• わたしのイノチ

  • わたしのイノチ

  • いっぱい生きろ

  • 生きたい。の

  • ぼくのイノチ

  • ぼくもひとつのイノチです

キャンペーン(Campaign)

【レビュー広場2周年記念】レビューで最大69ptプレゼント!
盲導犬を応援しよう!チャリティーグッズ
はんこ特集
WEB限定

大阪市動物愛護チャリティTシャツ| 生活用品

大阪市の動物愛護のチャリティー寄付金付きTシャツ

カラー/タイプ

こちらの商品はわくわくポイント発生対象外です。
色柄①生きたい。の。と②いっぱい生きろは、欠品中につき
ただ今ご注文できません。ご了承ください。

¥5,000(税込)

大阪市動物愛護チャリティーTシャツ
黒田征太郎 作品
「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」を目指して
  • 大阪市では、「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」を目標に、引取り数の削減や返還譲渡の推進など様々な事業を実施しております。その結果、大阪市での犬猫の殺処分数は平成元年の9,631匹から平成30年は772匹となり、約92%減少しました。これまでの取組みをさらに推進していくため、行動計画を策定し、2025年までに「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」の実現を目指します。

    出典元:引用 – 大阪市HPより

  • 犬猫の理由なき殺処分ゼロ
「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」に向けた行動計画
(1) 犬猫の殺処分の削減に向けて

○犬の殺処分数削減のため、野犬対策及び所有者明示や終生飼養等の適正飼養啓発の徹底と返還・譲渡の推進に取り組む

○猫の殺処分数削減のため、「所有者不明猫適正管理推進事業」(街ねこ事業)の拡充と、所有者明示等の適正飼養啓発の徹底、返還・譲渡の推進に取り組む

○取り組みを積極的に推進するため、「大阪市動物愛護管理施策推進基金」を設立

(2) 犬猫の収容を未然に防ぐために

○市民全体の動物愛護に関する意識・関心高揚のため、効果的な情報発信に努める

○子どもたちが動物愛護精神を学習する機会の充実に取り組む

○多頭飼育崩壊を未然に防ぐ体制や避難所でのペットの受入れ体制の構築に取り組む

(3) さまざまな活動主体と協働した取組み

○職員のスキルアップや関係所属との連携強化等による組織力の向上に努める

○地域や愛護団体、事業者、市民など、さまざまな活動主体と連携・協働できる体制の構築に取り組む

出典元:引用 –犬猫の理由なき殺処分ゼロに向けた行動計画【概要】より

PEPPYにできること
  • 様々な理由により、殺処分されている小さな命があるという事実に、ペットを愛する人たちは心を痛めているかと思います。 私たち「PEPPY」にできることは何か、現状を伝え、救える命を増やしたいという思いから「チャリティーTシャツ」の販売で支援できればと思います。
    今後も、大阪市の「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」の取組みに賛同し、みなさまと共に支援していきたいと思います。

  • イメージアイコン
チャリティーにご協力をお願い致します。

収益金は大阪市動物愛護行政に役立てられます。

公益社団法人 大阪市獣医師会

・街ねこ事業(野良猫の不妊手術費用など)
・保護動物の譲渡事業(飼育・治療・育成など)

寄付金使途

サイズ・スペック(Size/Spec)

●Mサイズ(身丈70cm、身巾52cm、肩巾47cm、袖丈20cm)
※メンズサイズで海外規格のため少し大きめになっています。

素材・原材料(Materials)

●素材:綿100%

●ベトナム製

▲洗濯機

もっと見る

商品情報(Description of item)

黒田征太郎氏がデザインした5つのイラストをTシャツに。
収益金の一部が大阪市の動物愛護行政に役立てられます。

===黒田征太郎氏===
大阪市出身のイラストレーター・グラフィックデザイナー
「地球上の生命は全て同じ・・・全てが生きる権利をもっている」

大阪アメリカ村の「PEACE ON EARTH」は今も強い存在感を
放つモニュメントとして親しまれている。


【寄付金使途】
街猫事業活動費(野良猫の捕獲、不妊手術費用など)
捕獲動物の譲渡事業(飼育・治療・育成など)

【販売元】
公益社団法人 大阪市獣医師会

商品が追加されました

閉じる

大阪市動物愛護チャリティTシャツ

在庫あり:在庫がございます。通常2~5日でお届けします。

申込番号:770018548

WEB限定

この商品を購入した人は、この商品も検討しています

商品が追加されました

おまとめ発送する定期便を選ぶ

この商品を購入された飼い主さんは、こんな商品も買っています。