初めて家に猫がやってきた

飼い主:ペピイスタッフ 塩崎さん
ピーちゃん(1歳・男の子)
ビーちゃん(1歳・女の子)

ネズミのおもちゃが好きなピーちゃんと、慎重派のクールビューティなビーちゃん。いつも一緒の仲良し兄弟猫。

新しい家族として“保護猫を迎える”という選択。

大阪の動物愛護フェスティバルにペピイが出店した際に、動物と楽しく過ごす来場者の皆さんの幸せそうな空気に触れて、「わが家も新しい家族を迎えたい」という思いが強まりました。家族会議の結果、「困っている猫の役に立ちたい」という思いから、新しい家族として保護猫を迎えることに決めました。

この子たちをお世話した人たちの「想いのバトン」を受け取って。

出会いは大阪市獣医師会が取り組む、子猫の殺処分を減らすプロジェクト「子猫リレー」です。大阪市動物管理センターに引き取られた飼い主のいない子猫を、動物病院や地域のキトンシッターの方々が育てた後、最終的な里親としてこの子たちを迎えました。動物病院のスタッフさんやキトンシッターの方から託された気持ちになりました。この想いはいつまでも大切にし続けたいです。

「ふたりが喜ぶことはなんだろう」と考えることが楽しい。

クローゼットなどすぐに入って、最初は知らずに閉じ込めてしまうことも。「よくそんな狭い所に入るなぁ」と、一緒に暮らしてみて驚くこともいっぱい。思っていた以上に臆病で繊細な動物なので、「この子たちが喜ぶことはなんだろう」と考えることが毎日楽しいです。なでながら気持ちよさそうな顔を見るのが一番の幸せな時間です。

愛おしくて大切な家族の一員。

兄弟2頭の仲がとても良く、一緒に寝たり、毛づくろいし合う姿に、思わず笑みがこぼれます。猫のごはんは子供たちが日替わりで運ぶお手伝いをしてくれています。ある時、ピーちゃんの姿が見えなくなり、心配した子供たちが泣き出した時は「猫を大切に思ってくれているんだなぁ」と実感しました。幸せな時間を一緒に過ごす、大切な家族の一員です。

保護猫を家族に迎える選択が
全国にもっと広がりますように

毎日家に帰るのが楽しみです♪
マタタちゃん

一緒に過ごす時間が幸せ!

ニーロちゃん

わが家のかわいい天使です♪

キキちゃん、ジジちゃん

ピーちゃん&ビーちゃんの命を守った
“子猫リレー”って?

大阪市獣医師会が、飼い主のいない子猫を協力動物病院でメディカルケアを行いながら育て、その後ボランティアのキトンシッターと暮らしながら、最終的な里親さんを探し、譲渡する活動です。

\ 里親さん募集中の猫ちゃんはこちらから /

子猫リレー

(ペピイカタログ2018年春夏号掲載)

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす