クリスマスUFOキャッチャー

ペットには犬それとも猫

最近のペット事情



ペットといえば代表的なのが犬と猫です。両者を比較してみると、犬は飼い主になついた後にその飼い主の言うことをよく聞くようになることが多いのですが、猫は飼い主の言うことは聞かないで、自分の思う通りの行動をすることが多いです。一般的には、犬は一度自分の主人であると認識すると、主人には服従して逆らったりしません。そんな忠実なところを気に入って、ペットとして犬を飼いたいと思う人は大勢います。犬も種類によって大きさが異なり、現代においては、室内で飼える小型のものが人気です。大型の犬を飼うためにはそれなりのスペースが必要で、十分な運動量も確保しなくてはなりません。盲導犬など特別な場合は別として室内で大型犬を飼うためには、スペースの問題以外に、さまざまなしつけの問題も考える必要があります。

犬も猫も、室内で飼うためには、まずトイレのしつけをしなくてはなりません。猫の場合、猫砂を用意しておけばトイレと認識するので、トイレを覚えさせるのは比較的容易です。決まったところでする習性があるので、トイレの場所を決めて変えないようにしましょう。犬の場合は、猫よりは手順をふんでトイレのしつけをするようになります。まずは飼い主との間に十分な信頼関係を築き、毎回同じ場所でトイレをするように認識させて、できたらほめることを心がけましょう。犬でも決まった場所でトイレはしますし、同じ場所で寝ることもできます。小さい時からしっかりとしつけをしておけば、家のどこにいても、トイレ行きたくなった時には自分の場所でトイレをします。こういったことからも、手間がかからないのが猫で、主人に忠実なのが犬だということはある程度わかります。

ペットには、いくつもの生活用品があり、トイレ用のシーツや柵などをしておけば、トイレは毎回トイレ用のシーツの上でするようになりますし。柵などを広げて、その中にペットを入れておくと、悪さをしないで、おとなしく遊んでくれます。色々なペット用のおもちゃなども売られているので、好みやニーズに合ったものを探してみるとよいでしょう。トイレのときに縄張りの印に、片足を上げてからおしっこをする事もあります。そんな場合は、おしっこが壁にかからないように側面にもトイレシートをおけるタイプのものまであります。犬と猫とは習性がだいぶ違うので、事前によく調べてから飼うようにしましょう。



しつけの仕方



しつけは非常に重要で、できるだけ早い段階で始めていくと、よく主人の言うことをきくようになります。最初は愛情をたっぷり注いで信頼関係を築くところから始めて、1つずつ教えていくことで、言われていることを理解して主人の言うことをきくようになるのです。人に順応する力があるので、気長に愛情を持ってきちんとしつけていくことが大切です。悪いことをしたときにはすぐに叱り、きちんと守れたときにはやさしくほめてあげましょう。そのように接していけば、愛情に応えてくれるでしょう。だからこそ、ペットとして人気があるのです。

その点、猫は自分中心で飼い主に媚びることなく、自分だけの世界観で過ごしているので、犬に比べるとしつけをしにくいところがあるかもしれません。自由な意志を持ち、呼んでも寄って来なかったりする時もあります。しかし、こちらも犬と同様に、気長に愛情を持って教えることで、ある程度のしつけをすることは可能です。例えば、食事の時は、決められた食器台の上に餌を置いてからやるようにすると、食器台の上に餌が置かれているときは食べても良いものだと認識して、その時が食事の時間だと言うことをしっかりと理解するようになります。



洋服や食器台について



屋内で飼う犬の場合は、よくファッションとして服を着せているところを見かけますが、服を着せるうえでの注意点がいくつかあります。まず着るのを嫌がる場合に無理に着せようとするのはやめましょう。また、動きにくい服などは着せないようにしてください。ストレスを感じて体調を崩すことがあるからです。

室外で飼う場合、冬の寒い季節に保温の目的で服を着せることもあります。比較的温暖な地域で生息しているような場合は、日本の冬の寒さに耐えられないで体調を崩すこともあるからです。シベリアンハスキーなどは元々寒い環境でも大丈夫なのですが、ラブラドールなどは体毛が短く寒さに弱い傾向があるので、日頃から状態をよく観察して、快適に生活できるように環境を整えることは大切なことです。

食器台を使う場合、ペット用の食器台を販売している業者もあります。ネットショップなどでも販売しているところがあるので、必要な場合には探してみるとよいでしょう。通常のペットショップでは販売していないようなものも多く取り扱われている場合もあり、しつけ用のグッズや、介護用品などは通販で品揃えがよく、ほしい商品が売られている可能性が高くなります。こういったものがないのかなと思ったときには、通販サイトを覗いてみると案外簡単に見つかるかもしれません。




【関連リンク】


犬用品 トップ
猫用品 トップ