョークと言われるマーティンゲールなども多く利用されていましたが、近年はハーネスが多く利用されています。散歩用にはハーネスを利用し、首輪はアクセサリーとしてハーネスと首輪の両方を利用する方もいます。



猫の首輪の特徴



猫の首輪は犬用のものとは違い、高い場所や木などに登る習性があることを考えて作られたセーフティバックルと呼ばれるタイプの首輪が多く利用されています。何かがひっかかるなどしてひっぱられるとプラスチックの留め具が外れる仕組みになっています。首がしまってしまう事故を防ぐことができ安全で安心な首輪です。

ベルトタイプやシュシュタイプなどもあり、アクセサリーとして用いられるものもあります。リボンがついているものやバンダナの形になっているもの・シャツの襟の形をしたものなどがあります。

大きさは、犬の小型犬と大型犬のような大きな差はないので子猫用と成猫用くらいでサイズ展開は犬用に比べて少ないです。アジャスターでサイズ調節が可能なものが多く、このサイズ調節により対応できることがほとんどです。幅は1センチから1.5センチ程度のものが多いです。

また、猫用の特徴として鈴がついているものが多いです。狭い場所や暗い場所に入り込んでしまう場合が多いので、音でどこにいるかを確認することもでき外で飼っている場合も部屋の中で飼っている場合も便利です。



首輪の選び方と注意点



首輪は、首に指2本程度のゆるみを持たせて付けることがおすすめです。小さすぎると苦しく、大きすぎると引っ張った拍子に抜けてしまう場合や自らはずしてしまう場合があります。丁度良いサイズを確認し、装着する際にしっかりと確認することが大切です。長毛種は、毛が絡まってしまう場合もあるので細さや素材に注意が必要です。成長盛りの子犬や子猫の場合は、首周りのサイズもすぐに変わってしまうので定期的に首周りにゆとりがあることを確かめることが大切です。

大型犬や力の強い場合・引っ張り癖がある場合などは外れにくく頑丈なベルトタイプがおすすめです。細身のタイプや小型犬は、バックルタイプがおすすめです。

首輪は小さいうちに慣れておかないとつけることを嫌がる場合が多いです。どうしても嫌がる場合は、おやつなどで気をそらしながら装着します。ずっと気にしてしまう場合や自分ではずそうとしてしまう場合は、そのままつけておくとケガや事故が起こる可能性もあり危険な場合があります。様子を見ながらつけている時間を少しずつ長くして慣れさせて行くと次第に気にしなくなります。のみとり首輪を利用するためや病院に行く際などのためにも、小さいうちに首輪にならしておくことがおすすめです。

首輪につけるアクセサリーで名前や連絡先を記載してぶら下げておくドッグタグや迷子札があります。ペットの名前や飼い主の名前と連絡先の電話番号を記載しておくことが多いです。さまざまな形のものがあり、おしゃれなアクセサリーのようにつけることもできます。家の中で飼っている場合や常にリードをつけている場合も、何かあったときのためにつけておくといざというときに安心です。首にぶら下げることを嫌がる場合は、首輪に直接名前や連絡先を入れることができるタイプがおすすめです。自分で記載するものやオーダーで刻印してもらうものなどさまざまですが、濡れたりこすれたりしても消える可能性が低いので刻印して作るタイプが長期間にわたり利用でき便利で安心です。




【関連リンク】


犬用首輪 商品一覧
猫用首輪 商品一覧