毎日くじにチャレンジ!ペピイのお疲れサマー納涼祭

猫の介護用品について考えよう

猫のトイレについて考えよう



猫も人と同じように歳をとっていき、思うように歩くことができなくなることがあります。これは足腰が弱ってしまうことや病気などが原因でうまく歩けなくなるのですが、うまく歩けない時によくあることがトイレのフチを上手くまたぐことができなかったり、思うように歩けないことが原因で、トイレまで行けなくなることです。それによってトイレと違うところで排泄をしてしまう恐れがあります。

いつもトイレで排泄をすることができるのに、ある日突然違う場所でしてしまったということが起きたら、ペットが高齢になっているということを飼い主は頭に入れておきましょう。しかし必ずしも高齢が原因ではない時もありますので、体調がおかしい場合は病院に連れて行くようにしましょう。ここでは猫のトイレについての説明をしますが、その中でもこのサイトでは高齢で介護が必要な猫にはどのような工夫が必要なのかについて紹介します。

まずトイレが上手くできないときの対策として考えられるのが環境を見直すことです。昔のようにうまく動くことができないなら、同じトイレの環境ではトイレ以外の場所で排泄をしてしまう可能性があります。中には怒る飼い主もいますが、いつもと違うと思ったら高齢になっていることに気づき、トイレの環境に問題がないか考えましょう。環境を見直すことで大切なのが段差をなくすことです。基本的に猫のトイレにはフチがあったり段差があったりなど、足を上手く上げることができない猫にとっては辛いので、フチのところに畳んだタオルなどを置いて段差をなくしたり、近年では介護用品としてスロープなども購入することができます。介護用品などを上手く活用すると段差がなくなりトイレも行きやすくなるので、まずは段差をなくす工夫をしてみましょう。

続いての対策方法としてはオムツを使うことです。猫は高齢になると排泄のコントロールができなくなることがあります。この場合はトイレの段差をなくしても対策できないことが多いので、介護用品のオムツなどを活用してみるといいでしょう。オムツがあればトイレ以外で排泄をしても家が汚れることはなく対策することができます。このように、大切なペットが高齢になった場合のトイレ対策について悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。



投薬補助について考えよう



猫は高齢になると体調を崩したりしてお薬を飲まなくてはならないことがあります。お薬と言っても様々な種類がありますが、出されるお薬を症状に合わせて飲ませなくてはなりません。例えば錠剤などでお薬を出されることがありますが、基本的に錠剤などの場合は飼い主が猫に飲ませる必要があるので大変な作業です。慣れている人は問題ないかもしれませんが、初めて錠剤を飲ませるという場合は大変苦労するでしょう。

また、錠剤の場合は胃に到達するまでかなり時間がかかると言われており、正しい方法で行わなければ薬が食道につまったり、食道炎を起こしたりする可能性があると言われています。その為、錠剤を飲ませるという行為は技術がいりますが、どうしても難しい場合は飼い主でも飲ますことができるようにシロップなどのお薬に変えてもらうこともできます。錠剤のように固まりではないので、胃に到達する時間も短縮されますし、飲ませやすいというメリットがあります。

しかし猫の中には自分で舐めなかったり飲まなかったりすることもあります。こういった場合には人間が手助けをしなければなりません。どのように手助けすればいいのか分からない人もいるでしょうが、こういった方のために近年では投薬補助ができる介護用品が販売されています。注射器のような仕組みになっているので、自分で飲んでくれない場合でも比較的簡単に飲ませることができます。薬を猫たちに飲ませるという作業は大変ですが、サッと飲ませてあげたいと思っている飼い主はこういった介護用品について検討するといいでしょう。



介護用品の購入は通販で



猫の介護用品は様々な場所で購入することができますが、市販ではあまり求めているものがないということもあります。希望通りの介護用品を見つけたい場合は通販での購入を検討するといいでしょう。なぜ通販がいいのかというと、まず第一に品揃えが豊富であるというメリットがあります。専門的なショップであれば、市販ではなかなか販売されていない介護用品が販売されていたりなど望んでいる商品を見つけることができるでしょう。また、通販であればジャンルごとに商品が分かれているため、欲しい商品をスムーズに探すこともできます。

さらに、わざわざ外出して買う必要がないのも魅力的な部分です。ペットの体調が悪い場合はなるべく近くにいてあげたいと思う飼い主が多いでしょう。しかし、市販で購入するとなると外出をして買いに行かなくてはなりません。通販であれば家のパソコンやスマホで注文することができるので、愛猫から離れることなく介護用品を手間なく購入することができます。



【関連リンク】


介護用品(猫用) 商品一覧