役に立ったらシェア!

爪とぎの不思議に迫る

猫の爪とぎを知ろう!

教えてくれたのは…
クウ動物病院 勤務 田中 玲子さん
2歳~13歳の5頭の猫と暮らす愛猫家。

愛猫のサスケちゃん13歳MIX

クウ動物病院勤務の愛猫家田中玲子さん

猫はどうして爪とぎするの?

1.古い爪をはがすため

猫の爪は何層にもなっていて、爪とぎをすることで外側の古い爪が剥がれ、新しい爪が現れます。爪とぎは爪の新陳代謝を促すために、とても大切な習性なんです。

よく爪とぎや床などに落ちている爪の『さや』。

2.マーキングをしたいから

多頭飼育の場合は特に、自分のニオイをつけて縄張りをアピールするために、爪とぎをする場合もあります。また、爪跡は視覚的なマーキング効果があるとも言われています。

猫の爪は出し入れ自在。
肉球にはフェロモンが出せる臭腺がります。

3.ストレス発散のため

イライラしたり嫌なことがあると、気分転換のために爪をとぐことも。思いっきり爪とぎができる環境作りは、猫ちゃんのストレスの軽減にもつながります。

古い爪が剥がれるときは痛くないの?

取れるべきものが取れているので痛みはありません。自分で噛んで剥がすこともあります。

シニアになると爪とぎも変えたほうがいいの?

シニアになるとお気に入りの爪とぎへのこだわりが強くなる子も。今まで使っていた爪とぎの使用頻度が少なくなっても、必ず置いてあげましょう。 爪をとぐ力が弱くなる子や爪とぎしなくなる子もいるので、古い爪が剥がれず爪が厚くなったり、伸びすぎて巻いた爪が足裏に刺さる場合があります。心配なときは獣医さんに相談を。

爪とぎをしていたら、爪切りは不要?

爪切りと爪とぎは役割が全く違います。爪切をしておくと、爪がひっかかって怪我をしたり、家具などへの爪とぎ被害を軽減できるメリットがあります。室内飼いやシニア、多頭飼いの子は、定期的に爪切をしてあげてください。 猫ちゃんが嫌がる場合は獣医さんに相談しましょう。

こんな風に爪とぎを使っています!

猫ちゃんの目線に合わせることが大切です。

いつでも爪とぎできるように猫の通り道に置いています。

我が家では猫の動線を意識して様々な場所においています。数も多めに設置することで、困った場所への爪とぎはグンと減りました。

階段を上がってすぐの角に設置。お気に入りスポット♪

起きてすぐできるようにベッドの下、トイレ後にできるよう通り道に置いています。

廊下の角に置いた爪とぎに乗るなつめちゃん。

いろんな種類の爪とぎを試して常に好みを追求。

お気に入りの素材、形の爪とぎを複数設置しています。珍しい形のものを見つけたときにはすぐに試すようにしています。

設置後すぐには使わなくても、置き続けているとある日突然使い出すことも。気長に猫のタイミングを待つことも大切だと思います。

(ペピイ2017年秋冬号掲載)

犬と暮らす犬と暮らす

猫と暮らす猫と暮らす