クリスマスUFOキャッチャー

愛犬の冬服にセーターを!服の必要性と選び方

愛犬になぜセーターなど冬服が必要なのか



犬の体はコートとよばれる被毛におおわれています。被毛があるから寒さに強いと思われがちですが、寒さに弱いワンちゃんもいるのです。

被毛は長さで長毛種と短毛種の2種類があり、生え方でダブルコートとシングルコートという呼び方がされます。長さでいえば、長毛種より短毛種のワンちゃん達は寒さに弱い傾向にあります。また、被毛がアンダーコートとオーバーコートとよばれる2重構造の被毛を持つダブルコートのワンちゃんより、オーバーコートが少なく被毛のほとんどがアンダーコートで被われているシングルコートのワンちゃんの方が寒さに弱いのです。長毛種でも、シングルコートのワンちゃん達は寒さに弱くなります。生え方の違いは原産地に強く起因しています。暖かい地方の原産および、改良された犬種のワンちゃん達にシングルコートの犬種が多く見られます。そのため、冬が苦手なワンちゃん達に防寒対策が必要になってくるのです。ダブルコートのワンちゃん達は防寒対策しなくても大丈夫かというと、一概にそうはいえません。暑さ寒さを感じるのは個体ごとに差があるからです。

被毛の種類とは別に、人と同じで小さい頃や年齢を重ね老いた頃はワンちゃん達も体温調節が上手くできません。また、病気療養中や通院時の体温管理の意味でも、ワンちゃん達にセーターなどの冬服を着せることを考えてあげましょう。

ワンちゃん達のセーターなどの冬服は、愛犬に快適な冬を過ごさせてあげるため体調管理の補助として必要なのです。



寒さ対策だけじゃない!愛犬の冬服にセーターを選ぶメリット



愛犬の冬服にセーターを選択するメリットは、もちろん着れば暖かく寒さ対策になることもありますが、伸縮性があり脱ぎ着がしやすいことがあります。犬の服は首周りと胴回り、そして首からしっぽのつけ根までの着丈もしくは背丈とよばれる部分の長さでサイズ展開がされています。一般的にはSからLLまでが店頭に並んでいますが、サイズがピッタリの服を見つけるのはなかなか難しいものです。しかし、伸縮性のあるニット服ならワンちゃんにあった服を見付けてあげられます。ニット服にはボタンが付いていないものが多いので、ワンちゃんの誤飲事故を防げるため安心です。

手術後や皮膚病の際にニット服を着せてあげると、キズ舐め防止になります。キズ舐め防止のカラーを嫌がるワンちゃんも多いものですが、服を着用させることで早めにカラーを取ってあげることができます。

冬場ワンちゃんのために暖房機器を用意してあげた際、気をつけなければならないのが低温やけどです。直ぐやけどするほど高くない熱さでも、長時間あたり続けるとやけどを負ってしまうのです。ストーブの前や湯たんぽなど、ニット服を着ていることで低温やけどのリスクが低くなります。もちろん低温やけどにならないように気をつけて暖房機器を用意されているでしょうが、ワンちゃんは予期しない行動を取ることもあります。ストーブに近寄りすぎて眠り込んだり、湯たんぽカバーを外してしまったりすることも考えておかなければなりません。低温やけどを負わないよう、冬服を着用させ、リスク回避に役立てると良いのではないでしょうか。



愛犬の冬服にセーターを着せる際のポイント



愛犬の冬服にセーターを選ぶ際は、寸法に気をつけましょう。ニット服に伸縮性があるといっても、小さいサイズを伸ばして着るという意味ではありません。人と同じで大きめの服でもふんわり優しく着ることができ、ワンちゃんの動きにフィットできるという意味での伸縮性です。服に表示されている首周りと胴回りと着丈は、出来上がりの寸法になっています。サイズを測る際に被毛をつぶすように計測すると、いざニット服を着せようとしても被毛分の余裕がなく、ワンちゃんに窮屈な思いをさせてしまうことになります。採寸は被毛を考慮してやわらかく測りましょう。また、夏と冬で被毛の量が違うワンちゃんもいますので、サイズはその都度測ってから服を探しましょう。

また、意外に盲点なのが着丈の表示のある背中ではなく、お腹の部分の長さです。ワンちゃんのセーターといってもどれも同じ形ではありません。柄と同じでデザインもさまざまです。特に男の子のワンちゃんには、トイレの際邪魔にならないデザインを選んであげましょう。

最後にセーターを着せる際気をつけたいのが静電気です。冬場は静電気が発生しやすいものです。ワンちゃん自身が毛に被われている上にニット服を着るのですから、ニット服の素材によっては静電気が発生しやすくなります。被毛に相性の良い素材として、保湿性の高い絹・綿・羊毛などの天然繊維があげられます。反対にポリエステルやナイロンなどの化学繊維は、静電気を発生しやすくなっています。しかし、静電気を発生しやすい繊維製品でも、柔軟剤を使って洗濯することで静電気予防になります。柔軟剤に繊維間の摩擦を少なくする作用があるため静電気の防止になるのです。ですから、新しい服でも一度洗濯してから着せてあげることをおすすめします。

寒い冬でもセーターなどの冬服を上手に活用し、大切な家族である愛犬がより快適に過ごせるようにしてあげましょう。


【関連リンク】


犬用ウェア 商品一覧