パウなヤツら

4月18日
 ダイダイの狂犬病予防接種日で、会場の市民ホールへ。
 毎年、市民ホールのフェンスまで来ると、イタい(?)お注射を思いだすのか、頑として歩かなくなるダイダイ。でも、今年はホールお隣りにビル建設中のため、ダイダイ的には景色が変わって見えたようで、会場まで難なく到着した(しめしめ)。昨年から診療台にお粗相することもなくなり(ほっ)、イイコで接種完了♪
 とはいえ、道中は人間用ドーナツをガッツリくわえながら(もちろん食べながら)の悪ガキ状態でしたが。。。

4月20日
 熊本の大地震がはじまった夜から、王太郎が食欲不振。
 極端に小食なのに、どう見てもフツーに元気。目の瞬膜も出てないし、鼻も適度に湿ってる。カシャブン(大好き猫グッズ)を振るとピョンピョコ飛び跳ねるし。  それでも食べないのがどうしても気になり、動物病院へ。
 まず触診をはじめた獣医さん、開口一番、「便秘ですね。すごいですよ。けっこうたまってます!」
 衝撃…もとい、笑撃?
 いや、笑ってる場合じゃない。長毛種猫の便秘はこじらせると腸閉塞になり、死に至るケースもあるとか!?
 一気に青ざめたカンザワ、治療用シロップを受け取り、王太郎入りキャリーバッグ(重い…)を抱え、よろよろと帰宅。
 心配していた王太郎の故郷のママ(ブリーダーである友人)にLINEで一部始終を報告していたら、何やら香ばしい匂いが立ち込めはじめ…
 なんと4日ぶりに王太郎がウンチをしていたのでした。やったー!(ひとまず、ほっ)

5月6日
 王太郎の便秘発覚から、2週間以上が経過。
 たまりにたまった便は、なかなかスンナリとは排泄されないようで、ある日はカタかったり、ある日は微妙にユルかったり。まだ本調子とは言えない。
 今日はチビっこいウンチがトイレにチョビッと(えっ、これだけ?)。でも、リビングに戻ると何だかクサい? よくよく見るとフローリング、マット、ソファの上など、そこかしこに「ゆるウン」を引きずった痕跡が。
毛皮モフモフのお尻も、何やらガビガビしている。クサいわけだ!
 即、王太郎を抱きかかえ、お風呂場に連行するも、大立ち回りに抗えず、お尻洗いは未遂に終わる。
 王太郎自身、元気で食欲も復活。あとは定期的なお通じを待つばかりなのだが…
 異臭に耐えた一日。。。

5月8日
 早朝、台所から響く不燃ゴミ&プラゴミをガチャガチャかきまわす音で目覚める。うるさい…二度寝できない。でも、この感じ、何だか久しぶり。
 先月、便秘発覚する少し前から、イタズラが影を潜めていた王太郎、やっと本調子に戻ったようだ。イタズラするのは元気な証拠。王太郎のイタズラ百貨店(イセタンならぬイ タニャン?)、満を持して再オープン!?
 とはいえ、また毎朝、これがはじまるかと思うと…
 王太郎の嫌いなハミガキペーストを使って、我が家特製・猫よけボードをひさびさに作成。台所のゴミ入れコーナーに設置した。
 ミントの香りで王太郎退散。2日間ほど効果あります(香りが薄れたら、またペーストを塗布)。